コンセントに挿すだけで使えるWi-Fiを比較!au/SoftBank/ドコモで一番おすすめは?

コンセントに挿すだけでインターネットが使えるホームルーター。

あなたはどのメーカーで契約すればいいか迷っていませんか?

ホームルーターは

  • ドコモ
  • ソフトバンク
  • au

の3つのメーカーがそれぞれ取り扱っています。

基本的には、どのサービスも通信速度や通信エリアに大きな違いはないので、自分が利用しているスマホと同じメーカーのホームルーターを契約して、スマホとのセット割引を利用するのがベストです。

使っているスマホセット割が使えるホームルーター
・ドコモドコモのホームルーター
・ソフトバンクソフトバンクエアー
・au
・UQモバイル
WiMAX

スマホのセット割は、月々500円~1,000円の料金がスマホ代から割引されます。

ただ、上記のメーカ以外のスマホを使っていたり、ホームルーターの性能を重視して選びたいという人もいると思います。

そこで今回は、インターネットの受付窓口で働いていた経験を持つ筆者が、コンセントに挿すだけで使えるWi-Fiの中でおすすめのサービスを紹介していきます。

それぞれの料金や性能を分かりやすく比較しているので参考にしてください。

ドコモのホームWi-Fi
ソフトバンクエアー
4万円のキャッシュバック実施中!
WiMAX
5,000円のキャッシュバック実施中!

ドコモ、ソフトバンク、auのコンセントに挿すだけWi-Fiの料金と性能を比較

まず、ドコモ、ソフトバンク、auのコンセントに挿すだけで使えるホームルーターを比較してみましょう。

通信速度や料金を比較すると下記のようになります。

ドコモソフトバンクau(UQ)
端末
端末名HR01エアターミナル4HOME 5G L11
月額料金(税込)4,950円5,368円4,818円
初期費用3,300円3,300円3,300円
端末料金59,400円21,780円
最低利用期間2年2年
通信速度5G:4.2Gbps
LTE:1.7Gbps
LTE:962Mbps5G:2.2Gbps
WiMAX2+:440Mbps
スマホとのセット割home 5G セット割
最大1,100円
おうち割 光セット
最大1,100円
auスマートバリュー
最大1,100円
ソフトバンクエアーは2年更新、端末12回の分割購入で計算

この表だけだと分かりにくいと思うので、ザックリと概要をお伝えします。

まず、月額料金はどのサービスもトータル5,000円前後です。

端末を一括か分割で購入する必要があるのですが、それも含めてだいたい5,000円前後だと思っておいてください。

最低利用期間は2年なので、2年後の解約無料期間内に解約すれば解約金はかかりません。

ただ、端末を36カ月の分割払いで購入する場合は、実質の最低利用期間は3年になるので注意してください。
(ソフトバンクエアーの場合は違約金なしで解約しようと思ったら実質の最低利用期間は4年になります。)

同じグループのスマホを使っている人は、スマホとのセット割で最大1,100円安くなるので、持っているスマホと組み合わせて利用しましょう。

では、割引対象のスマホを使っていない人は、どのホームルーターを選べばいいのでしょうか?

筆者のおすすめはau系列のWiMAXです。

おすすめの理由は月額料金や端末代金が安いので、トータルで計算しても安くホームルーターが使えるからです。

そしてもう1つが「通信制限の基準が明確である」ということ。

次の項で詳しく解説しますが、通信制限の基準が明確に示されているというのはとても重要なポイントです。

ドコモのホームWi-Fi
ソフトバンクエアー
4万円のキャッシュバック実施中!
WiMAX
5,000円のキャッシュバック実施中!

