通信制限無しで使えるポケットWi-Fiとして大人気の「どんなときもWi-Fi」。

その「どんなときもWi-Fi」と同じく無制限のWi-Fiサービスを提供しているのが「よくばりWi-Fi」です。

この2つのサービスは端末(モバイルルータ)が同じで、月額料金もほとんど同じなのでどちらにすればいいか迷ってしまいますよね?

結論を先にお伝えすると、これから契約するのであれば「よくばりWi-Fi」よりも「どんなときもWi-Fi」の方がおすすめです。

その理由はサービスを提供する会社の安心感と、利用者の評判が良いという一言に尽きます。

どんなときもWi-Fiを運営している「株式会社グッド・ラック」は佐藤二朗さんや今田美桜さんなどの芸能人をCMに起用していることからも分かるように、信頼と資金力があります。

そして何よりも無制限Wi-Fiを世に広めた元祖なので、とにかく人気があって利用者が多いです(そして評判や口コミも良い)。

一方、よくばりWi-Fiはまだまだ始まったばかりのサービス。

後で詳しく解説しますが、サービスを提供しているのは株式会社エクスゲートという2017年に設立された比較的新しい会社です。

なので、「もう少し様子を見た方がいいかな?」というのが正直なところです。

また、2年間使った場合のトータル料金もどんなときもWi-Fiの方が安いです。

なので、知名度と人気があって安心して使えるどんなときもWi-Fiを選んでおくのがベスト。

今回はどんなときもWi-FiとよくばりWi-Fiの違いを比較しながら、最終的にどんなときもWi-Fiをおすすめする理由を解説していくので参考にしてください。

今回の内容を簡単にまとめると
  • 使っている端末が同じなので通信速度や通信エリアなどの性能は全く同じ。
  • 2年間使った場合の料金もどんなときもWi-Fiの方が安い。
  • Wi-Fi業界で有名な会社が運営している。
  • どんなときもWi-Fiは利用者の評判や口コミが良い。

ということで、どんなときもWi-Fiの方がおすすめという結論になります。

>>どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら<<

「どんなときもWi-Fi」と「よくばりWi-Fi」の違いを比較

最初にもお伝えしたように、どんなときもWi-FiとよくばりWi-Fiは同じ端末(モバイルルーター)を使用しています。

これはグローカルネットが販売している「U2s」というルーターなのですが、どんなときもWi-Fiはこの「U2s」に「D1」という名前を付けて使っているだけなので性能は全く同じです。

イメージ的にはiphoneをドコモとソフトバンクが販売しているようなもの。

どちらで契約してもモバイルルーター自体の性能は変わりません。

どんなときもWi-Fi

よくばりWi-Fi

端末
メーカー GLOCAL NET
端末名 U2s(D1)
通信速度(上り) 150Mbps
通信速度(下り) 50Mbps
バッテリー 3500mAH
電波 ドコモ・SB・au

でも、そうなると少しでも安い方を契約したくなりますよね?

そこで、どんなときもWi-FiとよくばりWi-Fiの料金や初期費用を比較すると下記のようになります。

どんなときもWi-Fi よくばりWi-Fi
公式ページ
端末
月額料金 3,480円 3,450円
初期費用 3,000円 3,800円
初月料金 日割り 割引なし
端末代金 無料 無料
縛り期間 2年 2年

月額料金はよくばりWi-Fiが30円だけ安いです。

ただ、初期費用がどんなときもWi-Fiよりも800円高く、初月の日割りもないのでトータル料金はどんなときもWi-Fiよりも高くなります。

公式ページ 2年間の合計料金
86,600円
86,520円

※月額料金×24ヶ月+初期費用で計算。

らいちらいち

よくばりWi-Fiは「最大2ヶ月無料」というキャンペーンを行っていますが、オプションサービスに加入しないとキャンペーンは適用になりません。

キャンペーンに加入すると料金が割高になるので、結果的にどんなときもWi-Fiの方が安くなります。

なので、よくばりWi-FiよりもどんなときもWi-Fiを選ぶのがベストです。

>>どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら<<

どんなときもWi-FiとよくばりWi-Fiの評判を比較

どんなときもWi-Fiをおすすめするのは料金の安さだけではなく、利用者の評判が良いというのも理由の1つです。

よくばりWi-Fiはまだ始まったばかりのサービスで利用者が少ないです。

そのためネット上に口コミも少ないというのが正直なところです。

一方、どんなときもWi-Fiはちょっと探しただけでこんなに良い評判がでてきます。

やっぱり多くの人が使っていて評判が良いほうが安心感がありますよね?

こんな感じなので、安心してサービスを使いたいという人はどんなときもWi-Fiを選んでおけば間違いありません。

>>どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら<<

どんなときもWi-FiとよくばりWi-Fi、それぞれの運営会社は?

よくばりWi-Fiを運営しているのは「株式会社エクスゲート」という会社。

エクスゲートは2017年の6月に設立された、比較的新しい会社です。

東京の西新宿に本社があるのですが、もともとは株式会社クイックという名称で、2017年時点で従業員数が200名を超えています。

インターネット関連の仕事がメインで、無制限Wi-Fiに参入してきたことを考えると、これからどんどん伸びそうな会社ですね。

一方のどんなときもWi-Fiは「株式会社グッド・ラック」が運営しています。

「どんなときもWi-Fi」の他に「ネクストモバイル」、グループ会社が「Bload WiMAX」などのサービスを提供しているのでWi-Fiサービスに強い会社という印象があります。

親会社のオールコネクトという会社は資本金が約5億6000万。

スタッフも400人を超えているので、とても大きな会社という印象です。

グッド・ラックはいち早く通信制限無しで使えるどんなときもWi-Fiを始めたので、ここ数年で知名度が大きく上昇しています。

>>どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら<<

解約金や最低利用期間はどれくらい違うの?

では、最低利用期間や解約月、解約違約金はどれくらい違うのでしょうか?

一覧で比較すると下記のようになります。

どんなときもWi-Fi よくばりWi-Fi
公式ページ
0~12ヶ月 19,000円 18,000円
13~24ヶ月 14,000円 12,000円
25ヶ月目 解約月で無料 解約月で無料
26ヶ月目以降 9,500円 9,500円

最低利用期間はどちらも2年間なので違いはありません。

無料で解約できる解約月は25ヶ月目、2年経って解約月以外に解約する場合の違約金も同じです。

2年以内に解約する場合はよくばりWi-Fiの方が少しだけ安くなっていますね。

最後に今回の内容まとめ

どんなときもWi-FiとよくばりWi-Fiを比較した場合、下記の5つのポイントでどんなときもWi-Fiの方がおすすめです。

  • 使っている端末が同じなので通信速度や通信エリアなどの性能は全く同じ。
  • よくばりWi-Fiはオプションに加入しないと2ヶ月無料にならない。
  • 2年間使った場合の料金はどんなときもWi-Fiの方が安い。
  • どんなときもWi-Fiは業界で有名な会社が運営しているので安心感がある。
  • どんなときもWi-Fiは利用者の評判や口コミが良い。

なので、どちらにしようか迷っているのであれば「どんなときもWi-Fi」を申込むのがおすすめ。

どんなときもWi-Fiなら評判や口コミの良い無制限Wi-Fiが、よくばりWi-Fiよりも安く安心して使えます。

>>どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら<<