自宅のコンセントに挿すだけでインターネットが使える「置くだけWi-Fi」。

あなたは「置くだけWi-Fiの値段っていくらなんだろう?」と気になっていませんか?

 

置くだけWi-Fiを利用する場合は、本体の購入代金と月々の利用料金が必要になります。

本体価格は数千円~数万円まで様々ですが、結局はどのサービスも端末は無料でもらうことができます。

また、月額料金は2,000円台後半~4000円代前半というのが相場です。

 

今回は様々な置くだけWi-Fiの本体の価格や月額料金を詳しく解説するので参考にしてください。

 

置くだけWi-Fiの種類と本体の価格を紹介

置くだけWi-Fiには、ざっと挙げるだけでも下記のような種類があります。

 

  • ソフトバンクエアー
  • auスマートポート
  • WiMAX
  • ネクストモバイル

 

これらの全てがコンセントに挿すだけでインターネットが使えるWi-Fiサービスです。

本体の販売価格はこんな感じ。

 

端末代
ソフトバンクエアー 58,320円
auスマートポート 無料
WiMAX 3,800円
ネクストモバイル 無料

 

ソフトバンクエアーが58,320円とダントツで高いですね。

ただ、この端末の価格は参考料金のようなもので、どのサービスも置くだけWi-Fi本体は無料でプレゼントというのが定番の流れです。

 

ソフトバンクエアーの場合、58,320円という金額を3年間(36ヶ月)の分割で支払うことになるのですが、結局、端末代金分の1,620円分は毎月割引されます。

つまり、「端末の価格が約5万円するんですが、その分の価格は基本料金から割引をするのでお得ですよ!!」という、PRをしている訳です。

 

WiMAXに関してもWEBキャンペーンを使って申込めば端末は無料でもらえます。

 

↑筆者が自宅で使っているWiMAXの置くだけWi-Fi(HOME L02)

 

なので置くだけWi-Fiの本体はお金を出して購入する必要はありません。

基本的に本体(端末)は無料で手に入るので、毎月利用するために月額料金だけが必要になると思っておけばOKです。

 

たかしたかし

【ポイント】基本的に置くだけWi-Fiの端末代金は無料になるものがほとんどです。

月額料金が安い置くだけWi-Fiはどれ?

では、月額料金はどれくらい違うのでしょうか?

月額料金を簡単に比較したのが下記の表になります。

 

月額料金 月々の容量
ソフトバンクエアー 4,880円 上限なし
auスマートポート 4,380円 上限なし
WiMAX 4,380円 上限なし
ネクストモバイル 5,815円 50GB

 

ネクストモバイルは割引がきいて1年目は3,490円、2年目は4,880円で利用できるのですが、3年目からは通常料金の5,815円になります。

月額の上限も50GBなのでコスパ的にはあまり良くありません。

 

そうなると候補に上がってくるのがソフトバンクエアー、auスマートポート、WiMAXという3種類のサービスです。

ただ、auスマートポートを提供している「au」とWiMAXを提供している「UQ」はグループ会社なので端末は同じものを使っています。

なので通信エリアや速度はどちらも一緒。

しかも「au」「UQ」のスマホを使っている人への割引も、どちらで申込んでも適用されます。

 

ということで、実質的には「ソフトバンクエアー」と「WiMAXの置くだけWi-Fi」のどちらを選ぶかがポイントとなってきます。

では月額料金はどちらが安いのでしょうか?

 

先程の表で基本料金だけを比べるとWiMAXの方が安いです。

ただ、ソフトバンクのスマホを使ってる人がソフトバンクエアーを申込めば、スマホ代が1,000円割引になる「おうち割 光セット」という特典が適用になります。

 

一方、WiMAXを申込めばauのスマホを使っている人のスマホ代が最大で1,000円割引される「auスマートバリューmine」。

UQのスマホを使っている人のスマホ代が300円割引される「ギガMAX割」が適用になります。

 

なので、ソフトバンクのスマホを使っている方はソフトバンクエアー。

auやUQモバイルのスマホを使っている方はWiMAXを選ぶのがベストです。

 

それぞれのサービスをお得に申し込めるキャンペーンは下記の2つ。

下記のソフトバンクエアーのキャンペーンを使うと、3万円のキャッシュバック付きで申込みをすることができます。

 

ソフトバンクエアーの3万円キャッシュバックキャンペーンはこちら

 

一方、auとUQモバイルを使っている方は、下記のWEBキャンペーンを利用すれば、公式ページよりも月額料金が安くなり、3万円を超えるキャッシュバックももらえます。

 

WiMAXの3万円キャッシュバックキャンペーンはこちら

 

たかしたかし

WiMAXの置くだけWi-Fiには「HOME L02」と「HOME 01」の2種類の端末がありますが、性能は「HOME L02」の方が良いです。

下記の記事で詳しく検証しているので、端末選びに迷ったら参考にしてください。

【関連記事】→WiMAXのhome 01とL02はどっちを買うべき?性能の違いを比較!

ドコモユーザーが性能で置くだけWi-Fiを選ぶ場合はどっち?

では、auやソフトバンクのスマホユーザーではなく、ドコモなどの割引対象にならないスマホユーザーはどちらを選べばいいのでしょうか・・・?

 

答えは「WiMAXを選ぶのがベスト」

その理由は通信制限がかかる基準を比較した時に、WiMAXの方が圧倒的に使いやすいからです。

 

ソフトバンクエアーとWiMAXの通信速度と通信制限の基準比較するとこんな感じ。

 

ソフトバンクエアー WiMAX(L02)
端末
最大速度 962Mbps 867Mbps
制限の基準 混雑時、動画視聴時 3日で10GB超えた時

 

最大通信速度はソフトバンクエアーの方が速いですが、注目すべきは通信制限の基準。

ソフトバンクエアーは「夜間の混雑時や動画視聴の際」などに勝手に通信制限がかけられるようになっています。

 

その証拠にソフトバンクエアーにはこんな口コミが多いです。

 

 

一方のWiMAXは「3日で10GB超えた時に通信制限をかけますよ」という明確な基準があります。

そのため容量を計算しながら使えば通信制限にかかる心配はありません。

 

しかも、10GBというのはyoutubeの普通画質の動画を2日間見れるくらいの容量。

さらひ通信制限がかかるのは「容量をオーバーした翌日の夜間」のみです。

 

つまり昼間にネットを使うのには全く問題がない訳です。

 

月額の上限がないと言っても、夜間にネットを使ったり動画を見たりするだけで勝手に制限がかかるのでは意味がないですよね?

それはソフトバンクエアーのユーザーの口コミを見ても明らかです。

 

なので、ドコモユーザーの方、料金よりも置くだけWi-Fiの快適性を重視したい方はWiMAXを選ぶのがベストです。

 

【置くだけWi-Fiを申込むと3万円のキャッシュバック】

WiMAXの3万円キャッシュバックキャンペーンはこちら