「WiMAXはどこから申込めば一番安くなるの?」

「一番安くWiMAXが使えるのはどのプロバイダなの?」

「キャンペーンが多すぎてどこから申込んだら良いか分からない・・・。」

 

WiMAXには色々なキャンペーンが用意されているので、どこから申込めばいいか迷ってしまいますよね?

 

大前提として、WiMAXはどのプロバイダ(キャンペーン)から申込んでも、通信速度や通信エリアは変わりません。

なので、実質の利用料金が一番安いキャンペーンを使って申込まないと損をしてしまいます。

 

では、2019年9月はどのキャンペーンを利用すれば1番お得になるのでしょうか?

今回は9種類のWiMAXのキャンペーンを徹底的に比較しておすすめランキングを作ったので、プロバイダ選びの参考にしてください。

 

9月の1番お得なキャンペーン
今月WiMAXを申込むなら下記のWEBキャンペーンがお得です。キャッシュバックが最高値なので、実質の月額料金が一番安くなります。

 

2019年9月のWiMAXのプロバイダ(9社)のキャンペーンを比較した結果

トータル料金が安くなるプロバイダ上位5つをランキングで発表

まず、結論から先にお伝えします。

2019年9月の9種類のキャンペーンを比較したところ、最安値はGMOとくとくBBのキャンペーンでした。

 

実質の利用料金が安くなる順にランキングするとTOP5は下記の通りです。

 

ランキングの基準はこちら
・最低利用期間の3年間使った場合のトータル料金で比較。
・キャシュバックはトータル料金から引いた料金で比較。
・3年使った場合の料金が一番安くなるものから順にランキングしてあります。

 

      1. GMOとくとくBB

        【割引サービス】 キャッシュバック
        【3年間の実質料金】121,418円

        9月のキャンペーンの中で、月額料金が1番安くなるのはGMOとくとくBBです。

        キャシュバックが32,050円と高額。

        WiMAXの最低利用期間は36ヶ月なので、32,050円÷36ヶ月=890円が1ヶ月の利用料金から割引されることになります。

        GMOとくとくBBはギガ放題の月額料金が4,263円なので、月々4,263円-890円の3,373円でWiMAXが利用できます。月々の上限なないプランが3000円台前半というのはかなり安いですよね?

        今月一番お得なキャンペーンで申込みたいのであればGMOとくとくBBを選んでおけば間違いありません。

         

        GMOとくとくBB
        おすすめ度 Sランク ★★★★★
        キャッシュバックが業界最高値!
        20日間は違約金なしで解約が可能!
        端末は申込んだその日に発送!
        クレードルの無料プレゼントがある!
        実質の利用料金で考えると圧倒的にお得!
        公式ページ 詳細ページ
      2. DTI WiMAX


        【割引サービス】 月額料金の割引
        【3年間の実質料金】 126,670円

        2番目にトータル料金が安いのはDTI WiMAXです。

        最初の2ヶ月は無料で使えて、3ヶ月目が2,590円、4ヶ月目以降が3,760円になります。

        GMOとくとくBBと比較するとトータル金額は1万円くらい高くなりますが割引は自動で適用されるので、キャッシュバックのようにもらい忘れるということがありません。

        なので、パソコンやネットにあまり詳しくない(キャッシュバックの受取手続きが不安)という方はこのキャンペーンを選ぶのがおすすめです。

         

         DTI WiMAX
        おすすめ度 Aランク ★★★★
        最初の2ヶ月は無料で使える!
        月額料金割引で月々の料金が安い!
        キャッシュバックをもらい忘れる心配がない!
        自動的に割引が開始されるので安心!
      3. Broad WiMAX

        【割引サービス】 月額料金の割引
        【3年間の実質料金】 128,626円

        3位は月額料金が安い事で有名なBroad WiMAX。

        月々3,411円でギガ放題が利用できます。

        2位のDTIよりも2千円くらいトータルの月額料金は高くなりますが、筆者の周りでも利用者が多い人気のプロバイダです。

         

         Broad WiMAX
        おすすめ度 Aランク ★★★★
        月額料金割引で月々の料金が安い!
        キャッシュバックをもらい忘れる心配がない!
        自動的に割引が開始されるので安心!
        公式ページ 詳細ページ
      4. smafi WiMAX

        【割引サービス】 月額料金の割引
        【3年間の実質料金】 129,240円

        smafi WiMAXは3年間ず~っと3,590円で使え、途中で月額料金が変わることがないのが特徴。

        実質の利用料金は4番目に安く、割引を受けるためにオプションサービスなどに加入する必要がないのも大きなメリットです。

        ネットに詳しくない方や高齢者の方には割引額よりも手続きが簡単な方が好まれるので、「ネットのことはよく分からない」「オプション解約やキャッシュバックの受取りなど面倒な手続きが無いほうが良い」という方におすすめです。

