2019年1月に発売されたWiMAXの「Speed Wi-Fi NEXT W06」。

前作のW05、ライバル端末のWX05と比較してもかなり性能が良くなっています。

なので、これからWiMAXを契約するのであれば端末はW06がおすすめです。

では具体的に、W06はどのようなスペックでどのような特徴があるのでしょうか?

今回は『Speed Wi-Fi NEXT W06』の性能や特徴について詳しく解説していきます。

↓W06がお得に申し込めるキャンペーンはこちら↓

Speed Wi-Fi NEXT W06の特徴を簡単に解説!

W06の特徴をざっくりまとめると下記のような感じです。

  • 通信速度が速いので動画視聴も快適にできる。
  • 高性能アンテナを搭載で室内でも安定した通信ができる。
  • バッテリーの持続時間も半日持つの合格点。

まず、W06の一番の特徴は通信速度の速さ。

そしてアンテナの性能が強化されたことになります。

一言でいうと、通信速度と安定性が大幅にアップしたモバイルルーターになっているということ。

前作のW05、ライバル端末のWX05を大きく引き離しています。

【関連記事】

W06とWX05はどっちがおすすめ?性能の違いを比較した結果!

W06は通信速度の速さが一番の魅力

今までのWiMAXのモバイルルーターは、光回線のように1Gbpsという速度を出すことはできませんでした。

しかしW06は、USBケーブルでW06とパソコンを接続することで、1Gbpsを超える速度がでます。

もちろん1Gbpsといってもフルパワーを発揮した時の数値なので、常にこの速度が出る訳ではありません。

ただ、それだけの性能を持っているモバイルルーターなので、通常の通信速度も速くなる傾向があります。

実際に使ってみると、速度は平均で30Mbps~40Mbpsといったところです。

高画質の動画を観る場合でも速度は15Mbpsあれば充分。

なので、パソコンで高画質の動画を視聴することが多い人に向いています。

実際にW06を使った感想は下記の記事にまとめているので参考にしてください。

W06を使った感想をレビュー!口コミや評判との違いを検証してみた!

どれくらい速い?W06の通信モード別の速度を解説

W06では通常の『WiMAX2+』の通信の他に『au 4G LTE』という電波を使ったハイスピードプラスエリアモードというのがあります。

簡単に言うと、

『WiMAX2+』→普段の通信で使う通常モード

『au 4G LTE』→電波の悪い場所や新幹線での移動中に使うサブモード

というような感じです。

そして、それぞれの通信速度は下記のようになっています。

通常モード 下り最大558Mbps
サブモード 下り最大867Mbps

そして、USBケーブルでパソコンとW06を繋いで、サブモードで通信をした場合の最大通信速度が1.2Gbpsとなります。

スマホの利用がメインの人は通常モードでWi-Fi接続すれば充分。

パソコンで大容量のデータをやり取りする人は、USB接続をすればさらに安定した通信ができる。

こんな感じで、W06は利用用途に合わせて使い分けられるようになっています。

→W06がお得に申し込めるキャンペーンはこちら

高性能アンテナで電波が入りやすくなった

WiMAXは室内などでは電波の入りが弱まり、通信が不安定になることがあります。

ただ、W06では強力なアンテナを搭載して、この欠点をカバーしています。

Speed Wi-Fi NEXT W06に搭載されているのは『高性能ハイモードアンテナ』と呼ばれるもの。

このアンテナを搭載したことで電波のつかみ具合が大幅に改善されています。

さらに『ビームフォーミング』という、スマホやパソコンに向けて電波を送り出すパワーを強化しているので、従来の機種よりも室内で電波が届きやすくなっています。

簡単に言うと、室内でも電波が入りやすくなって通信も安定するようになった訳です。

下記の写真はコンクリート造りのビルの奥の方にある部屋なのですが、この場所でも問題なくネットに接続できています。

W06は前機種であるSpeed Wi-Fi NEXT W05と比較して電波の届きにくい場所での受信速度がおよそ20%向上しているので、屋内でより快適に利用できます。

W06がお得に申し込めるキャンペーンはこちら

バッテリーの持続時間も合格点

では、W06は具体的にはどのくらいバッテリーが持つのでしょうか?

正直、ライバル端末のWX05と比較すると、連続して使い続けることができる時間はわずかに短いです。

 機種 W06 WX05
画像  
通信時間 9時間 11.5時間
待受時間 800時間 700時間

ただ、これくらいの時間差なら体感ではほとんど違いは分かりません。

なので、

「W06はWX05よりもバッテリーが長持ちしないようだけど大丈夫かな・・」

「電車の中とかで使ってたらすぐに充電がなくなったりしないかな・・・」

という心配はしなくても大丈夫。

普通に使っていても半日は余裕で持ってくれます。

通信モード 連続通信時間
ハイパフォーマンス 約430分(7時間)
スマート 約540分(9時間)
バッテリーセーブ 約700分(11時間)
たかし

W06は通信速度とバッテリー消費のバランスをとったスマートモードという通信モードが初期設定となっています。

スマートモードの場合は約540分(9時間)はバッテリーが持続するようになっています。

もっとバッテリーを長持ちさせたい場合は『バッテリーセーブモード』にすれば、バッテリーの持続時間を約11時間40分まで伸ばすことができます。

→W06がお得に申し込めるキャンペーンはこちら

まとめ

Speed Wi-Fi NEXT W06は前作のw05から大幅に進歩し、最大で1.2Gbpsの速度が出るようになっています。

さらに電波の受信感度を向上させるアンテナが付いて、通信の安定性も向上しました。

ライバル端末のWX05と比較しても性能は大きくリードしているので、これからWiMAXを契約するのであればW06を選ぶのがおすすめです。

W06はGMOとくとくBBというプロバイダのキャンペーンを使って申込むと、端末が無料でもらえるうえにキャッシュバックも付きます。

さらに公式ページから申込んだ場合と比較して月額料金も安くなります。

なので、W06を購入する場合はこのキャンペーンを利用するのがおすすめです。

↓W06を申込むと3万円を超えるキャッシュバックがもらえる↓