コンセントに挿すだけでインターネットが使える「据え置き型のWi-Fi」。

あなたはどのメーカーで契約すればいいか迷っていませんか?

 

ドコモは据え置き型のWi-Fiを取り扱っていないので、実質はau(WiMAX)とSoftBankで選ぶことになるのですが、どちらの方が性能がいいのかで迷っている人がとても多いです。

 

そこで今回は、コンセントに挿すだけで使えるWi-Fiを販売している4社の端末を徹底的に比較してみました。

最後まで読んでもらえば料金が安く、通信速度もバッチリのサービスが分かるので参考にしてください。

 

主要3社!コンセントに挿すだけWi-Fiの料金と性能を比較

まず、主要メーカの据え置き型Wi-Fiを比較してみましょう。

ドコモは取扱をしていないので、メインで比較するのは下記の3社になります。

 

メーカー ソフトバンクエアー au UQ WiMAX ドコモ
端末 取扱なし
通信速度 962Mbps 1,237Mbps 867Mbps
利用上限 上限なし 上限なし 上限なし
通信制限 動画視聴時など 3日で10GB 3日で10GB
月額料金 4,880円 4,292円 4,380円

※通信速度は下りの最大値。月額料金は割引前の料金で比較しています。

 

『au』と『UQ』はグループ会社なので同じ商品を取り扱っているので、実際には『au系列vsソフトバンク』という図式になります。

 

では、この中でどのサービスを選ぶのが良いのでしょうか?

それは間違いなくWiMAXの『HOME L02』です。

 

WiMAXをおすすめする理由は、

 

  • 月間の容量の上限がない
  • 通信制限の基準が明確
  • 最大通信速度が速い
  • 利用者の評判がいい
  • 3万円近いキャッシュバックがもらえる

 

という5つのメリットがあるからです。

 

では、次の項でこの5つのメリットを詳しくみていきましょう。

 

 

WiMAXをおすすめする5つの理由

月間の容量の上限がない

コンセントに挿すだけWi-Fiを使うのは自宅がメインですよね?

だとすれば、あなただけでなく家族みんながWi-Fiに接続するので、通信量は膨大なものになってしまいます。

 

  • お父さんがパソコンで仕事
  • お母さんがタブレットを見ながら料理
  • 長男がスマホでオンラインゲーム
  • 次男がyoutubeで動画視聴
  • 長女がインスタで写真投稿

 

毎日こんな感じで使っていたら、通信容量はすぐに50GBくらいオーバーしてしまいます。

 

なので、据え置き型Wi-Fiを契約するなら上限のないプランを選ぶのがベスト。

そういった意味では、WiMAXとソフトバンクエアーは月の使用量の上限がないので、思う存分インターネットを楽しむことができます。

 

 

通信制限の基準が明確

先程解説したように、WiMAXとソフトバンクエアーには月のデータ量の上限が決められていません。

ただ、使用量や利用用途によって個別に通信制限がかけられることがあります。

 

それぞれのサービスの通信制限の条件はこんな感じ。

 

サービス名 通信制限がかかるとき
WiMAX 3日で10GB以上使ったら
ソフトバンクエアー 混雑する時間帯や動画視聴時など

 

WiMAXは『3日間で10GB以上使ったら通信制限』という明確な基準があります。

しかし、ソフトバンクはサービス提供元の判断で勝手に通信制限がかけられてしまいます。

 

WiMAXだと、「昨日、動画を観すぎたから今日は控えとこう・・。」という判断ができますよね?

しかしソフトバンクエアーは混雑する時間帯や動画を観ただけで通信制限がかかってしまうので、使いたい時に使えないというデメリットがあります。

 

正直、これはとても不便です。

 

 

なので動画を快適に見たり、オンラインゲームで思いっきり遊びたい人にはWiMAXの方がおすすめです。

 

では、WiMAXの「3日間で10GB」ってどれくらいの容量なのでしょうか?

3日間で10GBというのは、Youtubeの普通画質の動画が47時間(約2日)も視聴できるくらいの容量。

 

 

よほどのヘビーユーザーでない限り、そうそう超える数値ではないのであまり心配しなくても大丈夫です。

しかも、万が一、容量をオーバーしてもWiMAXの制限がかかるのは19時~深夜2時までの6時間限定です。

 

昼間にインターネットを使うぶんには通信制限は全く関係ありません。

 

関連記事→WiMAXの通信制限はいつから始まる?速度はどのくらい遅くなるの?

 

最大通信速度はWiMAXの方が速い

「最大」なので常にこの速度が出る訳ではありませんが、最高速度はWiMAXの方が速いです。

 

サービス名 最大通信速度(下り)
WiMAX 1,237Mbps
ソフトバンクエアー 962Mbps

 

さらに高速で使えるエリアが東京都や大阪府、埼玉県など、どんどん拡大していっています。

一方、ソフトバンクエアーの962Mbpsに対応しているのは千代田区、中央区など、東京都の一部地域のみ。

それ以外の地域では481Mbpsや261Mbpsとなってしまいます。

 

高速通信のエリアが広く、速度が出やすい傾向にあるので、選ぶならWiMAXの方がおすすめです。

 

 

利用者の評判がいい

では、実際の利用者の評判はどうなのでしょうか?

利用者の生の声はこんな感じです。

 

 

最後の口コミにもあるように、WiMAXとソフトバンクエアーを比較した場合、WiMAXの方が優れているという評判が多いです。

 

 

キャッシュバックキャンペーンが適用される

WiMAXは『UQ』と『au』が取り扱っているのですが、これはどちらも同じものです。

なので通信速度や通信エリアも変わりません。

 

ただ1つの大きな違いは、『UQ』の代理店のWEBキャンペーンを利用すればキャッシュバックが付くということ。

公式ページから申込むと1万円のキャッシュバックしか付かないのですが、GMOとくとくBBという代理店のWEBキャンペーンを使えば3万円を超えるキャッシュバックが付きます。

 

このキャンペーンを利用することで実質の利用料金が安くなるので、コンセントに挿すだけで使えるWi-Fiを契約するならWiMAXがおすすめです。

 

WiMAXのWEBキャンペーンはこちら

 

まとめ

今回は4つのメーカーの3種類の据え置き型Wi-Fiを比較しました。

最後に簡単に内容をまとめると下記のような感じです。

 

WiMAX ソフトバンク
上限を気にせず家族で使える
通信速度が速い
通信制限にかかりにくい
キャッシュバックが高い
実質の月額料金が安い

 

『UQ WiMAX』と『au WiMAX』はグループ会社の同じサービスなので、どちらで契約しても通信速度や通信エリアは変わりません。

ただ、3万円を超えるキャッシュバックが付くので、必ず代理店のWEBキャンペーンを使ってUQ WiMAXを申込むようにしましょう。

 

 

関連記事→WiMAXのHOME L02を使った感想をレビュー!使い心地を評価!