「auスマートポートってどのくらいの通信速度が出るの?」

「動画視聴やオンラインゲームは快適にできる?」

「どれくらい使ったら通信制限にかかるの?」

auスマートポートの速度や通信制限にかかる基準って気になりますよね?

今回はauスマートポートの通信速度、通信制限の基準、制限時の速さについて詳しく解説していくので参考にしてください。

通信速度と通信制限の基準をサクッと解説

まず結果だけ知りたいという方のために結論を最初にお伝えします。

auスマートポートの通信速度や通信制限を簡単にまとめると下記のようになります。

【下りの通信速度】

端末 理論値 実測値
HOME L02 867Mbps 30Mbps〜40Mbps
HOME 01 440Mbps 20Mbps〜30Mbps

【通信制限】

  • 1ヶ月に30GBを超えると128kbpsまで制限。
  • 3日間で10GBを超えると翌日の夜間に1Mbpsまで制限

次の項から詳細に解説していくので、詳しく知りたい方は読み進めてみてください。

【関連記事】

【3万円お得】auスマートポートをキャッシュバック付きで申込む裏技!

auスマートポートの通信速度(実測値)を解説

まずは結論からお伝えします。

auスマートポートには「HOME L02」と「HOME 01」という2種類の端末があるのですが、それぞれの端末の最大通信速度は下記のようになっています。

L02 01
外観
下り速度 867Mbps 440Mbps
上り速度 75Mbps 30Mbps

ただ、「これは最大でこれくらいの速度が出ますよ〜」という理論値です。

では、実際にどれくらいの速度が出るのかというと、

HOME L02は30Mbps〜40Mbps。

HOME L02の通信速度

↑HOME L02のスピードテストの結果↑

HOME 01は20Mbps〜30Mbpsといったところです。

HOME 01の通信速度の実測値

↑HOME 01のスピードテストの結果↑

何回かスピードテストをしてみましたが、全体を通して速度は「HOME L02」の方が速かったです。

たかし

これは広島の市街地から少し離れた鉄筋コンクリート造のマンション内での速度なので、環境によってはもう少し速度は上がると思います。

最大通信速度が867Mbpsなのに30Mbps〜40Mbpsしか出ないと聞くと「遅い!!」と思うかもしれませんが、高画質の動画を視聴す場合でも10Mbpsあれば充分です。

30Mbpsも出ていれば動画もストレスなく観れるしオンラインゲームもできるので、あまり通信速度を心配する必要はありません。

たかし

AmazonプライムビデオのHD動画を視聴する場合の推奨速度は3.5Mbpsです。

この数値で考えると20Mbpsあれば充分合格点と言えます。

どれくらいの容量で通信制限にかかるの?

auスマートポートには2種類の通信制限があります。

まず1つ目が月々の最大容量を超えた場合。

そしてもう1つが3日間で10GBを超えた場合です。

月間の容量を超えた場合の通信制限

auスマートポートは最大で月に30GBまで使えます。

30GBを超えた場合は128kbpsまで速度が制限されてしまいます。

128kbpsというのはかなり厳しい制限でyahooのトップページを開くのにもストレスを感じるレベルです。

3日間で10GBを超えた場合の制限

また、3日間の合計通信量が10GBを超えた場合にも通信制限にかかります。

ただ、この場合の通信制限は比較的ゆるい制限で1Mbpsくらいの速度は出ます。

1Mbpsというのはyoutubeの普通画質の動画が視聴できるレベルなので比較的ストレスは少ないです。

制限にかかるのもオーバーした翌日の夕方から深夜の時間帯なので昼間にネットを使う場合は関係ありません。

さらに10GBというはyoutubeの普通画質の動画を2日間見続けるくらいの容量です。

【10GBの目安】

なので3日間で10GBの制限はあまり気にする必要はなく、注意しなければいけないのは1ヶ月で30GBという容量です。

月々30GBの制限を回避する方法

そうなると何とかして30GBを超えるのを防ぎたいと思いますよね?

