「WiMAXって戸建の一軒家でも使えるの?」

「1階の部屋から2階の部屋まで電波は届く?」

「戸建だとWiMAXより光回線のほうが良いかな・・?」

 

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

 

結論を先にお伝えすると、WiMAXは3LDKくらいのマンションや2階建ての戸建てでも問題なく利用できます

もちろん建物や電波の状況にもよりますが、特にホームルーターは戸建てでも使えるように作られた端末なのでパワー不足ということはありません。

 

実際に僕は自宅で光回線とWiMAXを両方使っていますが、繋がりやすさは光回線もWiMAXも大差はありません。

 

 

今回はWiMAXが戸建や2階建ての住宅でも利用できるかについて詳しく解説します。

戸建での利用を考えている方はぜひ詳細をチェックしてみてください。

 

キャンペーン情報
今月は下記のキャンペーンがWiMAXのキャッシュバック最高値になっています。



↑WiMAXのキャッシュバック付きキャンペーンはこちら↑

 

WiMAXは戸建てでも使える?

「WiMAXって2階建ての戸建でも使えるの?」

「契約してみたものの、2階の部屋まで電波が届かなかったらどうしよう・・・・。」

 

WiMAXを申込む前にはこんな不安がありあすよね?

ただ、最初にもお伝えしたようにこれは全く心配ありません。

 

実際にウチの実家で試してみたのですが、1階に端末を置いた状態で2階の部屋でも普通にインターネットは使えました。

ドアを締めたり奥まった場所に行くと電波が弱くなる時もありましたが、基本的には全ての部屋で使えました。

 

 

なので、戸建で使えるかどうか心配しなくても大丈夫です。

 

ゆうた

でも、1階に端末を置くと2階で電波が届きにくい部屋もあるんだよね?

それなら光回線の方が良いんじゃない?

と思うかもしれませんが、これは光回線でも同じことです。

 

光回線は基本的に電話線の配管などを使って家の中まで引き込みます。

例えば1階のリビングルームに引き込んだ場合、そこからは無線LANルーターを使ってそれぞれの部屋まで電波を飛ばします。

 

そのため、WiMAXと同じでリビングから離れた部屋には電波が届かないことがあります。

実際にウチの場合も、WiMAXの電波が届きづらかった部屋は光回線の電波も届きづらい部屋でした。

 

つまり、電波を送り出しているのは無線LANルーターなので、基本的にはルーターの性能によって変わります。

サービスによって「届きやすい」or「届きにくい」という違いはありません。

 

そう考えると、持ち運びができて設置場所を自由に変えられるWiMAXの方が便利ですよね?

 

うちはWiMAXを廊下の棚の上にWiMAXを置くことで全体の部屋にバランスよく電波が届くようになりました。

置き場所を工夫することで、戸建や2階建ての住宅でも問題なく電波は届くのであまり心配しなくても大丈夫です。

 

↓WiMAXのホームルーターがキャッシュバック付きで申込める↓

 

2階にもり強力に電波を届ける方法

先ほど解説したように、「光回線は2階まで電波が届きやすい」、「WiMAXは2階まで電波が届きにくい」というように、サービスによって電波の範囲に違いはありません。

基本的には電波を飛ばしている無線LANルーターの性能によって変わると思ってもらえればOKです。

 

WiMAXは端末の中に無線LANルーターが内蔵されているのですが、では、このルーターの性能はどうなのでしょうか?

結論をお伝えすると、WiMAXは電波を送り出すアンテナがとても高性能です。

 

自宅で使えるホームルーターが「HOME L02」と「HOME 01」の2種類があるのですが、HOME L02は

 

  • 360度の全方位をカバーする最新型のアンテナ
  • スマホやパソコンに向かって集中的に電波を送り出すビームフォーミング

 

HOME 01は、

 

  • 360度に電波を飛ばす超小型高性能な「μSRアンテナ」
  • スマホやパソコンがある方向に強力に電波を送り出すビームフォーミング
  • 自宅の電波が届きにくい場所の速度を改善させるWiMAXハイパワー

 

という機能を備えています。

そのため、電波を送り出す無線LANとしてもとても優秀です。

 

なので、あまり通信範囲に関しては心配する必要はありません。

 

ただ、建物の構造や状況によっては電波が届きにくい場所というのはどうしても出てきます。

そんな時は「Wi-Fiの中継機」を利用すればOK。

 

 

中継機というのはその名の通り、WiFiの電波を中継してくれる端末のこと。

例えば1階にホームルーターを設置して2階で電波が弱い部屋がある場合、中継機を2階の廊下などに置くことで電波が改善されます。

 

なので、万が一、電波が弱い部屋があれば、中継機を使えば電波を改善することができます。

 

らいちらいち

野球に例えると、外野からホームまでボールを投げる時に野手が中継に入るイメージ。

中継が入ることでホームまで速度を落とすことなく速度で送球できるようになります。

中継機を使えば2階建ての一軒家でもほぼ問題なく繋がるようになります。

↓WiMAXのホームルーターがキャッシュバック付きで申込める↓

 

戸建で使うならモバイルルーターorホームルーター?

WiMAXには大きく分けて、「モバイルルーター」と「ホームルーター」の2種類があります。

モバイルルーターは持運びをしながら使うのが前提なのでバッテリーが内蔵されています。

 

一方、ホームルーターは住宅(戸建)での利用を前提に作られています。

そのため、バッテリーはなく、コンセントに挿して利用するようになっています。

 

 

では、自宅で使う場合はどちらの端末が良いのでしょうか?

答えはもちろんホームルーターです。

 

ホームルーターはコンセントから電源を供給しているので、常にフルパワーで通信ができます。

そのため、遠くに離れた部屋まで強力に電波を送り出すことができる訳です。

 

一方のモバイルルーターはバッテリーを使っているので、常にフルパワーで通信をしていません。

フルパワーだとすぐに充電がなくなってしまうからです。

 

なので、自宅で使う場合はホームルーターを選ぶのがベスト。

1人暮らしでワンルームや1LDKに住んでいる場合はモバイルルーターでも問題ありませんが、家族で戸建に住んでいるという場合はホームルータを選びましょう。

 

↓WiMAXのホームルーターがキャッシュバック付きで申込める↓

 

戸建におすすめのWiMAXのホームルーターは?

WiMAXのホームルーターには「HOME L02」と「HOME 01」の2種類があると説明しましたが、この2つの端末はどちらを選べばいいのでしょうか?

 

僕は2つの端末を使い比べてみましたが、結論を先にお伝えすると性能は「HOME L02」の方が良かったです。

 

詳しくは下記の記事で詳細にレビューしていますが、通信速度が速く安定していたのは「HOME L02」でした。

 

【関連記事】

WiMAXのhome 01とL02はどっちを買うべき?性能の違いを比較!

 

なので、どちらにすればいいか迷った時は、「HOME L02」を選ぶのがおすすめです。

 

↓「HOME L02」がキャッシュバック付きで申込める↓

 

モバイルタイプの電波が届く範囲はどのくらい?

僕はモバイルルーターも使っていますが、モバイルルーターは端末が近くにないとネットの通信速度は目に見えて遅くなります。

感覚的にはリビングに端末を置いて2階の自分の部屋に移動したら、ちょっと物足りない感じです。

 

 

全く通信できない訳ではないですが、速度はかなり遅くなりました。

一般的にモバイルルーターの電波の届く距離は50mくらいですが、これは屋外の障害物がない状態での話。

 

自宅の場合は壁や階段などの障害物があるので、モバイルルーターで快適に使えるのは隣の部屋くらいに思っておいた方がいいです。

なので、1人で使うのであれば問題ないのですが、家族で利用する場合にはモバイルタイプではちょっと不便です。

 

結論→戸建てで使うならHOME  L02がおすすめ

WiMAXは戸建や2階建ての一軒家でも問題なく使えます。

基本的に光回線も無線LANでネットに接続するので、WiMAXも光回線も戸建での繋がりやすさは同じです。

 

もし端末を1階に置いて2階の部屋で電波が繋がりにくいということがあれば、中継機を使って電波が行き届くように工夫すればOKです。

 

また、WiMAXには「HOME  L02」と「HOME 01」という2種類の端末がありますが、性能は「HOME  L02」の方が上です。

なので、2階建ての住まいでWiMAXを利用する場合はホームタイプのHOME L02を選ぶと良いでしょう。

 

HOME L02はハイパワーな通信で自宅でのネット通信を快適にしてくれます。

 

↓「HOME L02」がキャッシュバック付きで申込める↓

 

公式ページから申込むと損!HOME L02をお得に申込む方法!

では、HOME L02はどこから申込めば良いのでしょうか?

多くの人がWiMAXの公式ページを思い浮かべると思いますが、実は公式ページで申込みをすると1番割高でWiMAXを利用することになります。

 

公式ページで申込むデメリットは

 

  • 月額料金が高い
  • HOME L02を有料で購入することになる
  • キャッシュバックが安い

 

という3つの理由。

 

公式ページから申込んだ場合は月額料金が4,380円ですが、GMOとくとくBBというプロバイダ(販売窓口)のWEBキャンペーンから申込めばを利用すれば4,263円で利用できます。

わずか117円の差ですが、3年間利用すると4,212円の違い。

 

月額料金
GMOとくとくBB 4,263円
UQ WiMAX(公式) 4,380円

 

さらに3万円を超えるキャッシュバックも付きます。

 

そして、公式ページからだと端末を有料購入しないといけないのですが、GMOとくとくBBは無料プレゼントです。

トータルで3万円近くお得になるので、申込みをするのであればGMOとくとくBBのWEBキャンペーンを利用するのがベストです。

 

らいちらいち

速度や通信エリアはどのプロバイダから申込んでも同じです。

性能の違いは全くないので、公式ページから申込みをすると料金が高いだけなので損をしてしまいます。

 

実質料金が3万円もお得になるので、興味がある方は下記のキャンペーンをチェックしてみてください。

 

↓WiMAXがキャッシュバック付きで申込める↓