        申込画面もシンプルなので迷うことがありません。

        smafi WiMAXの公式ページはこちら

      5. @nifty WiMAX

        【割引サービス】 月額料金の割引
        【3年間の実質料金】 132,140円

        @niftyのキャッシュバック額は23,100円(2019年9月現在)。

        実質の利用料金は5番目に安くなります。

        最初にもお伝えしたように、WiMAXはどのプロバイダで契約しても通信速度や通信エリアは同じです。そのため@niftyだと、1位のGMOとくとくBBと比べると同じサービスを1万円以上も高い金額で利用することになります。

        そのためよほどのこだわりが無い限りは1位のキャンペーンを選んでおいた方がお得です。

        @nifty WiMAXの公式ページはこちら

今回比較したように、3年間のトータル料金はGMOとくとくBBが一番安くなります。

 

そのため、今月WiMAXを申込むのであれば『GMOとくとくBB』がおすすめ。

詳しいキャンペーンの内容は公式ページで確認してください。

 

 

キャンペーンの月額料金やキャッシュバックを詳細に比較

9月のプロバイダキャンペーンを一覧で比較した結果が下記の表です。

 

合計料金 1~2ヶ月 3~24ヶ月 25~36ヶ月 合計 キャッシュB
GMO 120,110円 3,609円 4,263円 4,263円 152,160円 32,050円
DTI 126,670円 無料 3,760円 3,760円 127,840円
Broad 128,626円 2,726円 3,411円 4,011円 128,626円
smafi 129,240円 3,590円 129,240円
@nifty 132,140円 3,670円 4,350円 4,350円 155,240円 23,100円
BIGLOBE 133,310円 3,695円 4,380円 4,380円 156,310円 23,000円
hi-ho 138,960円 月により変動 144,960円 6000円
UQ(公式) 143,312円 3,696円 4,380円 4,380円 156,312円 13,000円
So-net 145,656円 3,380円 3,380円〜4,379円 145,656円

※2019年9月のキャンペーンを参考にギガ放題の料金で計算。参考目安としてください。

 

ランキングでも紹介したように、9月はGMOとくとくBBが最安値。

3年間の実質利用料金は120,110円なので、2位のBroad WiMAXとは1万円以上の差があります。

 

【WiMAXの実質料金が一番安く使える】

GMOとくとくBBのキャンペーンはこちら

 

申込むプロバイダによって速度やエリアは違うの?

「一番お得に申込めるプロバイダGMOとくとくBB!!」とお伝えしましたが、そもそもプロバイダって何なのでしょうか?

インターネットサービスを利用する時によく聞く言葉ですが、簡単に言うと、プロバイダというのはWiMAXの申込窓口だと思って下さい。

 

WiMAXという通信サービスの販売代理店がプロバイダと呼ばれます。

キャッシュバックが安いので今回は比較しませんでしたが、ヤマダ電機やビックカメラなどもWiMAXのプロバイダになります。

 

「じゃあ、通信速度が一番速度が速いプロバイダはどこなの?」

「通信制限をしていないプロバイダはないの?」

「通信エリアやサービス内容に違いはないの?」

 

と思うかもしれませんが、どのプロバイダで契約しても通信エリアや速度は変わりません

 

どのプロバイダもWiMAXの端末を代理で販売しているだけなので元々のサービスは同じ。

なので、プロバイダによって速度が速くなったり、エリアが広くなるということはありません

 

Mac bookはビックカメラで買ってもヤマダ電機で買っても性能は同じですよね?

WiMAXのプロバイダもこれと同じことだと考えてもらえればOKです。

 

GMOとくとくBBの申込み方法は下記の記事を参考にしてください。

 

【WiMAXの実質料金が一番安く使える】

GMOとくとくBBのキャンペーンはこちら

 

まとめ

2019年9月はGMOとくとくBBから申込みをすれば、一番安くWiMAXを契約することができます。

なので、WiMAXをお得に契約するならGMOとくとくBBのキャンペーンを利用するのがベストです。

 

【プロバイダのおすすめランク】

プロバイダ名 おすすめランク キャンペーン内容
GMOとくとくBB S キャッシュバック
DTI A 月額割引
Broad WiMAX A 月額割引
smafi WiMAX A 月額割引
@nifty B キャッシュバック
BIGLOBE B キャッシュバック
Hi-ho B 月額割引
UQ(公式) C キャッシュバック
so-net C 月額割引

 

GMOとくとくBBは東証一部上場企業が運営するプロバイダなので、実績と信頼という面でも安心です。

キャンペーンの内容は毎月変わるので、「来月になって損をした・・。」ということがないように、キャッシュバックが高額なうちに申込みをしておきましょう。

 

 

WiMAXを公式ページよりお得に申込む方法

WiMAXを申込む場合、公式ページや家電量販店、プロバイダのWEBキャンペーンなど色々な窓口があります。

 

多くの人は公式ページや家電量販店で申込みをしてしまうのですが、実はWiMAXは公式ページから申込みをすると損をしてしまいます。

その理由は月額料金が高く、端末も有料で購入しないといけないから。

 

さらにキャッシュバックも安いのでお得度が低いです。

 

そこでおすすめなのがGMOとくとくBBというプロバイダのWEBキャンペーンを利用すること。

このキャンペーンを利用すれば3万円を超えるキャッシュバック付きでWiMAXを申込むことができます。

 

公式ページからだと最大でも1万円のキャッシュバックしかもらえません。

それに対して、GMOとくとくBBなら3万円を超えるキャッシュバックがもらえます。

 

たかしたかし

プロバイダというのはWiMAXの販売代理店のことで、どのプロバイダから申込みをしても通信速度や通信エリアは変わりません。

 

GMOとくとくBBのキャンペーンのメリット

GMOとくとくBBのキャンペーンは『キャッシュバックが一番高い』という以外にもメリットが沢山あります。

 

それが下記の5つ。

 

  • 月額料金が安い
  • 端末代金が無料
  • クレードルが無料でもらえる
  • 端末の即日発送に対応
  • 20日間は違約金なしで解約できる

 

これはかなり重要なポイントなので、それぞれの特典を詳しくチェックしておきましょう。

 

元々の月額料金が安い

これは知らない人が多いのですが、実はGMOとくとくBBから申込めば、公式ページから申込んだ場合よりも月額料金が安くなります。

そのため、GMOとくとくBBから申込んだ人の方が安い料金でWiMAXが使えます。

 

【月額料金の違い】

 プラン名 UQ公式ページ GMOとくとくBB
 ギガ放題  4,380円 4,263円
 ライトプラン 3,696円 3,609円

 

端末が無料でもらえる

公式ページの場合は有料で端末を購入(3,800円)しないといけないのですが、GMOとくとくBBは端末は無料プレゼントです。

そのため、無駄な初期費用を支払うことなくWiMAXを利用することができます。

 

無料でもらえる端末をお金を払って購入するというのは無意味なので、絶対に公式ページからは申込みをしないようにしましょう。

 

クレードルも無料でもらえる

WiMAXのWX05にはクレードルという充電台があります。

 

WX05とクレードル

 

これはオプション品なので別途購入しなければいけないのですが、GMOとくとくBBのキャンペーンを利用すれば無料でもらえます。

 

その分キャッシュバックは少し減ってしまいますが、実際にお金を支払うわけではないので、自宅でWX05を使うことが多い人にはおすすめです。

 

 

関連記事→WX05にクレードルは必要?充電台のアンテナの効果を解説!

 

即日発送

GMOとくとくBBは端末の即日発送を行っています。

 

平日は15時30分まで。

土日祝日は14時までに申込めば、その日の内に端末を発送してくれます。

 

そのため、最短で翌日には端末が届きます。

引越しなどで直ぐにネットが使いたい人にはとても便利な特典です。

 

20日以内なら違約金なしで解約できる

地味~に便利なのが、この『20日以内は違約金なしで解約できる』という特典。

WiMAXの速度は通信エリアに大きく左右されるので、ごく稀にエリア内なのに通信速度が遅いということがあります。

 

ただ、経験がある人は分かると思いますが、こればっかりは実際に使ってみないと分かりません。

そのため、思っていたほど速度が出なかったり、通信エリアなのに電波が入らなかったというケースを想定して、20日間の猶予期間を設けてくれています。

 

契約したのに電波が悪くて使えないというのは一番避けたい事態ですよね?

他のプロバイダでは行っていないサービスなので、個人的にはこれだけでもGMOとくとくBBを選ぶ理由があると思います。

 

↓20日以内なら違約金なしで解約できる↓

 

キャッシュバックはいつ受取れる?受け取り方法を解説!

では、GMOとくとくBBで申込みをした場合、キャッシュバックを受取れるのはいつになるのでしょうか?

これは利用開始から約1年後だと思っておきましょう。

 

キャッシュバックの受け取り時期に関して、GMOとくとくBBでは下記のように表記されています。

 

キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。

引用:GMOとくとくBB

 

簡単に言うと、『端末が到着してから11ヶ月後に銀行口座を入力するメールを送るから、それに入力して返信してね。そうすれば翌月の末日にキャッシュバックを振り込むよ。』ということです。

 

1年後というのはかなり先のような気もしますが、キャッシュバックをもらってすぐ解約されては意味がないので、これはインターネット業界では普通のこと。

口座登録メールが届く月をスケジュール帳やカレンダーなどに忘れないようにメモしておきましょう。

 

キャッシュバックを確実に受け取るために注意すること

キャッシュバックが行われるまでに期間が空いてしまうので、受取り忘れを防ぐ方法についても確認しておきましょう。。

 

GMOとくとくBBのキャッシュバックを受取るには、端末発送月から11ヶ月目に送られてくるメールに振込口座を登録する必要があります。

GMOとくとくBBから専用のアドレスにメールが送られてくるので、そのメールを確認してキャッシュバックを振り込んでもらうための銀行口座を登録しましょう。

 

すると、口座登録が完了した翌月の末日にキャッシュバックが振り込まれます。

メールが送られてくる月をチェックしておけばキャッシュバックのもらい忘れが防げるので、必ずカレンダーやスケジュール帳に「口座登録メールの確認」と記入しておきましょう。

 

僕は今までにこういったキャッシュバックキャンペーンを3回経験していますが、キャッシュバックをもらい忘れたことはありません。

なので、面倒でも必ずカレンダーやスケジュール帳にキャッシュバック月を書き込んでおくようにしてください。