「どんなときもWi-Fiってどこで契約できるの?」

「ビックカメラやヤマダ電機の店頭で申込むことはできるの?」

「どんなときもWi-Fiの取扱店舗はどこにあるの?」

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

僕も店員さんの話を聞いてみたいと思ったので、「どんなときもWi-Fi」を取り扱っている店舗がないか探してみました。

ただ、結論を先にお伝えすると、「どんなときもWi-Fi」を取り扱っている店舗はありません。

なぜなら「どんなときもWi-Fi」はネット申込み限定にして店舗代や人件費を削減し、そのぶん料金を安くしているサービスだからです。

自社のショップが存在しないだけでなく、ヤマダ電機やビックカメラといった家電量販店でも販売されていません。

実物が見れないのはちょっと残念ですが、ネット上で申込みができるのは公式ページだけなので、「どんなときもWi-Fi」を契約する場合は公式ページから手続きをするようにしてください。

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら

今回は「どんなときもWi-Fi」がネットからしか申込ができない理由や、申込後の流れや設定方法まで詳しく解説するので、「実際に店舗で話を聞いてからでないと、設定ができるか不安・・・」という方は参考にしてください。

どんなときもWiFi(芸能人有)

店舗がなくネット申込みだけになっている理由

最初にもお伝えしたように、「どんなときもWi-Fi」は店舗での取扱はありません。

そのため、申込みはインターネット限定で、しかも公式ページからしか申込むことができません。

では、なぜ「どんなときもWi-Fi ショップ」というような店舗を作らずに、ネットだけの申込みにしているのでしょうか?

その理由は、店舗の家賃やスタッフの人件費をかけないようにして、安くWi-Fiサービスを提供しているからです。

「どんなときもWi-Fi」は月々の使用量に上限がなく、「3日間で10GBの通信制限」もない完全無制限のモバイルWi-Fiです。

そしてこれが月々3,480円で利用できます。

同じ使い放題のWi-Fiを提供しているサービスに、WiMAXやソフトバンクエアーなどがあるのですが、こういったサービスと比較してもかなり安い金額であることが分かります。

月額料金 通信制限
どんなときもWi-Fi 3,480円 なし
WiMAX 4,380円 3日間で10GB
ワイモバイル 4,380円 3日間で10GB
ソフトバンクエアー 4,880円 動画視聴時など

 

つまり、「どんなときもWi-Fi」は店舗や人件費などの固定費を削って、月額使用料の安さを実現している訳です。

正直、完全無制限で使えるWi-Fiというだけでも衝撃だったのですが、それを他のサービスよりも安く提供するという企業努力はすごいですよね。

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら

申込んだ端末を受取るだけなら3つの店舗で可能

「どんなときもWi-Fiは店舗がないので、WEBからしか申込みができない」とお伝えしましたが、申込んだ端末を受取るだけなら下記の受取りセンターで受取ることができます。

【どんなときもWi-Fi受取り店舗】

店舗 地図 営業時間
渋谷 渋谷センターの地図はこちら 10:00~19:00(平日・土曜受付/日祝休み)
秋葉原 秋葉原センターの地図はこちら 11:00~19:00(平日・土曜受付/日祝休み)
大宮 大宮センターの地図はこちら 11:00~19:00(平日・土曜受付/日祝休み)

渋谷、秋葉原、大宮(埼玉)の3か所しかないので遠方の人には難しいですが、都内に住んでいて、すぐに端末を受取りたいという人は受取りセンターを利用すると便利です。

もちろん、受取り専門なので申込みをしたりサービスの説明を聞いたりすることはできないので注意してください。

使い方が分からない場合のサポート窓口はあるの?

店舗がなく、ネットだけの申込みとなると心配なのが、

「使い方が分からない場合はどこに問合せればいいの?」

「契約後のサポートはどこでしてもらえるの?」

「端末が故障したり、なくした場合はどこに問合せればいいの?」

といったことですよね?

