あなたはappleから【重要![APPLE ID] – ログインアラート】というメールが届いてびっくりしていませんか?

慌てないでください、これは詐欺メールです。

私も騙されそうになりましたが、絶対に添付のURLをクリックしたり移動先のサイトに情報を入力したりしないでください。

 

うっかりしていると騙されてしまいそうなメールですが、よく見ると注意すべき点が沢山あります。

今回はこの偽メールの注意すべき点について解説します。

 

Apple名義で送られてくる偽メール

これがAPPLEから送られてきた偽メール。

 

 

あなたも同じメールが送られてきてびっくりしたのではないでしょうか?

 

「えっ、誰かが私のappleアカウントに不正にログインしたの?」

「早くIDを変えないと乗っ取られちゃうの?」

「iTunesのアカウントが流出したのかな?」

 

と焦るかもしれませんが、これはフィッシング詐欺に使われる偽メール。

Appleが公式で送っているものではありません。

 

その証拠にアップルIDの表記が大文字になっています。

 

 

iphoneやmac bookを販売しているアップルの表記は小文字の「apple」で、「APPLE」ではありません。

なのでこれがappleの公式ページから送られたものではない偽メールだということが分かります。

 

さらにクリックを誘導しているURLにも注意が必要です。

今回のメールに添付されているURLの先頭が『http:』となっています。

 

 

「http:」というのは暗号化されていない通信のことで、今は殆どのサイトが「https:」という暗号化された通信を利用するようになっています。

appleのような大企業が「https:」(SSL通信)にしていないはずがありません。

 

なのでこれは120%偽メールです。

慌てて添付してあるURLをクリックしたり、appleストアに駆け込まなくても大丈夫です。

 

放っておけば特に問題はないのでそのままスルーしておきましょう。

 

URLをクリックするとどうなるの?

URLをクリックするとapple風のサイトが表示されます。

そこでapple IDやパスワードを入力させるようになっているのですが、ここにIDとパスワードを入力すると、それがそのまま犯罪者に分かってしまいます。

 

つまり、あなたのIDとパスワードが分かるのでアカウントを乗っ取られてしまう可能性がある訳です。

 

公式ページと同じようなサイトを作ってそこに誘導。

そしてIDとパスワードを入力させる方法はフィッシング詐欺と呼ばれています。

 

たかしたかし

名前の通り偽サイトで「釣る」という方法の詐欺です。

 

なので間違ってもURLをクリックしたりIDを入力したりしないようにしましょう。

 

万が一、IDやパスワードを入力してしまった場合は?

万が一、IDやパスワードを入力してしまった場合は、公式サイトからすぐにIDとパスワードの変更をしましょう。

すぐにできる対策としてはそれくらいしかありません。

 

過去に知り合いがIDとパスワードを変更したことがあるらしく、知らずにURLをクリックして偽サイトに移動する人が多いようです。

 

 

今回は僕も騙されそうになったので、注意喚起の意味も含めて記事にしました。

良かったら下のソーシャルブックマークボタンから拡散にご協力下さい。