WiMAXのルーターSpeed Wi-Fi NEXT W03。

現在、僕が利用している機種なのですが、連続待受時間が長くて受信速度も速いのでとても使いやすい端末です。

 

Wシリーズの新型W04やWX03が発売されたことで少し人気に陰りが出てきているようですが、W03もまだまだ現役で使えます。

速度にはそこまでこだわらないし、何よりも「W03のデザインが好きだ~」という場合は、キャッシュバック金額も高めに設定されている今こそおすすめします。

 

現在W03は、下記のGMOとくとくBBのWEB限定キャンペーンを利用すると、業界最高値のキャッシュバック特典が受けられます。



w03の特徴とメリット

まず、W03をおおすすめする理由は下記の3つ。

 

  • バッテリーの持ちが良く、待ち受け時間が長い
  • 幅広いエリアをカバーするLTEが使える
  • デザインがカッコよく、操作性もいい

 

といった3つの点です。

 

この中でも一番大きいのは待受時間と通信時間が長いこと。

連続通信時間が前回のW02と比べて約390分⇒570分(ハイパフォーマンス時)と大きく伸びて、連続待受時間も約760分⇒1040時間と増えています。

 

しかも、連続待受時間は新しく発売されたW04よりもW03の方が長いです。

 

 機種 W04 W03
画像 w04g  w03
メーカー HAUWEI(ファーウェイ) HAUWEI(ファーウェイ)
サイズ・重量 約W53×H130×D14.2/約140g 約W120×H62×D11.4/約127g
連続通信時間 ・ハイパフォーマンス:約390分

・ノーマル:約540分

・バッテリーセーブ:約630分

・ハイパフォーマンス:約570分

・ノーマル:約610分

・バッテリーセーブ:約730分

連続待受時間 約850時間 約1040時間
最大通信速度 440Mbps 370Mbps
テザリング台数 10台  10台
au LTE 利用可  利用可
bluetooth 利用可  使えない

 

カタログ値だとその差は約200時間。

 

つまり、1週間以上もW03の方が長持ちします。

これはスマホやWi-Fiルーターをこまめに充電するのが苦手な僕にはとても助かります。

 

 

W03でも、いざ使いたい時に充電がなくなっているということがよくあるので、待ち受け時間の短いW04だったら、もっと苦労していると思います。

 

バッテリーが大容量→待ち受け時間が長い→ちょくちょくルーターを充電する必要がない。

僕と同じタイプで、こまめに充電する必要なく、なるべく連続して使いたいという人にとっては、ここが結構大事です。

 

今までポケットWi-Fiを使っていて充電の持ちが気になっていたり、スマホでもよく充電を切らしてしまうという人にはw03はおすすめです。

 

W03をキャッシュバック付でお得に申込めるキャンペーンはこちら!!

 

W03のスペック

w03の外観はこんな感じで、色はオレンジとホワイト。

 

 

サイズやスペックは下記の通りです。

 

メーカー HAUWEI(ファーウェイ)
サイズ・重量 約W120×H62×D11.4/約127g
充電時間 約130分
連続通信時間 ハイスピードモード(WiMAX2+)

・ハイパフォーマンス設定時:約570分

・ノーマル設定時:約610分

ハイスピードプラスエリアモード(WiMAX2+ LTE)

・ハイパフォーマンス設定時:約350分

・ノーマル設定時:約430分

連続待受時間 約1040時間
テザリング台数 10台

 

最初にお伝えしたように、僕がこの中で重要だと思うのは連続通信時間と連続待受時間の2つ。

すぐにバッテリーがなくなる端末はストレスの素にしかならないので、ココは外せません。

 

あと、通常のWiMAX2+エリアに加えてau 4G LTEも使えるので、市街地だけでなく田舎方面にも出かけるという場合は、保険をかけておくという意味でもW03がおすすめです。

 

別途料金はかかってしまいますが、仕事などで、どうしてもネットを使いたい場合には心強いです。

 

au 4G LTEとは?

通常の市街地はWiMAX2+のエリアがほぼカバーしているのですが、山間部などでWiMAX2+のエリア外になった時に、より広いエリアをカバーしているau 4G LTEが利用できるというものです。

 

このau 4G LTEは少し利用しただけでも月額に1005円が追加されてしまうので、いざというときの保険のようなものだとイメージしておきましょう。

 

僕は広島の町外れに住んでいるのですが、今までau 4G LTEを使ったことがないので、ほとんどの人には必要ないかな?というのが本音です。

 

W03の口コミとHUAWEIの評判

W03はHUAWEI(ファーウェイ)というメーカーが作っています。

HUAWEI(ファーウェイ)は中国のメーカーで、ポケットWi-Fiルーターやスマホなども製造し、勢いを伸ばしてきている会社です。

 

福岡ソフトバンクの帽子にもHUAWEI(ファーウェイ)のロゴが入っているので知っている人も多いと思います。

とは言っても、中国製と聞くと『品質は大丈夫?』とちょっと不安になってしまうかもしれませんね?

 

でも大丈夫です。

 

HUAWEI(ファーウェイ)は製品の評判が非常に良く、家電量販店のWi-Fiマニアと呼ばれるスタッフに聞いても、性能的に優れていると感心しているくらいです。

僕はHUAWEIのスマホも使っているのですが、充電の持ちも良く使い勝手も全然いいので、個人的にはとても気に入っています。

 

もちろんW03もタッチパネルで操作しやすくデザインもおしゃれ。

速度やつながりやすさに関しても特に不満はありません。

 

口コミを見ても、w03に関する評判は上々。

 

 

実際に僕の周りでもW03の利用者が多く評判は上々です。

その人に『W03を使ってみてどう?』と聞いてみましたが、『何も不便はないよ~』という答えが返ってきたので、繋がりやすさや使い心地といった部分も問題ありません。

 

W04やWX03との比較

W03の後継機種となるW04やライバルとなるWX03と比較すると、やはりポイントとなるのは連続待受時間と連続通信時間。

 

 機種 W04 WX03 W03
画像 w04g wx03 w03
メーカー HAUWEI(ファーウェイ) NEC HAUWEI(ファーウェイ)
サイズ・重量 約W53×H130×D14.2/約140g 約W99×H62×D13.2/約110g 約W120×H62×D11.4/約127g
連続通信時間 ・ハイパフォーマンス:約390分

・ノーマル:約540分

・バッテリーセーブ:約630分

・ハイパフォーマンス:約440分

・ノーマル:約600分

・バッテリーセーブ:約740分

・ハイパフォーマンス:約570分

・ノーマル:約610分

・バッテリーセーブ:約730分

連続待受時間 約850時間  約1100時間 約1040時間
最大通信速度 440Mbps 440Mbps 370Mbps
テザリング台数 10台  10台  10台
au LTE 利用可 使えない  利用可
bluetooth 利用可 利用可  使えない

 

1つ古いタイプになるので速度面ではW04とWX03に劣りますが、連続待受時間や通信時間に関しては負けてません。

 

実際にネットを利用するのに必要な速度は10Mbpsも出ていれば十分すぎるくらい。

関連記事→格安SIMの通信速度はどのくらいあればいい?必要な速さの目安とは?

 

それ以上に、すぐに充電がなくなり、「いざ外出時に持ち出そうとしたら充電がない・・・」というパターンの方が辛いので、連続待受時間の長いW03を選ぶメリットはまだまだあります。

 

繰り返しになりますが、1つ前の端末と言ってもバッテリーの待ち受け時間の長さという面でW03はおすすめできるので、キャッシュバックキャンペーンなどを利用してお得に申し込みをしましょう。

 

W03をお得に契約する方法

W03をお得に申込むにはGMOとくとくBBというプロバイダから申込をするのがおすすめ。

 

WiMAXのサービスを提供しているUQコミュニケーションズから申込みをすると、ルーター購入代金がかかってしまうのですが、GMOとくとくBBならWi-Fiルーターは無料プレゼント。

さらに3万円前後のキャッシュバックも付きます。

 

 

プロバイダから申込をしてもWiMAX2+のエリアや速度といったサービス内容に違いはないので、同じWiMAXを使って損をしないためにも、申込窓口はGMOとくとくBBを利用するようにしましょう。

 

 

キャンペーン情報