使いきれなかったパケットを翌月に繰り越せるサービス。

毎月のパケット通信量は一定とは限らないので、とても嬉しいサービスですよね?

 

通常は自分が使いきれなかったパケットを翌月に繰り越すというのが一般的です。

ただ、mineoは家族でパケットをシェアできるだけでなく、他人ともパケットシェアができるフリータンクというサービスがあります。

 

このフリータンクは自分のパケットが余った時は寄付して、足りなくなった時には他の人が寄付したパケットを分けてもらえるというものなのですが、超絶便利。

 

この画期的なサービスは格安SIMを選ぶ上でもかなり重要なポイントになってくるので、しっかりと確認しておきましょう。

 

mineoのパケットシェア

mineoでは使いきれなかったパケットを家族や恋人などで作ったグループ内で分け合える、パケットシェアというサービスがあります。

 

私たちは普段、動画をたくさん視聴する月もあれば、忙しくてほとんどネット接続をしないと月もありますよね?

そんな時にパケットシェアを利用すれば、普段はあまりネットを見ないお父さんのパケットを奥さんや子供が利用することができます。

 

そのため、家族全員でmineoを契約しておくと、かなり効率的に余ったパケットを利用することができます。

パケットシェアができないと余ったパケット容量が無駄になってしまうので、家族や友達がmineoを使っているという場合は必ずこのパケットシェアを利用するようにしましょう。

 

関連記事→mineoの通話定額プランは損?楽天でんわで通話料を節約する方法!

 

フリータンクって何?

パケットシェアは家族や友達、恋人と余ったパケットを分け合うサービス・・・・。

 

じゃあ、結婚してなくて友達も少なく、彼女もいない僕みたいなぼっちはどうすればいいんだ・・・?

 

そんな疑問がふと頭をよぎったのですが、僕みたいなぼっちでも利用できるのがフリータンクと呼ばれるサービス。

フリータンクはパケットをストックしておける貯蔵タンクのようなものです。

 

貯蔵タンクとは言っても、自分がストックしておいたものを自分で使うのではなく、自分のパケットが余った時に寄付して、足りない時はタンクに貯蔵してあるパケッットを使わせてもうというサービス。

なのでパケットを入れたり引き出したりできるのも家族や恋人などの限定的なメンバーではなく、参加者の助け合いの精神で運営されています。

 

フリータンクはマイネ王にメンバー登録して、eoIDと連携認証させれば利用が可能です。

 

今月の残りのパケット量がヤバい・・・。

急に大容量のデータ通信をすることになった・・・。

 

こんな時にパケットを補充できるのは本当に助かりますよね。

 

フリータンクの使い方

パケッット寄付

余ったパケットは月に約10GBまでフリータンクに入れることができます。

多く寄付したからといってメリットがあるわけではありませんが、繰り越しが続くなどしてパケットが無駄になる場合は誰かに有効利用してもらいましょう。

 

そして、『毎月余って寄付しているな〜?』と思ったら、プラン変更が必要です(笑)。

 

パケットをもらう

パケットをもらう場合は毎月2回、最大約1GBまでもらうことができます。

引き出せる期間は21日〜月末まで。

 

引き出したパケットは翌月末まで繰り越すことができます。

毎月足りない訳ではないけど、たまに容量をオーバーしてしまうことはあります。

 

そんな時に、このフリータンクはとてもありがたい存在になってくれます。

フリータンクは助け合いの精神で成り立つ、本当に素敵なサービスですよね?

 

パケットを入れたり引き出したりする際に、コメントを入力することができるのですが、そこには見るだけで嬉しくなるようなメッセージも溢れています。

 

mineou

引用:マイネ王

 

まとめ

mineoはパケットシェアという家族や友人でパケットを分け合えるサービスがあるので、複数人で利用するにとても最適な格安SIMです。

 

また、1人で利用する場合も、パケットが余った人と足りない人で助け合うフリータンクというサービスがあるので、『今月はちょっとパケット量がピンチ!!』という場合でも約1GBであれば補充することができます。

 

こういった参加者同士の温かい交流があるものmineoの魅力です。

 

関連記事→Mineoの3GBプランで1ヶ月の容量は足りる?データ通信量の目安!

 

キャンペーン情報