通信制限がかけられる時の基準を比較

ホームルーターは短期間に大容量のネット通信をすると、通信制限がかかります。

ドコモ、ソフトバンク、auでそれぞれ基準は異なるのですが、ザックリと紹介すると下記のようになります。

サービス名通信制限がかかるとき
ドコモ直近3日のデータ量が多い、一定時間内に大量のデータ通信があった場合。
ソフトバンクエアー混雑する時間帯や動画視聴時など
WiMAX(au)直近3日の通信量の合計が15GBを超えたら。

WiMAXには『3日間で15GB以上使ったら通信制限』という明確な基準があります。

しかし、ドコモやソフトバンクはサービス提供元の判断で勝手に通信制限がかけられてしまいます。

WiMAXだと、「昨日、動画を観すぎたから今日は控えとこう・・。」という判断ができますよね?

しかしドコモやソフトバンクエアーは混雑する時間帯や動画を観ただけで通信制限がかかってしまうので、使いたい時に使えないというデメリットがあります。

正直、これはとても不便です。

なので動画を快適に見たり、オンラインゲームで思いっきり遊びたい人にはWiMAXの方がおすすめです。

では、WiMAXの「3日間で15GB」ってどれくらいの容量なのでしょうか?

3日間で15GBというのは、Youtubeの普通画質の動画が約70時間も視聴できるくらいの容量。

よほどのヘビーユーザーでない限り、そうそう超える数値ではないのであまり心配しなくても大丈夫です。

しかも、万が一、容量をオーバーしてもWiMAXの制限がかかるのは19時~深夜2時までの6時間限定です。

昼間にインターネットを使うぶんには通信制限は全く関係ないというのもプラスポイントです。

ドコモのホームWi-Fi
ソフトバンクエアー
4万円のキャッシュバック実施中!
WiMAX
5,000円のキャッシュバック実施中!

コンセントに挿すだけで使えるWi-Fiの最大通信速度を比較

次に、それぞれのサービスの最大通信速度を比較してみましょう。

「最大」なので常にこの速度が出る訳ではありませんが、5G(第5世代通信)に対応しているドコモのホームルーターが一番最速。

サービス名通信制限がかかるとき
ドコモ4.2Gbps
ソフトバンクエアー962Mbps
WiMAX(au)2.2Gbps

次に、WiMAXのホームルーターが2.2Gbpsとなっています。

ソフトバンクは962Mbpsとかなり差をつけられています。

1Gbps=1000Mbpsです。

ただ、ハッキリ言って通信速度は10Mbpsくらい出ていれば、ネットサーフィンをするのにも高画質動画を見るのにも十分な速さです。

基本的にどのサービスを使っても、そこまで大きく体感速度は変わらないと思うので、トータル料金が安く、通信制限の基準も明確なWiMAXをおすすめします。

ドコモのホームWi-Fi
ソフトバンクエアー
4万円のキャッシュバック実施中!
WiMAX
5,000円のキャッシュバック実施中!

まとめ

今回はドコモ、ソフトバンク、auの3つのメーカーの、コンセントに挿すだけで使える据え置き型Wi-Fiを比較しました。

最後に簡単に内容をまとめると下記のような感じです。

ドコモソフトバンクau(UQ)
端末
端末名HR01エアターミナル4HOME 5G L11
月額料金(税込)4,950円5,368円4,818円
初期費用3,300円3,300円3,300円
端末料金59,400円21,780円
最低利用期間2年2年
最大通信速度4200Mbps962Mbps2200Mbps
スマホとのセット割最大1,100円最大1,100円最大1,100円
ソフトバンクエアーは2年更新、端末12回の分割購入で計算

基本的には自分が使っているスマホと同じメーカーの置くだけWi-Fiを選び、スマホとのセット割を適用するのが王道です。

セット割の対象となるスマホを使っていない場合はWiMAXのホームルーターがおすすめ。

トータル料金が安く、通信制限の基準も明確なので一番使いやすいと思います。

ドコモのホームWi-Fi
ソフトバンクエアー
4万円のキャッシュバック実施中!
WiMAX
5,000円のキャッシュバック実施中!