「どんなときもWi-Fiの支払い方法ってどんなのがあるの?」

「クレジットカードを持ってないんだけど口座振替はできる?」

「デビッドカードやau WALLETで支払いはできるの?」

 

どんなときもWi-Fiを申込む時に気になるのが、どんな支払い方法が使えるのかということですよね?

最近はクレジットカードの有無だけでなく、自分が貯めているポイントの決済方法があるかどうかが大きなポイントになってきています。

 

結論を先にお伝えすると、どんなときもWi-Fiの支払い方法はクレジットカードと口座振替だけ

デビッドカードやau WALLET(auウォレット)は使えません。

 

もちろんPayPayやLINE Payなども不可です。

 

どんなときもWi-Fiの支払い方法
クレジットカード
口座振替
VISAデビッド ×
JCBデビッド ×
PayPay ×
プリペイドカード ×

 

さらに、口座振替の場合はも月額料金が高くなるだけでなく、プラス200円の手数料が毎月発生するので、基本的にはクレジットカードでの支払いが1番おすすめです。

今回はどんなときもWi-Fiの支払い方法について解説していくので参考にしてください。

 

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら

 

どんなときもWi-Fiの支払い方法は2種類だけ

最初にもお伝えしたように、どんなときもWi-Fiの支払い方法はクレジットカードと口座振替の2種類です。

ただ、どちらの支払い方法にするかで月額料金が異なるので、申込みの際には充分注意してください。

 

クレジットカード払いの場合は月額料金は3,480円。

口座振替の場合は3,980円の月額料金に200円の口座振替手数料が必要になります。

 

月額料金 2年トータル
クレジットカード 3,480円 87,000円
口座振替 4,180円 104,300円

 

どんなときもWi-Fiは2年契約なので、2年間使った場合の差額は17,300円。

この差はかなり大きいので、可能であればクレジットカード払いで契約するのがおすすめです。

 

また、口座振替の場合は本人確認書類の提出が必要になるのですが、クレジットカード払いの場合は、クレジットカードが本人確認書類の役割を果たしてくれるので申込みの手間も簡略化できます。

 

 

クレジットカードで支払いだと入金確認などの手間が減るので、どんなときもWi-Fi側にもメリットがあります。

そのため申込みの手間や月額料金など、クレジットカード払いの方がお得な料金設定にしてあるので、迷った時はクレカ払いを選ぶのがベストです。

 

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら

 

デビッドカードが使えない理由は何?

最初にもお伝えしたように、どんなときもWi-Fiではデビッドカードによる支払いができません。

デビッドカードは銀行口座と直結しているので、支払いに使えても良いような気がしますが、ポケットWi-Fiで利用できるサービスは少ないです。

 

その理由は、口座の残高が足りなかった時に再請求などの手間がかかるから。

クレジットカードの場合はクレジット会社が代理で支払いをしてくれるので、どんなときもWi-Fi側に負担はありません。

 

ただ、デビッドカードの場合は残高不足の際に自分たちで契約者に連絡をする必要があり、最悪の場合は口座に入金してもらえないという可能性もあります。

そのため通信サービスでデビッドカード払いが使えないというところは多くなっています。

 

au WALLETやPayPayは使えないの?

普段、au WALLETやPayPayを使っている人は、どんなときもWi-Fiの支払いもポイントを貯めている決済サービスを使いたいと思いますよね?

ただ残念ながらau WALLETなどでの支払いはできません。

 

Wi-Fi料金の支払いでポイントを貯めたいと思うかもしれませんが、残念ですがポイントは諦めましょう。

 

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら

 

どんなときもWi-Fiの支払い方法のまとめ

どんなときもWi-Fiはクレジットカードと口座振替の2種類です。

ただ、口座振替の場合は2年間トータルで17,300円も割高になるので、クレジットカードで申込みをするようにしましょう。

 

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら