WiMAXの高額キャッシュバックキャンペーンを行っているGMOとくとくBB。

あなたはキャッシュバックが適用される条件と受け取り時期について、しっかりと理解できていますか?

 

「キャッシュバック条件と受取り時期」を確認しておかないと、キャッシュバックが受け取れずに大損してしまうことになります。

 

僕はインターネットの新規受付&相談窓口で働いていたので、キャッシュバックを受取れなかった人を何人も見てきました。

正直に言ってしまうと、受取り手続きを忘れていた本人に非があるのでそれに関しては仕方がないと思っています。

 

ただ、そんな人たちを見てきたからこそ、あなたには絶対にキャッシュバックを受取りそこなってほしくありません。

 

そこで今回は、キャッシュバックが適用になる条件や受取の時期に加え、確実にキャッシュバックを受取るためのポイントを解説していきます。

今回の内容を参考にしてもらえば、キャッシュバックのもらい忘れがなくなり、確実にキャッシュバックを受取る方法が分かるので参考にしてください。



↑今月の最高額キャッシュバックはこちら↑

GMOとくとくBBのキャッシュバックはいつ受取れる?

GMOとくとくBBはキャッシュバック金額が高く、とても人気のあるプロバイダです。

しかし、キャッシュバックが受取れる時期は申込みから1年後。

 

さらに、受取り手続きを忘れてしまうとキャッシュバックは1円ももらえないため、受取れなかった人たちが「GMOとくとくBBは詐欺だ!」という口コミをしていることもあります。

 

確かに、GMOとくとくBBのキャッシュバックは受取までの期間が長くて手続きも面倒です。

ただ、ハッキリ言ってインターネットサービスのキャッシュバックはどこも同じ

特にGMOとくとくBBだけが面倒という訳ではありません。

 

僕は過去に4つのインターネットサービスを使っていますが、その全てでキャッシュバクを受取ることができています。

きちんと手続きをすればちゃんとキャッシュバックはもらえるので、あまり心配しなくても大丈夫です。

 

キャッシュバックの受取りはなぜ一年後なの?

筆者はインターネットの受付&相談窓口で働いていたので、この辺りの事情については詳しいのですが、どんなサービスを申込んでも、だいたいキャッシュバックが受取れるのは1年後。

そして、キャッシュバックを受取るためには手続きが必要になります。

 

ゆうた

ここで、何でキャッシュバクをもらうまでに1年もかかってしまうの?

すぐにキャッシュバックしてよ。

という疑問が出てきますよね?

 

その気持ちはとても良く分かります。

しかし企業側からすると、キャッシュバックが1年後になってしまうのにはちゃんとした理由があります。

 

これは逆の立場から考えると分かりますが、3万円のキャッシュバックというのは利用者が月々に支払ってくれた月額料金から支払いをします。

WiMAX(GMOとくとくBB)の7GBプランは3,609円なので3,609円×10か月で36,090円。

つまり、最低でも10か月くらいは利用してもらわないとキャッシュバック分の3万円が捻出できない訳です。

 

これを3か月でキャッシュバックしようと思うと、GMOとくとくBBはキャッシュバック分のお金をどこかから借りてきて支払わなければいけなくなります。

 

それだとビジネスとして危なすぎますよね?

途中で解約でもされたら、今度はキャッシュバック分を返金してもらうのが大変です。

 

繰り返しになりますが、キャッシュバックというのは月々の利用料金から支払われるものです。

そのためキャッシュバックが高額になるほど受取れる期間は長くなってしまうのが基本です。

 

なので、キャッシュバックされるのが1年後になるというのは仕方のないことだと思っておきましょう。

 

また、WiMAXはクレジットカード払いがメインなので、GMOとくとくBBは顧客の口座情報を持っていません。

そのため、キャッシュバックの振込口座を登録する手続きが必要になるのも仕方ないことです。

 

キャッシュバックを受取るための条件は?

では次に、キャッシュバクを受取るための条件を確認しておきましょう。

 

GMOとくとくBBのWiMAXのキャッシュバックを適用させる条件。

それは下記の7つの条件をクリアする必要があります。

 

  • 過去にGMOとくとくBBのサービスやキャンペーンを利用していない
  • GMOとくとくBBのキャンペーンサイトから申込む
  • 安心サポートなどのオプションに加入する
  • クレジットカード決済にする
  • キャッシュバック口座登録メールに振込口座を入力する
  • 振込時期までにサービスの変更や解約をしない
  • 料金未納によってサービス一時停止や強制解約になっていない

 

どうですか?この中で気になる条件はありましたか?

まず、キャッシュバックが適用される条件として、初めてGMOとくとくBBを利用するというのは大前提です。

 

過去にGMOとくとくBBのサービスを利用していた場合はキャッシュバックが適用にならないので、その場合は親族の名義などで申込むのがいいと思います。

 

途中でサービスの変更や解約をしないというのも当たり前のことなので、この辺は大丈夫ですよね?

あと、オプション加入やクレジットカード決済に関しても、キャンペーンサイトから申込みをすると自然に選択することになるので、ここも心配する必要はありません。

 

らいちらいち

オプションサービスは必要なければ無料期間内に解約することが可能です。

会員ページにログインすれすぐに解約できるので、必要ない場合は早めに解約手続きを済ませてしましましょう。

GMOとくとくBBの安心サポートは必要?簡単な解約方法を解説!

 

なので、この中で1番問題になるのは『キャッシュバック口座登録メールに振込口座を入力して期日までに返信する』という条件です。

では、この『キャッシュバック口座登録メール』とキャッシュバックの支払時期についてもう少し詳しくみていきましょう。

 

キャッシュバックを受取るまでの流れはこんな感じ!

キャッシュバックを受取れる時期や方法について、GMOとくとくBBでは下記のように解説しています。

 

キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。

引用:GMOとくとくBB

 

もっと簡単に言うと、『端末が到着してから11ヶ月後に銀行口座を入力するメールを送るから、それに入力して返信してね。そうすれば翌月の末日にキャッシュバックを振り込むよ。』ということです。

 

もう一度流れを詳しく確認すると、

 

  1. 端末の到着月から11か月後に振込先口座の指定メールが届く。
  2. メールに振込口座を指定して返信する。
  3. 返信があった翌月末にキャッシュバック代金が振り込まれる。

 

という流れになります。

 

キャッシュバックの受取に失敗するパターン

キャッシュバックの受取条件や支払時期をみてきましたが、ここまでの説明だと、あまり難しそうな感じはしませんよね?

ただ、注意しなければいけないポイントが2つあるので、この点はしっかりと押さえておきましょう。

 

そのポイントとは、

 

  • キャッシュバック振込口座の登録メールはGmailやYahooメールでは受け取れない
  • キャッシュバック振込口座の登録期限は1ヶ月間

 

という2点です。

 

キャッシュバックの振込先口座に関するメールは、GMOとくとくBBの会員ページから見れるメールアドレスに送られてきます。

つまり、普段使っているGmailやYahooメールではメールが受取れないので、しっかりとチェックしておかないと見逃してしまう事になります。

 

さらに、口座登録メールの返信期限は1ヶ月。

これがキャッシュバックを受取り忘れてしまう一番大きな理由です。

 

03

 

では、どうすればキャッシュバックを確実に受け取る事ができるようになるのか?

超シンプルで最も簡単な方法を紹介します。

 

キャッシュバックを確実に受取る方法

キャッシュバックを受取るために必ずしておくこと。

それは、口座指定メールが送られてくる月(端末受取りから11か月後)のカレンダー or スケジュール帳にチェックしておくことです。

 

パソコンのスケジュールソフトでも、スマホの予定表でも構いません。

とにかく、口座指定メールが送られてくる11か月後に、目にする場所にGMOとくとくBBのメールボックスをチェックするように印をしておきましょう。

 

たったこれだけの事でOKです。

 

notebook

 

これが、インターネット申込窓口で仕事をしていた時に実際にお客さんに伝えていた方法で、僕もこの方法で過去4度のキャッシュバックをもらい忘れたことがありません

 

補足するとしたら、GMOとくとくBBの会員サイトへのログインIDやパスワードも一緒に記載しておくと間違いはありません。

とにかく、GMOとくとくBBのメールボックすがすぐに確認できる状況にしておけばOKです。

 

当月になったら小まめにメールをチェックして、口座指定メールに返信するだけなので簡単ですよね?

これができればキャッシュバックをもらい忘れるという事はありません。

 

安心してGMOとくとくBBでWiMAXを申込んで大丈夫です。

 

 

それでも受取れるかどうか不安な時は?

ここまでの解説を聞いても、まだ少し不安がありますか?

僕は上記の方法で問題なくキャッシュバックを受取れていますが、それでもネットに詳しくない方や年配の方には少しハードルが高いと思います。

 

そんな時はキャッシュバックではなく、月額料金が自動的に割引されるキャンペーンを利用しましょう

これなら特典が適用されずに損をするという事がありません。

 

Broad WiMAXというプロバイダなら月額料金が割引されるキャンペーンの利用が可能。

UQコミュニケーションズの公式ページから申込んだ場合の月額料金よりも安く利用できます。

 

7GBプラン ギガ放題
UQ(公式) 3,696円 4,380円
Broad 2,726円 3,411円

 

割引額はGMOとくとくBBのキャッシュバックよりも5,000円くらい少なくなってしまいますが、キャッシュバックを受取れずに1円の割引も受けれないよりは絶体にマシです。

キャッシュバックのように1年後に割引が開始されるのではなく、Broad WiMAXの場合は初月から自動的に割引が適用されるのでもらい忘れもありません。

 

自動で月額料金が割引されるキャンペーンはこちら

 

「ネットには詳しくない・・」

「細かい手続きは苦手・・」

「1年後にメールをチェックするのを忘れそう・・」

 

という人はBroad WiMAXのキャンペーンを利用するのがベスト。

 

僕も、両親やネットに詳しくない友達に紹介する時にはBroad WiMAXを薦めています。

 

Broad wimaxの公式ページはこちら

 

注意点
Broad WiMAXのキャンペーンを適用させるためにはクレジットカード払いを選択して下さい。

 

どちらにしようか悩んでいるあなたへ

どちらで申込みをするか決まりましたか?

まだ悩んでいる様だったら僕から最後のアドバイスです。

 

ここまで悩んでいるということは、やはりキャッシュバックの受取に不安があるのだと思います。

それならばBroad WiMAXで申込むのが一番。

 

キャッシュバックをもらい忘れると3万円を丸々損したことになりますが、Broad WiMAXなら確実に割引が受けられます。

キャッシュバック申請の手間もないので、ここまで来て悩んでいるようだったらBroad WiMAXの方がおすすめです。

 

【自動で月額料金が割引される】

Broad wimaxの公式ページはこちら