自宅のコンセントに挿すだけでインターネットが使えるようになる「置くだけWi-Fi」。

せっかく持ち運びができるのであれば、外出する時に本体を持ち運んで車の中や旅行先のホテルでも利用したいと思いますよね?

 

ただ、注意しなければいけないのは、置くだけWi-Fiの中には登録した住所以外では使用してはいけないものがあるということ。

これを知らずに車の中や旅行先のホテル、キャンプ場や海水浴場で使用すると強制解約ということになってしまいます。

 

今回は外出先や車の中で使うことができる置くだけWi-Fiと、できない置くだけWi-Fiについて解説するので参考にしてください。

 

持ち運んで使える置くだけWi-Fiがこれ

結論を先にお伝えすると、代表的な置くだけWi-Fiで、外出先に持ち運んで利用できるのは下記の端末になります。

 

サービス名 端末名 外出先での利用
WiMAX HOME L02
HOME 01
ネクストモバイル HT100LN
ソフトバンクエアー エアターミナル4 ×

 

まず、WiMAXとネクストモバイルの「置くだけWi-Fi」は登録している住所以外での利用が可能です。

 

↑ウチで使っているWiMAXの置くだけWi-Fi

 

つまり、

 

  • 車載して車の中で使う
  • 電源のあるカフェに持ち込んで使う
  • 旅行先のホテルで使う
  • 友達の家に持ち運んでWi-Fi環境を作る
  • 自宅とオフィスで使い分ける

 

といった使い方ができます。

 

一方、ソフトバンクエアーは登録してある住所以外では利用することができません。

 

↑ソフトバンクエアー

 

そのため持ち運んで自宅以外の場所で使うのはNGです。

 

ゆうたゆうた

持ち運んで使ったのがバレなきゃ良いんじゃない・・?

と思うかもしれませんが、どこで通信をしているかはソフトバンク側で分かるようになっています。

最悪の場合は契約が解除になることもあるので、外出先でも置くだけWi-Fiを使いたいという人は、WiMAXかネクストモバイルを選ぶようにしましょう。

 

WiMAXの今月のキャンペーンはこちら

ネクストモバイルの公式ページはこちら

 

WiMAXとネクストモバイルはどっちが良いの?

では、WiMAXとネクストモバイルはどちらを選べば良いのでしょうか?

この2つのサービスは、自分が月にどれくらいの通信量を使っているかによって選ぶようにしましょう。

 

ざっくり言うと、

 

  • 月々のネットの使用量が50GBを超える人はWiMAX
  • 月々の使用量が50GB以下に収まる人はネクストモバイル

 

という感じ。

もっと簡単に言うと、

 

  • 毎日動画を観たりオンラインゲームをする人はWiMAX
  • 休みの日に集中して動画を観たりオンラインゲームをする人はネクストモバイル

 

がおすすめです。

 

では、この理由は何なのでしょうか?

次の項で詳しく解説していきます。

 

WiMAXとネクストモバイルの違い

通信制限の有無が1番大きく違う

WiMAXは月々の上限はないのですが、3日間で10GB以上を使うと、翌日の夜間に通信制限が行われます。

一方のネクストモバイルは、月々50GBまでしか使えないのですが、「3日間で10GBまで」の通信制限はありません。

 

つまり、契約したギガ数以内であれば通信制限なしでネットが使える訳です。

月々50GBが最大値なので毎日動画を見る人には足りませんが、休みの日にしかネットを使わないという人であれば50GBあれば充分です。

 

なので、毎月の通信量が50GB以下の人は通信制限のないネクストモバイルがおすすめです。

逆に毎月の通信量が50GB以上になる人は、ネクストモバイルだと容量が足りません。

そのため月々の上限のないWiMAXを選ぶのがベストです。

 

WiMAXの今月のキャンペーンはこちら

 

通信エリアが広くトンネル内でもつながるのはどっち?

では、WiMAXとネクストモバイルでは、通信エリアはどちらが広いのでしょうか?

WiMAXは市街地では電波も入りやすく、通信速度が速いです。

 

ただ、田舎などの地方やトンネルの中などでは電波が入らなくなります。

 

たかしたかし

WiMAXでもLTEという通信エリアの広い電波に切り替えて使うことができるのですが、この電波は月々7GBまでしか使えません。

一方のネクストモバイルは地方やトンネルの中でも電波が入りやすいです。

そのため田舎に旅行に行くことが多い、車の中で使いたいのでトンネル内でも電波が入る方が良いという人にはネクストモバイルがおすすめです。

 

ネクストモバイルの公式ページはこちら

 

置くだけWi-Fiを屋外や車の中で使う時の注意点

置くだけWi-Fiを車の中や外出先で使う時には1つだけ注意点があります。

それは屋外での使用が禁止されている電波を使わない事。

 

置くだけWi-Fiでは2.4GHzと5GHzの2種類の電波が使えるようになっているのですが、5GHzには屋外で使用が禁止されている帯域があります。

そのため、外出先に持ち運んで使用する場合は2.4GHzの帯域を利用するようにしましょう。

 

置くだけWi-Fiを車の中で使う方法

置くだけWi-Fiを車の中で利用するためにははコンセントが必要です。

そのため、シガーソケットをコンセントに変換できるプラグが必要になります。

 

Amazonで気軽に購入できる商品としては下記のようなものですね。

 

 

お値段はたったの2,000円。

これをシガーソケットに差し込めば車の中でコンセントが使えるようになるので、置くだけWi-Fiに電源を供給しながら車の中でインターネットが利用できるようになります。

 

本体はなるべく振動などの影響がないように、クッション材をひいて運転席の横のスペースなどに上手く固定しておきましょう。

 

車の中や外出先で使える置くだけWi-Fiのまとめ

現在、置くだけWi-Fiには、大きく分けてWiMAX、ソフトバンクエアー、ネクストモバイルの3種類があります。

この中で登録場所以外に持ち運んで利用できるのはWiMAXとネクストモバイルです。

 

ソフトバンクエアーは登録した場所でしか利用できないので、他の場所に持ち運んで使用することはできません。

 

サービス名 端末名 外出先での利用
WiMAX HOME L02
HOME 01
ネクストモバイル HT100LN
ソフトバンクエアー エアターミナル4 ×

 

利用できるエリアはネクストモバイルの方が広いので、車の中や旅行先に持っていて使う場合はWiMAXよりもネクストモバイルの方がおすすめです。

 

WiMAXの今月のキャンペーンはこちら

ネクストモバイルの公式ページはこちら