どんなときもWi-Fiを申込んでいると、「サポートオプションの選択」という項目が表示されます。

これは「あんしん補償」と呼ばれる端末が故障した時の交換サービスなのですが、果たして「あんしん保証」には加入しておいた方がいいのでしょうか?

「あんしん補償には入っておいた方がいいですか?」

「あんしん補償は不要ですよね?」

といった質問が多いので、あなたも加入するかどうか迷っているのではないでしょうか?

結論を先にお伝えすると、

  • よくスマホを水に濡らしてしまう。
  • スマホを落とすことが多い。
  • 月額料金が400円高くなるくらいなら問題ない。
  • 万が一のために保証サービスは入っておきたい。

という人は加入しておいた方が安心です。

あんしん補償には入っておけば、水没や落下で故障した場合は新しい端末に交換してもらえるので、端末が壊れて高い修理代を支払うという心配がありません。

逆に、

  • 今までスマホを水没させたり落として壊したことがない。
  • 月々400円の出費を節約したい。
  • 壊れたら壊れた時に考える

というタイプの人は無理に加入する必要はありません。

今回はどんなときもWi-Fiのあんしん補償について詳しく解説するので参考にしてください。

あんしん補償の概要
  • あんしん補償は端末が壊れたり水没した時に新しいものに変えてもらえる補償。
  • 月額料金は400円で、2年間使った場合は9600円。
  • 申込み時にしか加入できない。
  • 不要になったらいつでも解約できる
  • 端末が盗まれたり落として紛失した場合は補償対象外。
  • あんしん補償に加入していない場合の修理・交換費用は18,000円。

 

【どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら】
どんなときもWiFi(芸能人有)

どんなときもWi-Fiのあんしん補償は必要?不要?

最初にもお伝えしたように、あんしん補償に加入するかどうかは個人の性格によって分れます。

まず、

みさと

月額400円ならたいした出費じゃないし、補償はあった方が安心

という人は、迷わずに加入しておきましょう。

あんしん補償は端末が壊れた場合、新しい端末との交換なので、なかなかサポートが手厚いです。

なので、月額400円が負担にならないのであれば加入しておいた方が安心です。

また、どんなときもWi-Fiの端末(D1)はスマホとほぼ同じ大きさなので、過去にスマホを水没させたり、落下して壊したことがあるかなども判断のポイントになります。

  • バイクでの通勤で雨に濡れる可能性がある
  • 小さな子供がいて端末を壊される可能性がある
  • スマホを落としてしまうことがよくある

という人はあんしん補償に入っておくことをおすすめします。

逆に、

ゆうた

スマホやポケットWi-Fiを落とすことはないし、できるだけ出費を節約して安く抑えたい」

という人は無理に入る必要はありません。

そもそもポケットWi-Fiは頻繁に自然故障が起こるようなものではありません。

なので、取り扱いにさえ注意していれば故障することも少ないです。

万が一、初期不良があった場合は端末の製造メーカーの補償が使えるので、無理に加入しなくても大丈夫です。

あんしん補償はサポートが手厚いので、入って損をするようなものではありません。

逆に入らなくてもそこまでリスクが高い訳ではありません。

なので、

  • 月々400円で安心を買うか?
  • 400円を節約するか?

自分のタイプに近いもので決めましょう。

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら

あんしん補償の注意点

あんしん保証を利用する場合はいくつかの注意点があります。

これを見落とすとあとあと後悔してしまうこともあるので、しっかりと確認しておいてください。

あんしん補償に加入できるのは申込み時だけ

一番注意しないといけないのが、あんしん補償は申込み時だけ加入できるということです。

例えば、申込みから半年経って加入しようと思っても、途中から申込みをすることはできません。

なので、入るか入らないかは最初のうちに決めましょう。

どうしても迷ってしまう場合は、初月は無料で使えるので、あんしん補償付きで申込んで必要ないと思ったら解約するのがおすすめです。

補償の対象になるケースと対象外になるケース

補償の対象になるのは、

  • 水をこぼして端末が濡れてしまった
  • 服のポケットに入れたまま洗濯機で洗ってしまった
  • ポケットから落として壊してしまった

という、水没や故障によるものです。

故障した場合は新品と交換してもらえ、水没や全損(端末がバラバラになるくらいの破損)の場合は比較的状態の良い中古品との交換になります。

逆に、端末をなくしてしまったり、盗まれてしまった場合は補償対象外となるので注意してください。

わざと端末を壊したり分解した場合も同じく補償外です。

らいちらいち

簡単にいうと、端末が手元にあって、わざとではない故障や水没のみ交換対応してもらえるということですね。

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら

まとめ

どんなときもWi-Fiの申込み画面で、「サポートオプションの選択」という項目があります。

これはあんしん補償と呼ばれる端末の交換補償サービスなのですが、無理に加入する必要はありません。

万が一、端末に初期不良があった場合はメーカーの補償が適用になりますし、ポケットWi-Fi自体も故障の頻度が多いものではないので特に必要はありません。

ただ、よくスマホを落としたり水没させたりする人は加入しておいた方が安心です。

安心補償は月額400円で2年間使っても9,600円です。

安心補償に加入せずに端末を破損してしまった場合は18,000円の修理・交換費がかかるので、「自分はちょっとドジなところがあるな〜」と思う人は加入しておくのがおすすめです。

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら