「WiMAXは自宅の固定回線としても使えるの?」

「光回線を引かずにWiMAXだけでもインターネットは問題ない?」

 

開通工事の手間がなく、初期費用もかからないので、WiMAXが固定回線代わりに使えればとても便利です。

ただ、「光回線と比べて通信の安定性や速度は大丈夫なのかな?」という不安がありますよね?

 

僕もWiMAXが固定回線の代わりに使えるのかとても心配でした。

 

そこで今回は、「WiMAXは固定回線の代わりに使えるのか?」ということを実体験をもとに書いていきたいと思います。

光回線にするかWiMAXにするか悩んでいるのであれば参考にしてください。

 

WiMAXは固定回線代わりに使えるの?その結論がコレ!

まず最初に結論をお伝えします。

僕も実際に使っていますが、WiMAXを固定回線代わりに使うことは十分に可能です。

 

WiMAXは性能がどんどん良くなってきているので、通信の安定性や速度には問題はありません。

動画もストレスなく視聴できるし、通信量の上限がないので思う存分インターネットが使えます。

 

 

なので、光回線と比較しても大差は感じません。

 

唯一の違いは、WiMAXは通信量が3日で10GBを超えると夜間だけ通信制限がかかることですが、よほどのヘビーユーザーでない限り10GBを超えることはありません。

 

そのため、

 

  • 一人暮らしをしている
  • たまにネットサーフィンをするだけのライトユーザー
  • ブログを書いたり、ワードやエクセルを使うだけ
  • Youtubeなどの動画を毎日見ない
  • オンラインゲームをやらない

 

という人はWiMAXだけでも十分です。

 

 

WiMAXを固定回線の比較

ではWiMAXと光回線はどちらが優れているのでしょうか?

WiMAXと光回線を使って分かった、メリットを比較してみました。

 

WiMAX 光回線
開通までの期間が短いのは?

(即日~3日)

×

(1ヶ月以上)

開通工事が不要なのは? ×
工事料金が安いのは? ×
通信速度が速いのは?
通信制限がないのは? ×
月額料金が安いのは? ×
オンラインゲームはできる?
動画視聴はできる?
最初の設定が簡単なのは? ×

 

ざっと比較するとこんな感じ。

WiMAXで気になるのは『通信制限』の部分のみで、それ以外は光回線と変わりません。

 

10GBというのはYoutubeの動画(普通画質)を47時間見られるくらいの容量なので、3日間でオーバーすることはそんなにありません。

 

【10GBでできることの目安】

 

しかも、容量をオーバーしても、『Youtubeの普通画質の動画が見られる速度が出る』+『制限される時間は夜間だけ』なので、ストレスも微々たるものです。

 

 

関連記事→WiMAXの通信制限はいつから始まる?速度はどのくらい遅くなるの?

 

そう考えると、WiMAXは固定回線の代わりにも十分使えるのでおすすめです。

 

 

WiMAXをおすすめしない人

逆にWiMAXがおすすめできないのはどんな人なのでしょうか?

それは下記に該当する人です。

 

  • 毎日、長時間の動画を視聴する
  • 高画質の動画を視聴する
  • オンラインゲーム(PS4)をする
  • Youtubeに動画のアップロードをする
  • 仕事でネットを利用する

 

こういった使い方をすると3日間で10GBを余裕で超えてしまう可能性があります。

なのでWiMAXよりも光回線の方が安心です。

 

動画を観たりオンラインゲームをプレイする事が多いという人はWiMAXよりも光回線を申込みましょう。

 

キャッシュバック付きで申込めるおすすめの光回線→NURO光の公式ページはこちら

まとめ

WiMAXは固定回線の代わりにも十分利用できます。

ただ、動画視聴をすることが多い、PS4などのオンラインゲームをすることが多いという人は、3日間で10GBをオーバーする可能性があるので、光回線を利用しましょう。

 

ネットサーフィンをしたり、たまに動画を観るというくらいであればWiMAXでも問題はありません。

 

 

WiMAXのどの端末を選んだらいいか分からない場合は下記の記事を参考にしてみてください。

 

関連記事⇒後悔しないWiMAXの端末(ルーター)の選び方!おすすめの機種はコレ!