俳優の佐藤二朗さんと女優の今田美桜さんがCMに出演している「どんなときもWi-Fi」。

場所を選ばずにどこでも使えるので「どこでもWi-Fi」とも呼ばれていますが、正しくは「どんなときもWi-Fi」という名前です。

 

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら

 

どんなときもWi-Fiは完全無制限で使えるポケットWi-Fiということで大人気。

一時は端末の製造が追いつかなくなるくらい注文が殺到していました。

 

では、どんなときもWi-Fiはどうしてこんなに評判が良いのでしょうか?

今回は人気の理由と、利用者の評判をまとめてみました。

 

これからどんなときもWi-Fiを申込もうと思っている方は参考にしてください。

 

どんなときもWiFi(芸能人有)

 

どこでも使えるって本当?「どんなときもWi-Fi」の魅力とは?

最初にもお伝えしたように、佐藤二朗さんと今田美桜さんがCMをしているのは「どこでもWi-Fi」ではなく「どんなときもWi-Fi」。

結構、名前を間違えて覚えている人も多いようですね。

 

 

2人の絶妙な掛け合いのCMで人気が出たのもありますが、実はこの「どんなときもWi-Fi」は、今までのモバイルWi-Fiと大きく異なる特徴が2つあります。

 

それが

 

  • 完全無制限で使える
  • ドコモ、ソフトバンク、auの電波がすべて使える

 

という2点。

 

これが今までにないサービスだったため、販売開始と同時に大人気になっています。

 

その証拠に実際に使っている人の評判も上々。

という訳で、ここからは実際の利用者の評判と口コミを見てみましょう。

 

どんなときもWi-Fiの利用者の評判まとめ

どんなときもWi-Fiの利用者の評判はこんな感じ。

何よりも「ちゃんと速度が出るか不安だったけど、問題なく使えてる」という声が多いです。

 

 

利用者の声を見ると、動画視聴やネットサーフィーンには充分な速度が出ていることが分かります。

そして気になる通信制限に関してですが、これは本当にどれだけ使っても速度を制限されることはありません

利用者の口コミはこんな感じ。

 

 

他にも、「月に100GB使っても通信制限にかからなかった」という口コミもあるので、通信速度や通信制限に関しては心配しなくても大丈夫です。

どんなときもWi-Fiの公式Twitterでもハッキリと通信制限がないと明言しているので、動画もオンラインゲームもバッチリ楽しめます。

 

 

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら

 

どんなときもWi-Fiの悪い評判ってどんな感じ?

ここまでは良い評判を取り上げてきましたが、中には「満足できなかった・・・」という声もあります。

ただ、「全く使えない」とか「動画がカクついて見れない」というものではなく、どちらかというとちょっとした不満という印象です。

 

まず最初の口コミがこれ。

 

 

PUBGというのはFPSと呼ばれるオンラインゲームのことなのですが、FPSは元々モバイルルーターで遊ぶには少し無理があります。

なので、この部分はちょっと仕方ない気がします・・。

 

FPSなどのオンラインゲームをガチでやりたい人は光回線一択。

もし、自宅に光回線が引けないというのであれば、最悪でもWiMAXのホームルーターを選択するのがベストです。

 

【関連記事】

WiMAXでオンラインゲーム(FPS)はできる?PING値で検証した結果!

 

次は通信速度が安定しないという口コミ。

 

 

こんな感じで場所によっては速度が安定しないこともあるようです。

ただ、他のWi-Fiがダメだった田舎でも、どんなときもWi-Fiなら快適に利用できたという口コミもあります。

 

 

なので、こればっかりは本当に使う場所によって変わってしまうようです。

 

ただ、安定しないとは言っても動画視聴やネットサーフィンには充分な速度がでています。

なのでこの部分に関しても、あまり気にする必要はないというのが正直な感想です。

 

万が一、「田舎なので使えるかどうか不安・・・」という場合は、どんなときもWi-Fiをトライアルで試してみるのがおすすめです。

Wi-Fiには8日間以内なら違約金なしで解約できるという実質のお試し期間として利用することができます。

詳しくは下記の記事にまとめているので参考にしてください。

 

【関連記事】

どんなときもWi-Fiってお試しできるの?トライアルで使う方法を解説!

 

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら

 

どんなときもWi-Fiの評判が良い2つの理由

月々の上限と3日間の利用制限なしで使える

今まで販売されていたモバイルWi-Fiには、「月々50GBまで」や「3日間で10GBまで」という通信の制限が設けられていました。

例えば僕の使っているWiMAXは、月々の上限はありませんが3日間で10GB以上使うと通信制限がかかります。

 

 

それが、どんなときもWi-Fiだと両方の制限がありません。

つまり、今までになかった完全無制限で使えるモバイルルーターになっている訳です。

 

動画を毎日に視聴する人にとっては「3日間で10GBの制限」はちょっと不便ですよね?

 

なので、

  • 動画が途中で止まってイライラする
  • 通信制限が気になって心おきなく動画が見れない
  • ダゾーンなどの読み込みに時間がかかる

という人は、どんなときもWi-Fiを選んでおけば通信制限に悩まされることはありません。

 

 

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら

 

【関連記事】

どんなときもWi-FiとWiMAXはどっちが安い?料金や速度、通信制限を比較!

 

3種類の電波を選んで使えるのでエリアが広い

今までのモバイルルーターは、ドコモ、ソフトバンク、auのどれかが使えるSIMカードを使って、1つの電波で通信するのが普通でした。

例えば、WiMAXならau系のSIMカードを挿して通信を行っています。

 

 

しかし、どんなときもWi-Fiは「ドコモ、ソフトバンク、au」の電波の中から自動で電波を選んでネットに接続してくれるので、ソフトバンクの電波が弱い場所ではドコモといった感じで、その場所に最適な電波で通信ができます。

 

これは「クラウドSIM」という新しい技術を使っているから。

どんなときもWi-Fiの「D1」という端末はSIMカードを挿す必要がなく、サービス提供元でSIMの切り替えを行ってくれます。

 

イメージとしては下記のような感じですね。

 

 

地下鉄の走行時や田舎など、どこでも電波が入りやすいのは、このクラウドSIMでその場に最適な電波を提供してくれるからです。

どんなときもWi-Fiのモバイルルーターに関しては下記の記事で解説しているので参考にしてください。

 

【関連記事】

どんなときもWi-Fiの端末「D1」の性能と特徴を詳しく解説!

 

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら

 

今回の記事のまとめ

佐藤二朗さんと今田美桜さんがCMをしているどこでも使えると有名なWi-Fiのサービスは「どんなときもWi-Fi」というサービス名です。

 

  • 通信制限なしの完全無制限
  • ドコモ+ソフトバンク+auの3種類の電波でエリアが広い
  • 田舎や地下鉄の走行中でも快適に使える
  • 通信速度も速い

 

という理由で、実際の利用者の評判も良いです。

 

今、1番勢いがある人気のルーターなので、申込みを迷っている方にはおすすめです。

公式ページで詳細が確認できるので、気になる方はチェックしてみてください。

 

どんなときもWi-Fiの公式ページはこちら

 

【関連記事】

毎月930円の割引!どんなときもWi-Fiのお得なキャンペーンがコレ!