「置くだけWi-Fiってどんな種類があって月額料金はいくらなの?」

「置くだけWi-Fiの性能を比較した時におすすめはどれ?」

「お得に申込めるキャンペーンやキャッシュバックが知りたい!」

 

今、人気が急上昇している、コンセントに挿すだけでインターネットが使える「置くだけWi-Fi」ですが、

 

ゆうたゆうた

そもそもどんなサービスなの?

使い方や契約方法がイマイチ分からない・・・。

という人がとても多いです。

 

僕はインターネットの受付窓口で働いていた経験があるので、光回線や置くだけWi-Fi、モバイルルーターなど色々なサービスを試してきました。

そして数年前まで、友達からネット回線の相談を受けた時には光回線をおすすめしていました。

ただ、最近は置くだけWi-Fiの性能やコスパが最強になってきているので、光回線よりも置くだけWi-Fをおすすめしています。

 

ここ数年で置くだけWi-Fiの性能が飛躍的に上がり、動画視聴もオンラインゲームもサクサクできるようになりました。

 

 

そのため、わざわざ高い工事料金を払ってまで光回線を契約する必要はないというのが正直なところです。

 

らいちらいち

数年前まで「置くだけWi-Fi」の最大通信速度は440Mbps程度でしたが、2019年に発売された端末は1Gbps(1,000Mbps)を超えるようになりました。

1年で倍以上の速度が出せるまでに技術が進歩し、1Gbps(1,000Mbps)という、光回線と変わらない速さになっています。

なので、これから契約するのであれば置くだけWi-Fiがおすすめです。

 

でも、置くだけWi-Fiってどんな種類があってどうやって使えば良いか分かりにくいですよね?

そこで今回は、置くだけWi-Fiを販売している4社の端末を徹底的に比較してみました。

月額料金の割引やキャッシュバックなどのキャンペーンについても詳しく解説するので参考にしてください。

 

らいちらいち

この記事では、元光回線の相談窓口で働いていた僕があなたにぴったりの置くだけWi-Fiを紹介します。一番お得に契約できるキャンペーンも網羅しているので参考にしてください。

という訳で、最初に今月のキャッシュバックキャンペーンランキングからどうぞ。

置くだけWi-Fiのキャッシュバック&割引キャンペーンランキング

  1. ソフトバンクエアー

    お得度 5.0
    快適度 4.0
    評判 4.0
    月額料金:
    3,800円(12ヶ月)
    キャッシュバック額:
    35,000円

    今月1番高額なキャッシュバックがもらえるのがソフトバンクエアー。

    利用開始から3ヶ月後に3万5000円のキャッシュバックが貰えます。

    ソフトバンクのスマホを使っている方は「おうち割光セット」が適用になり、スマホ料金も月額最大で1,000円割引。

    さらに「softbank Airスタート割り」というキャンペーンが適用になり、12ヶ月間は3,800円で置くだけWi-Fiが使えます。

    キャンペーンの評価

    家電量販店や公式ページから申込みをするとキャッシュバックは貰えませんが、今月のWEBキャンペーンを利用すれば3万5000円のキャッシュバックがもらえます。

    しかも3ヶ月後に口座に振込まれるのでもらい忘れの心配もありません。

    割引額が大きいだけでなく置くだけWi-Fiのキャンペーンの中で最高額のキャッシュバックがつくので、今月は一番狙い目です。



    キャンペーンの詳細はこちら

  2. WiMAX(GMOとくとくBB)

    お得度 4.5
    快適度 4.5
    評判 4.0
    月額料金:
    4,263円
    キャッシュバック額:
    31,550円

    2番目にキャッシュバック額が多いのがWiMAXの置くだけWi-Fi。

    auのスマホを使っている人は「auスマートバリューmine」というセット割引が適用になり、スマホ代が最大で1,000円OFFになります。

    また、UQモバイルのスマホを使っている人も「ギガMAX月割」が適用になり、スマホの利用料から300円が引かれます。

    キャンペーンの評価

    キャッシュバック額はソフトバンクエアーに負けますが、WiMAXは利用者の満足度が高いことでも知られているサービスです。

    WiMAXには「L02」と「01」という2種類の置くだけWi-Fiがあるのですが、性能は「L02」の方が上で、通信速度が速くて安定しています。

    同じキャッシュバック額なので端末は「L02」を選ぶのがおすすめです。



    WiMAXのキャンペーンはこちら

  3. ネクストモバイル

    お得度 3.0
    快適度 4.0
    評判 3.5
    月額料金:
    4,880円(税込)
    割引キャンペーン:
    月額2,325円割引(1年)

    ネクストモバイルはキャッシュバックではなく月額料金の割引キャンペーンを行っています。

    月々の上限を20GB、30GB、50GBから選ぶタイプで、上限なしのプランはありません。

     

    ただ、「3日間で10GBまでの制限」がないので、契約した容量を超えない限りは通信制限無しでネットが利用できます。

    そのため、3日で10GBの制限にかかったり、休みの日にまとめて動画を観ることが多いという人におすすめです。

    キャンペーンの評価

    キャッシュバックがないのでキャンペーンの内容はソフトバンクエアーやWiMAXよりも見劣りします。

    また30GBや50GBプランは使い放題に比べると割高になります。

     

    ただ、20GBプランは「毎月少ししかネットを使わない」というライトユーザーにはおすすめです。

    20GBプランは月額が2,760円なので、この金額で通信制限なしのネットが使えると考えるとコスパは良いです。

     

    NEXT mobile

     

    ネクストモバイルモバイルのキャンペーンはこちら

 

置くだけWi-Fiの月額料金を比較

ここからは主要メーカの「置くだけWi-Fi」を比較してみましょう。

2019年現在、「置くだけWi-Fi」を販売しているのは下記の4社になります。

 

  • ソフトバンク
  • au
  • WiMAX
  • ネクストモバイル

 

この中でauとWiMAXはグループ会社なので、販売している「置くだけWi-Fi」は同じものです。

同じ端末に「auスマートポート」という名前を付けて販売しいるだけなので、通信エリアや通信速度にも違いはありません。

 

また、ドコモも「置くだけWi-Fi」を販売しているのですが、法人専用なので個人で申込むことはできません。

そのため、私達が契約できる「置くだけWi-Fi」は下記の3種類になります。

 

メーカー ソフトバンクエアー WiMAX(au) NEXTモバイル ドコモ
端末 法人専用
通信速度 962Mbps 1,000Mbps 150Mbps
月額料金 4,880円 4,263円 4,880円
最低利用期間 2年 3年 2年
公式ページ

※通信速度は下りの最大値。月額料金は割引前の料金で比較しています。

 

では、この中でどのサービスを選ぶのが良いのでしょうか?

 

結論を先にお伝えすると、ソフトバンクのスマホを使っている人はソフトバンクエアー

auやUQモバイルのスマホを使っている人はWiMAXを選ぶのがベストです、

 

その理由は使っているスマホと組み合わせることでセット割引が適用になるから。

セット割引が適用されればスマホの月額料金が最大で1,000円OFFになります。

トータルで考えた場合の通信費を節約することができるので、基本的には自分の使っているスマホと組み合わせたサービスを使うのがおすすめです。

 

【ソフトバンクのスマホ利用の方】→ソフトバンクエアーのキャンペーンはこちら

【auのスマホ利用の方】→WiMAXのキャンペーンはこちら

 

では、ドコモや格安SIM 系のスマホを使っている人はどのサービスを選べば良いのでしょうか?

その答えは間違いなくソフトバンクエアー。

 

実際に僕も使っているのですが、

 

  • 動画もオンラインゲームもサクサク動く
  • 月額料金が安い
  • キャッシュバックが高額

 

というメリットがあるので、結果的に一番安く快適にインターネットが使えるようになります。

 

 

さらにWiMAXはキャッシュバックがもらえるのが約1年後ですが、ソフトバンクエアーは3ヶ月後に口座に振込まれます。

キャッシュバックを受け取れるのは少しでも早い方が良いですよね?

 

ドコモのスマホとのセット割引きはありませんが、「キャッシュバックが高額+早い」のでお得に「置くだけWi-Fi」が使えまます。

 

ソフトバンクエアーのキャンペーンはこちら

 

性能や通信速度の違いは?

キャッシュバックが付いて月額料金が安くなるのはソフトバンクエアー。

では、性能が良くて通信速度が速いのはどのサービスなのでしょうか?

 

まずはカタログの数値で比較してみましょう。

下記の表のような感じで、最大通信速度を比較するとWiMAXよりもソフトバンクエアーの方が速いです。

 

メーカー ソフトバンクエアー WiMAX(au) NEXTモバイル ドコモ
端末 法人専用
通信速度(下り) 962Mbps 867Mbps 150Mbps
通信速度(上り) 75Mbps 50Mbps
同時接続台数 64台 40台

※有線接続をした場合、WiMAXの通信速度は最大で1.2Gbpsになります。

 

ただ、ソフトバンクエアーとWiMAXは同じメーカーが製造した端末を使っているので、性能に大差はありません。

 

実際に使ってみても通信速度は変わらず、だいたい30Mbps〜40Mbpsくらい出ます。

動画を見たりネットサーフィンをするのには充分な速度なので、この部分はあまり気にしなくても大丈夫です。

 

 

ただ、ネクストモバイルはこの2つの端末に比べると少し性能が落ちます。

なので、選択肢は基本的にソフトバンクエアーかWiMAXの2択です。

 

では、ソフトバンクエアーとWiMAXで迷った場合はどちらを選べばいいのでしょうか?

ポイントをざっくりと比較するとこんな感じ。

 

ソフトバンク WiMAX ネクストM
上限を気にせず使える ×
通信速度が速い
通信制限にかかりにくい
キャッシュバックが高い
実質の月額料金が安い
キャッシュバック時期が早い

 

ソフトバンクエアーの方がメリットが多く、キャンペーン内容も充実しているので、迷った時はソフトバンクエアーを選んでおけば間違いありません。

次の項ではそれぞれの置くだけWi-Fiの特徴を詳しく紹介していくので参考にしてください。

 

ソフトバンクエアーのキャンペーンはこちら

 

ソフトバンクエアーってぶっちゃけどう?メリットとデメリットを紹介!

ソフトバンクエアーは「置くだけWi-Fi」の中でいちばん知名度があるサービスです。

そのため「置くだけWi-Fi」と聞くと、ソフトバンクエアーをイメージする人も多いと思います。

 

 

通信エリアが広く、田舎でも繋がりやすいという特徴があるので、僕の友達もほとんどがソフトバンクエアーの利用者。

工事が不要で月々の利用上限がないというのも大きいです。

 

 

簡単にいうと、「速度が速くて通信エリアが広くて、料金が安い」というのがソフトバンクエアーのメリットですね。

 

さすがに部屋数が20以上あるような豪邸の場合は光回線をおすすめしますが(笑)、室内でも繋がりやすい「LTE」と呼ばれる電波を使用しているので、一般的な戸建であれば問題なく使えます。

 

しかも今なら1年間は月額料金が4,880円→3,800円になる「softbank Airスタート割り」が行われています。

月々の料金が1,080円割引かれるので、1,080円×12ヶ月=12,960円もお得。

 

キャッシュバックの35,000円と合わせると約48,000円も割引されることになります。

31,550円がキャッシュバックされるWiMAXと比較してもその差は大きいですよね?

 

置くだけWi-Fiはずっと使い続けるものなのでトータルコストが安いに越したことはありません。

なので、コスパを重視するならキャッシュバックが高額な今月はチャンスです。

 

ソフトバンクエアーのキャッシュバックキャンペーンはこちら

 

ソフトバンクエアーまとめ

【メリット】

  • 工事不要ですぐに使える
  • ソフトバンクユーザーはスマホ割がある
  • 月額料金が安くなるキャンペーンが行われている
  • 3.5万円のキャッシュバックがもらえる

【デメリット】

  • 家が広すぎると電波が届きにくい

ソフトバンクエアーは

  • ソフトバンクのスマホを使っている人。
  • 安くて性能の良い置くだけWi-Fiを使いたい人。
  • お得なキャンペーンを利用して置くだけWi-Fiを申込みたい人。

におすすめです。

 

下記のWEBキャンペーンを利用すればキャッシュバック付きで申込めるので、公式ページやソフトバンクショップで申込むよりもお得です。


ソフトバンクエアーのキャンペーンはこちら

 

WiMAX(au)の置くだけWi-Fiのメリットとデメリット

キャッシュバック額はソフトバンクエアーに負けますが、使いやすくて利用者の評判が良いのがWiMAX。

僕はWiMAXの置くだけWi-Fiを事務所で使っているのですが、ソフトバンクエアーと同じく快適にインターネットに接続できます。

 

 

「端末の比較」の部分でもお伝えしたように、「性能はソフトバンクエアーと大して変わらない」というのが正直なところ。

もちろん通信エリアの広さも問題ありません。

 

詳細なエリア確認はこちら

 

WiMAXには「HOME L02」と「HOME01」という2種類の置くだけWi-Fiがあるのですが、使い比べてみた結果は「L02」の方が性能は上。

 

通信速度はだいたい30Mbps~40Mbpsくらいで、動画視聴やオンラインゲームもサクサクできます。

 

【関連記事】

WiMAXのhome 01とL02はどっちを買うべき?性能の違いを比較!

 

 

他の利用者の口コミを調べても、評判はかなり良いですね。

 

 

ただ、1つだけ不便なのが、3日間の合計利用量が10GBを超えると通信制限にかかるということ。

 

サイズの大きな画像や動画、オンラインゲームなどをダウンロードすることが多い人は少し不便に感じるかもしれません。

また、土日の休みに自宅に引きこもってずっと動画を見ているという人も3日間で10GBの制限にかかる可能性があるので注意しましょう。

 

WiMAXのWEBキャンペーンはこちら

 

あとは、キャッシュバックをもらえるのが1年後になり、受取り手続きを忘れるとキャッシュバックがもらえないというのもデメリットの1つです。

らいちらいち

ちなみに、ソフトバンクエアーのキャッシュバックは3ヶ月後に振込されるのでもらい忘れの心配はなし。

さらに3日間で10GBという制限もありません。

ソフトバンクエアーの詳細はこちら

スマホとのセット割引とキャッシュバックによる割引がある

WiMAXはauのスマホユーザーには「auスマートバリューmine」というセット割引。

UQモバイルのユーザーには「ギガMAX月割」というセット割引が適用になります。

 

「auスマートバリューmine」は最大で1,000円。

「ギガMAX月割」は300円が割引になるので、auとUQユーザーの方は組み合わせて使うとお得です。

 

関連記事→auスマ―トバリューmineのメリットは何?WiMAXの割引を最大限に活用する方法!

 

さらに、WEBキャンペーンを利用すれば、公式ページで申込むより月額料金が安くなり、3万円を超えるキャッシュバックももらえます。

しかも端末代金も無料なのでメリットが多いです。

 

auショップや家電量販店で「au版」を申込むと月額料金が高くなり、キャッシュバックも貰えないので注意してください。

 

WiMAXのWEBキャンペーンはこちら

 

WiMAXまとめ

【メリット】

  • 速度が速くて通信が安定している
  • 利用者の評判が良い
  • キャッシュバックがもらえるキャンペーンがある
  • auとUQのスマホユーザーはセット割が適用される

【デメリット】

  • 3日間で10GBを超えると通信制限がかかる
  • キャッシュバックがもらえるのが約1年後



WiMAXのキャンペーンはこちら

 

ネクストモバイルのメリットとデメリット

知名度は低いですが、ネクストモバイルという置くだけWi-Fiもあります。

 

 

選べるプランは20GB、30GB、50GBの3種類で、使い放題のプランはありません。

そのため30GB、50GBプランを選ぶのであれば、月々の上限のないWiMAXやソフトバンクエアーを契約した方がコスパが良いです。

 

ただ、ネクストモバイルはWiMAXのような「3日間で10GBまでの制限」がないのが特徴。

ソフトバンクエアーのように混雑時に通信制限がかけられることもありません。

 

なので、

 

  • ネットを使う回数は少ないけど休みの日にまとめて動画を観る
  • 3日間で10GBの制限がない方が良い
  • 月間のネットの利用量はそこまで多くない

 

という人に向いています。

 

最低利用期間が2年と短いのも嬉しいポイントです。

マイナーなサービスなので口コミは少ないですが、評判はそこそこ良いです。

 

 

ネクストモバイルは店舗などでの取り扱いはなく、公式ーページからのみ申込みができます。

詳細が気になる方は公式ページをチェックしてみてください。

 

ネクストモバイルのキャンペーンはこちら

 

【関連記事】

ネクストモバイルの今月のキャンペーン&キャッシュバックについて解説!

 

【結論】置くだけWi-Fiは「安さ+快適さ」を比較してソフトバンクエアーがおすすめ

今回、3種類の「置くだけWi-Fi」を比較して分かったのは、月額料金の安さやキャッシュバックの高さを比較した場合、1番お得になるのはソフトバンクエアーだということ。

WiMAXも悪いサービスではありませんが、トータル料金の安さとキャシュバックの高さで2~3歩リードされているような感じです。

 

ネクストモバイルは性能やお得度が物足りないというのが正直なところですね。

 

ソフトバンクエアーは通信速度が速く安定しているので、動画もオンラインゲームもサクサクできます。

なので、「置くだけWi-Fi」選びに迷ったらソフトバンクエアーを選ぶのがベストな選択です。

 

【3万円のキャッシュバック】ソフトバンクエアーのキャンペーンはこちら

 

置くだけWi-Fiの疑問を解決

ここまで「置くだけWi-Fi」キャンペーンや性能について紹介してきました。

ここからは

 

ゆうたゆうた

まだちょっと置くだけWi-Fiの仕組みがよく分からない

という方のために、置くだけWi-Fiの仕組みや使い方、設定方法などの基本的な部分を分かりやすく解説していきます。

 

ゆうたゆうた

  • 使い方は本当にコンセントに挿すだけ?難しい設定はない?
  • 一度端末を買ったら契約は必要ないの?
  • 光回線とどっちがいいのかな?
  • 置くだけWi-Fiを設置するのに工事料金はかからないの?

という疑問がある方は読み進めてみてください。

 

そもそも光回線と置くだけWi-Fiの違いって何?

光回線と置くだけWi-Fiの違いを簡単に説明すると、インターネットに接続するための電波を自宅(マンション)まで配線(有線)で引き込むか無線で接続するかです。

 

光回線は電柱から自宅やマンションの中まで配線を引き込んで、そこから各部屋へは無線(Wi-Fi)を使ってインターネットに接続できるようにします。

この、電柱から自宅の中まで配線を引き込む工程で、NTT(回線業者)などを巻き込んでの工事が発生するので、開通までに1ヶ月くらいの時間がかかり、高額な工事費も発生します。

 

一方、置くだけWi-Fiはアンテナから室内の端末まで直接電波を飛ばして、そこから各部屋へ電波を中継してインターネットに接続します。

そのため、配線を引き込む工事が必要ありません。

 

昔は技術が進歩していなかったので、室内の端末まで十分な力で電波を飛ばすことができませんでした。

そのため通信速度も遅かったので、多くの人が光回線を導入していました。

 

ただ、今は技術が進歩して無線でも強力な電波が送れるようになりました。

そのため、工事の必要がなく、コンセントに挿すだけで簡単+快適に使える置くだけWi-Fiが主流になってきている訳です。

 

らいちらいち

ちなみに、僕は光回線も使っているのですが、マンションに入っている光回線はがVDSLという電話線を使った旧式のタイプのもの。

そのため、光回線とはいっても普段の速度は15〜20Mbpsくらいです。

 

ソフトバンクエアーだと40Mbpsくらいでる時があるので、光回線よりも置くだけWi-Fiの方が速度が速いという現象が起きています(哀)。

こんな感じで、旧式の光回線を使うよりも最新の置くだけWi-Fiの方が快適ということもあるので注意してください。

 

ソフトバンクエアーのキャンペーンはこちら

 

本当にコンセントに挿すだけで使える?設置&設定方法を解説!

置くだけWi-Fiはコンセントに挿すだけで簡単にインターネットが使えるようになります。

ただ、そうは言っても「本当にコンセントに挿すだけなの?難しい設定がちょっとでもあったら嫌だよ・・・。」という人も多いと思います。

そこで申込みをしてからWi-Fiに接続するまでの流れを写真付きで分かりやすく解説します。

 

申込みをすると2〜3日で端末が到着。

 

 

中に本体と電源コード入っているので、この2つを接続しましょう。

 

 

電源コードをコンセントをに差し込んで、本体をなるべく窓際の高い場所に設置します。

 

 

らいちらいち

窓際に設置することで、家の中に飛び込んでくる電波を受信しやすくすることができます。

これで置くだけWi-Fiの準備はOK。

どうですか?簡単ですよね?

 

5分も経たないうちにネットに接続する環境が整います。

 

【設置は超簡単】ソフトバンクエアーのキャンペーンはこちら

 

パソコンの接続方法

パソコンを使ってネットに接続する場合は画面の右下(macは右上)にあるアンテナのマークをクリック。

すると接続できる電波名(SSID)が表示されます。

 

 

ソフトバンクエアーの側面にSSID(端末のコードネームみたいなもの)とパスワードがあるので、そのIDを選択します。

 

らいちらいち

IDとパスワードは端末の側面にこんな感じで記載されているのですぐに分かります。

画像引用:ソフトバンク公式ページ

するとパスワードの入力を求められるので、同じく書類に記載してあるパスワードを入力します。

 

 

パスワードを入力したら【接続】ボタンをクリック。

これでインターネットに接続できるようになります。

 

設定にかかる時間は5分くらい。

70代のうちの母親でもできたので、設置や設定に関してはあまり心配しなくても大丈夫です。

 

スマホの接続方法

スマホを置くだけWi-Fiと接続する場合は、端末によって操作方法が異なるのですが、今回はiphoneを例にして解説します。

まず、【設定】のアイコンをタップ。

 

 

【Wi-Fi】という項目をタップしましょう。

 

 

パソコンの場合と同じように、該当するSSIDを選んでパスワードを入力すればOKです。

 

 

スタバやショッピングモールのフリーWi-Fiに接続するのと同じなので、街中のカフェなどでWi-Fiを使ったことがある人なら1分で設定は終わります。

 

ソフトバンクエアーのキャッシュバックキャンペーンはこちら

 

置くだけWi-Fiは端末を購入したらそれでOK?契約は必要なの?

置くだけWi-Fiは最初にお金を払って端末を購入すれば、それ以降は使用料金がかからないというものではありません。

端末代金とは別に毎月の使用料がかかります。

 

メーカー ソフトバンクエアー WiMAX(au) NEXTモバイル ドコモ
端末 法人専用
月額料金 4,880円 4,263円 4,880円
公式ページ

 

簡単にいうと、スマホやケータイ電話と同じ仕組み。

端末(本体)を購入した後、月々の利用料を払って通信をするというイメージです。

 

ただ、基本的に置くだけWi-Fiは端末代金は実質無料で使えるようになっています。

そのため、初期費用の3,000円+月々の利用料だけがかかると思っておけばOKです。

 

端末が実質無料になるキャンペーンはこちら

 

4社(3種類)の置くだけWi-Fiを比較したまとめ

今回は3種類の置くだけWi-Fiを比較しました。

置くだけWi-Fiには

 

  • ソフトバンクエアー
  • WiMAX(au)
  • ネクストモバイル

 

の3種類があります。

ドコモも置くだけWi-Fiを取り扱っていますが、契約できるのは法人(会社)のみです。

 

そのため、3つのサービスの中から自分に合ったものを選ぶことになります。

おすすめ度を一覧で比較するとこんな感じ。

 

ソフトバンクエアー WiMAX ネクストモバイル
画像

NEXT mobile
コスパの良さ ★★★★★ ★★★★ ★★★★★
性能の良さ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★
キャッシュバック ★★★★★ ★★★★ ★★★★★

 

トータルで比較した時に一番コスパがいいのがソフトバンクエアー。

性能も良くて3万円を超えるキャッシュバックがもらえるので、迷った時にはソフトバンクエアーを選ぶのがおすすめです。

 

ソフトバンクエアーのキッシュバックキャンペーンはこちら

 

そして、キャッシュバック額は少し減りますが、利用者の評判や口コミが良いのがWiMAX。

auやUQモバイルユーザーはWiMAXを選ぶと良いでしょう。

 

下記のWEBキャンペーンを使えば月額料金が安くなって、3万円を超えるキャッシュバックももらえるので、こういったキャンペーンを上手に利用して損をしないようにしてください。