こんな時、「どんなときもWi-Fi」は3つの方法で対応してくれます。

それが、

  • お客様サポートサイトでの手続き
  • カスタマーセンターでの電話対応
  • メールでの問合せ

の3つです。

お客様サポートサイトでできること

どんなときもWi-Fiには「お客様サポートサイト」が用意されているのですが、ほとんどの手続きや疑問はこのサイトを見れば解決できるようになっています。

  • 端末の設定マニュアルの確認
  • 支払方法の変更や請求日の確認
  • 契約内容の確認や変更
  • 解約の手続き

など、全てサポートサイトから行えるので、分からないことがあったら、まずはサポートサイトをチェックしてみましょう。

どんなときもWi-Fiのお客様サポートサイトはこちら

サポートサイトでわからないことがある場合は、カスタマーセンターのオペレーターさんが対応してくれます。

フリーダイヤルの電話番号があるので、直接相談したい場合でも安心です。

サポートに電話が繋がりにくいというのは、どんなサービスにもよくある話ですが、「どんなときもWi-Fi」は混雑しやすい時間(つながりやすい時間)を一覧にして提供してくれています。

この表をもとに、平日のお昼過ぎに電話をしたらすぐにコールセンターに繋がったので、サポート体制もしっかりしていると思います。

平日に電話ができないという人はメールでの問合せもできるので、この3つを組み合わせて使えば店舗がなくても心配はありません。

自分で設定できるか不安・・!初期設定の方法を詳しく解説!

「自分で初期設定ができるか不安・・・。」

「最初にどんな設定が必要なのか申込む前に知っておきたい・・。」

という方のために、「どんなときもWi-Fi」を契約した後に、どんな設定が必要なのかを簡単に解説しておきます。

どんなときもWi-Fiでネットに接続するためには、

  • IDとパスワードの入力
  • 防護機能の解除

の2つの設定が必要です。

付属の説明書通りに進めてもらえば設定は5分くらいで終了しますが、ザックリとやり方だけ確認しておきましょう。

IDとパスワードの設定

まず、どんなときもWi-Fiの背面にシールが貼ってあるので、このシールに書かれてるIDとパスワードを確認してください。

【SSID】利用端末の名前

【パスワード】端末を利用するためのパスワード

スマホやパソコンのWi-Fiマークをクリックすると、【Glocal Net_●●●●】というSSID(端末の名前)が表示されます。

それをクリックしてパスワードを入力すれば、スマホ(パソコン)と端末の接続は完了です。

防護機能の解除

次に、防護機能の解除を行います。

たかし

どんなときもWi-Fiはセキュリティ保護のため、初期設定で一部の接続を制限しています。

この防護機能を解除することで、全てのインターネットサービスに接続することが可能になります。

防護機能を解除するには、まず、どんなときもWi-Fiと接続したスマホ(パソコン)のアドレスバーに「192.168.43.1」と入力します。

たかし

スマホの場合は説明書にあるQRコードを読み込むだけでOKです。

するとログイン画面が表示されるので、ユーザー名とパスワードの部分に「admin」と入力します。

次に、右下の【設定】というタブをクリックして【データの管理】へ進むと、【防護機能をオン】という項目があるので、そこのチェックを外して設定を保存しましょう。

そうすれば普通にネットが使えるようになります。

説明書通りに進めれば5分もかからずに設定は終わるので、最初の設定に関してはあまり心配しなくても大丈夫。

店舗でサポートを受けなくても自分で設定できるように分かりやすい説明書がついているので安心です。

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら

どんなときもWi-Fiの店舗に関するまとめ

「どんなときもWi-Fi」はネットからの申込み限定のサービスです。

そのため自社のショップはもちろん、ヤマダ電機やビックカメラといった家電量販店でも取扱はありません。

契約は公式ページからしかできないので、興味あれば公式ページから詳細を確認してください。

「店舗がないとサポートが不安・・」

という方もいるかも知れませんが、初期設定はとても簡単で、いざという時はフリーダイヤルのカスタマーセンターもあります。

なので、あまり心配しなくても大丈夫です。

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら