ゆうた

限界突破WiFiは口座振替ができる?
デビッドカードを使って支払いはできないのかな?

氷川きよしさんのCMで人気に火がついた限界突破WiFiですが、クレジットカードを持っていない方は、どんな支払い方法があるか気になりますよね?

結論を先にお伝えすると、限界突破WiFiの支払いはクレジットカードのみ。

口座振替やデビッドカードでの支払いはできません。

そのため、現時点でクレジットカードを持っていない人は、

  • クレジットカードを申込んで限界突破WiFiを使う
  • 口座振替に対応したモバイルWi-Fiを選ぶ
  • デビッドカードが使えるレンタルWiFiを使う

という3つの選択肢に分かれます。

今回は限界突破WiFiでクレジットカードや口座振替が使えない理由、口座振替で限界突破WiFiと同じタイプのモバイルWiFiを使う代替案を紹介するので参考にしてください。

らいちらいち

「未成年だからクレジットカードが作れない」という方は、ご両親のクレジットカードを使っても申込みをしてもらうのが1番簡単です。

限界突破WiFiの公式ページはこちら

限界突破WiFiで口座振替が使えない理由

最初にお伝えしたように、限界突破WiFiの支払い方法はクレジットカードのみ。

口座振替を利用することはできません。

では、なぜ口座振替を利用することができないのでしょうか?

それは、限界突破WiFiが利用者の入金チェックなどにかかる手間を省いて、月額料金の安さを実現しているからです。

実は口座振替というのは入金確認や引き落としができなかった場合の督促などに時間と手間がかかります。

限界突破WiFiとお客さんの直接のやりとりになってしまうため、余分な人件費が発生してしまうんですね。

それがクレジットカード払いであれば話は別。

限界突破WiFiは毎月の利用料をクレジットカード会社から支払ってもらい、万が一、支払いが滞った場合はクレジットカード会社とお客さんでのやりとりになります。

つまり、支払いのことをクレジットカード会社に任せておけば、限界突破WiFiはそこに人件費をかけなくても良くなる訳です。

限界突破WiFiの公式ページはこちら

限界突破WiFiでデビットカードが使えない理由

先程の説明で口座振替が使えない理由は理解してもらえたと思いますが、では、デビッドカードはなぜ使えないのでしょうか?

これはクレジットカードとデビッドカードの仕組みの違いに理由があります。

先ほどもお伝えしたように、クレジットカードは、一度クレジットカード会社が利用者に代わって月額料金を限界突破Wi-Fiに支払います。

そのため、限界突破WiFiは確実に月額料金を支払ってもらえます。

一方、デビッドカードは利用者の銀行口座と繋がっていて、利用料金がすぐに口座から引き落とされるようになっています。

なので、口座に残高がなかった場合は、引き落としができないため、お客さんに口座への入金依頼をする必要が出てきます。

つまり、口座振替の時と同じように、限界突破WiFiとお客さんの間でやりとりが発生してしまう訳です。

これだと、入金確認や督促に手間がかかってしまいますよね?

そのため限界突破WiFiではクレジットカード払いに限定することで、余分な人件費を減らし、無制限で使えるモバイルWiFiでありながら月額料金は3,500円という価格を実現しています。

限界突破WiFiの公式ページはこちら

口座振替とデビッドカードが使いたい人の3つの代替案

という訳で、現時点でクレジットカードを持ってない人は下記の3つの方法を利用することになります。

  • クレジットカードを申込んでから限界突破WiFiを契約する
  • 口座振替に対応したモバイルWi-Fiを選ぶ
  • デビッドカードが使えるレンタルWiFiを使う

クレジットカードを作って限界突破WiFiを契約する

まず、「どうしても限界突破WiFiが使いたい!」という人は、クレジットカードを作りましょう。

それしか限界突破WiFiを使う方法はありません。

では、どんなクレジットカードを作れば良いのでしょうか?

審査が比較的ゆるくて簡単に作れるのは「楽天カード」

入会特典で5,000円分のポイントがもらえるので、限界突破WiFiの約1.5ヶ月分の月額料金が割引されるような形になります。

これはかなりお得ですよね?

カードができるのは申込んでから2〜3週間程度。

少し時間はかかってしまいますが、これからクレジットカードを作る人にはおすすめです。

【5000円分のポイントがもらえる】
楽天カードの公式ページはこちら

限界突破WiFiの公式ページはこちら

口座振替の使えるモバイルWiFiを申込む

ゆうた

クレジットカードを作るのは無理・・。
クレジットカードが出来上がるまで待てない。今すぐWi-Fiが欲しい。

という人は、口座振替が使えるモバイルWi-Fiを申込みましょう。

限界突破WiFiと同じく、無制限で使える「どんなときもWiFi」というサービスがあるのですが、どんなときもWiFiであれば口座振替が使えます。

端末の性能やサービス内容は限界突破WiFiとほぼ同じ。

どんなときもWi-Fi 限界突破Wi-Fi
端末
メーカー GLOCAL NET MAYA SYSTEM
端末名 U2s jetfon P6
通信速度(下り) 150Mbps 150Mbps
バッテリー 3500mAh 3400mAh
電波 ドコモ・SB・au ドコモ・SB・au
  • 月額の上限なし。
  • 動画の見過ぎなどによる通信制限なし。
  • ドコモ、au、ソフトバンクの3種類の電波が使える。

という点も同じです。

口座振替の場合の月額料金3,980円(25ヶ月目以降は4,410円)。

これに口座振替手数料として200円が加算されます。

なので、2年間は4,180円で利用できることになります。

クレジットカード払いよりも口座振替の方が料金が高くなってしまうのは、最初に説明したように、入金確認などに人件費がかかるからです。

そのため、この部分は割り切るしかありませんね。

どんなんときもWiFiの公式ページはこちら

デビッドカードで支払いができるモバイルWiFi

ゆうた

口座振替じゃなくてデビッドカードで支払いたい

という人は、「WiFi東京」というレンタルWi-Fiを契約するのがおすすめです。

WiFi東京とは通信制限なしのモバイルWi-Fiがレンタルできるのですが、その際にデビッドカードでの支払いができます。

また、口座振替も取り扱っているので、クレジットカードを持っていない人におすすめです。

WiFi東京の公式ページはこちら

今回のまとめ

限界突破WiFiはクレジットカード払いでしか契約することができません。

そのため、どうしても限界突破WiFiが使いたい人はクレジットカードを作ってから申込みをするようにしましょう。

限界突破WiFiにこだわりがないのであれば、「どんなときもWiFi」にすれば口座振替で無制限のモバイルWiFiが使えるようになります。

どちらも無制限&トリプルキャリアの電波が使えるWi-Fiなので、性能的に大きな違いはないはありません。

なので、

  • クレジットカードを持っていない。
  • クレカを作るのは嫌だから口座振替で利用したい。

という人は「どんなときもWiFi」を使うと便利です。

【口座振替が使える】
どんなんときもWiFiの公式ページはこちら

【クレカ払いだけだけどやっぱりこっち】
限界突破WiFiの公式ページはこちら