「どんなときもWi-Fiって田舎でも使えるかな?」

「田舎でも電波が入りやすいポケットWi-Fiはどれなの?」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

都市部から離れた地域に住んでいると、ポケットWi-Fiの電波が届くかどうか気になりますよね?

実際に、

ゆうた

通信制限がないからどんなときもWi-Fiを申込みたいけど、田舎に住んでいるから電波が入るかどうか不安・・・。

と思っている人は多いです。

ただ、結論を先にお伝えすると、どんなときもWi-Fiは田舎に住んでいる人にこそおすすめです。

どんなときもWi-Fiで使われている「LTE」という電波は田舎や建物の中でも繋がりやすいとして有名な電波。

WiMAXという有名なポケットWi-Fiがあるのですが、どんなときもWi-FiはWiMAXよりも通信エリアが広くて、電波の感度がいいので、田舎で使うには最適です。

今回はどんなときもWi-Fiを田舎暮らしの人におすすめする理由を詳しく解説します。

申込みを検討している方は参考にしてみてください。

↓どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら↓
どんなときもWiFi(芸能人有)

どんなときもWi-Fiは田舎に強い

最初にお伝えしたように、どんなときもWi-Fiは田舎に住んでいる人に最適なモバイルルーター(ポケットWi-Fi)です。

現在、モバイルルーターに使われている電波は、大きく分けて、

  • WiMAX2+(ワイマックス)
  • LTE(エルティイー)

という2種類の電波があります。

このうちWiMAX2+は、UQモバイルが販売しているWiMAXというサービスで使用されています。

WiMAX2+の特徴は通信速度が速いことなのですが、電波が建物によって遮られやすいという特徴もあるので、通信エリアが狭いです。

そのため田舎や地下鉄、ビルの中では繋がりにくいというデメリットがあります。

一方、どんなときもWi-Fiで使われている「LTE」という電波は、建物の中や地下にも電波が届きやすいという性質があります。

また、通信エリアが広いので、山間部などの田舎に行ってもネットを利用することができます。

そのため、田舎に住んでいる人にはWiMAXよりもどんなときもWi-Fiの方が向いています。

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら

【関連記事】

どんなときもWi-FiとWiMAXはどっちが安い?料金や速度、通信制限を比較!

ドコモ、ソフトバンク、auの電波(LTE)が使えるのでエリアが広い

前の項で、どんなときもWi-Fiは地下や田舎でも繋がりやすい「LTE」という電波を使用しているとお伝えしました。

この部分をもう少し詳しく説明すると、「LTE」はドコモ、ソフトバンク、auの3種類の電波に分けられます。

簡単にいうと、3つのメーカーがそれぞれに自社の「LTE(電波)」を持っているということ。

そのためドコモのモバイルルーターではドコモのLTEが、ソフトバンクや系列のワイモバイルではソフトバンクのLTEが、auのモバイルルーターではauのLTEが使われています。

しかしどんなときもWi-Fiはメーカーにとらわれず、その場所に最適な電波をドコモ、ソフトバンク、auの中から選んで自動で接続してくれます。

この仕組を「クラウドSIM」というのですが、ソフトバンクが圏外の場所はドコモ、ドコモが圏外の場所はソフトバンクといった感じで通信できるので、今まで圏外になることが多かった田舎でも使えます。

つまり、

  • そもそも使われているLTEという電波が田舎に強い
  • ドコモ、ソフトバンク、auの電波を使えるのでエリアが広い

という2つの理由で、どんなときもWi-Fiは田舎に住んでいる人におすすめという訳です。

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら

田舎でも快適に使えるという口コミ多数

実際に利用者の口コミを見ても、どんなときもWi-Fiは田舎でも快適に使えるという評判が多いです。

一部を紹介するとこんな感じ。

こういった口コミを見ると、どんなときもWi-Fiが田舎でも使えるという理由が分かってもらえると思います。

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら

LTEはキャンプ場や田舎の旅館でも強い

僕はキャンプ場や田舎の旅館に宿泊することが多いのですが、地方だとWiMAXよりもLTEの方が間違いなく繋がります。

先日も島根県の山奥にある旅館に泊まったのですが、WiMAXだとアンテナが1本だったのに対して、LTEを使うと4本のアンテナが立っていました。

なのでYouTubeを観るのも快適。

同じく、WiMAXだと電波が弱かった海水浴場でも、LTEを使えばずっとYoutubeの音楽を流せました。

このことからも、田舎で使うならWiMAXよりもLTEを使ったモバイルルーターの方が快適に使えます。

さらに、ドコモ、ソフトバンク、auの3種類の電波が使えるどんなときもWi-Fiなら、通信エリアを気にする必要がありません。

こんな感じで、どんなときもWi-Fiは田舎に住んでいる人におすすめできるサービスなので、

「どんなときもWi-Fiって田舎でも使えるのかな・・?」

「田舎だからWi-Fiの電波が入るか不安・・。」

という人は、安心してどんなときもWi-Fiを試してみてください。

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら

【関連記事】

キャッシュバックはある?どんなときもWi-Fiの割引キャンペーンを紹介!