実はauスマートポートの30GBの制限を回避する方法が1つだけあります。

それはauスマートポートを「UQモバイル」から申込むことです。

実は「au」と「UQモバイル」はグループ会社です。

なので「HOME L02」、「HOME 01」という同じ端末を取り扱っています。

もっと簡単にいうと、同じに別の名前をつけて販売している訳です。

端末が同じなので通信速度や通信エリアは同じです。

ただサービス内容が異なり、「UQ版」は月々の上限なしで利用することができます。

しかもWEBキャンペーンを使って申込めば、月々の料金はauで申込むより安くなります。

簡単にいうと、auスマートポートは「au版」を申込むより「UQ版」を申込んだ方がお得な訳です。

はっきり言って「au版」を申込むメリットはありません。

なのでauスマートポートの通信制限が気になる方は「UQ版」を申込むのがベスト。

下記のWEBキャンペーンを利用すれば3万円を超えるキャッシュバックももらえるのでチェクしてみてください。

【3万円を超えるキャッシュバックも付く】

WEBキャンペーンの詳細はこちら

auとUQの料金はどれくらい違うの?

auスマートポートは「au版」を申込むより「UQ版」を申込む方がお得だとお伝えしましたが、どれくらい料金が違うのでしょうか?

auとUQ版のWEBキャンペーンを行なっているGMOとくとくBBというプロバイダから申込んだ場合の月額料金を比較してみました。

au GMO
ギガ放題 4,380円 4,263円
7GBプラン 3,696円 3,609円

※auのギガ放題は2年間だけ4,380円でそれ以降は4,880円になります。

通常の月額料金を比較しただけでもGMOとくとくBBの方が安いことがわかりますよね?

月々はわずかな違いですが、2年間使用した場合で比較するとギガ放題で2,808円、7GBプランで2,088円もGMOとくとくBBの方が安くなります。

さらにGMOとくとくBBは3万円を超えるキャッシュバックがつくので、実質の利用料金はさらに安くなります。

仮に3万円のキャッシュバックがついた場合、3年(36ヶ月)で割ると1ヶ月あたり833円。

ギガ放題の月額料金の4,263円から833円を引くと3,430円になるので、月々3,500円以下でauスマートポートが使えることになります。

【3万円を超えるキャッシュバックが付く】

WEBキャンペーンの詳細はこちら

auのスマホを使っている人はさらに割引

auスマートポートを申込もうと思った人の中には、「auのスマホ使ってるからセット割りがあるんだよね・・・」と思った人も多いと思います。

でも安心してください。

GMOとくとくBBから申込みをしてもauスマホとのセット割りは適用されます。

GMOとくとくBBは

  • auスマートバリューmine
  • ギガMAX月割り

という2つの割引が適用になるので、auスマホの利用者は最大で1,000円。

UQモバイルの利用者は最大で300円のスマホ代が割引されます。

なので正直に言ってしまうと、auでスマートポートを申込むメリットはありません。

スマートポートを契約するのであれば下記のキャンペーンを利用するのがおすすめです。

関連記事→GMOとくとくBBのWiMAXキャンペーンを選ぶべき5つの理由!メリットを詳しく解説!

auスマートポートの速度や通信制限のまとめ

auスマートポートは実測値で20Mbps〜40Mbpsくらいの速度が出ます。

契約プランにもよりますが1ヶ月で30GBまで使え、この容量をオーバーすると128kbpsまで通信制限がかかります。

また、3日間の通信料の合計が10GBを超えた場合も翌日の夜間に1Mbpsまで通信が制限されます。

このうち、月々30Mbpsの通信制限は「au」のグループ会社である「UQ」から申込みをすることで回避することができます。

月々の上限がなくなり、月額料金もauより安くなるので、auスマートポートを申込む場合はこのキャンペーンを利用するのがおすすめ。

また、端末の性能は「HOME L02」の方が良く、通信速度が速いので、端末選びに迷ったら「HOME L02」を選ぶのがベストです。