「auの置くだけWi-Fiって端末が2種類あるけど、どっちがいいの?」

「性能が良いのはHOME L02とHOME 01のどっち?」

 

あなたはauの置くだけWi-Fiをどちらの端末で申込もうか迷っていませんか?

 

auの置くだけWi-Fiには「HOME L02」と「HOME 01」の2種類の端末があります。

ただ、性能や違いが分かりにくいので、どちらの端末で申込めばいいか迷っている方がとても多いです。

 

結論を先にお伝えすると、auで置くだけWi-Fiを契約するのであればhome L02がおすすめです。

僕は実際に2つの端末を使ってみましたが、home L02の方が通信速度が速く、通信も安定していました。

 

高画質動画の視聴も快適なのでだけで、ストレスフリーでWi-Fi接続をしたい方にはhome L02をおすすめします。

 

 

今回は「home L02」と「home 01」を比較して、L02をおすすめする理由を詳しく解説していくので参考にしてください。

 

たかしたかし

後ほど詳しく解説しますが、auの置くだけWi-Fiを申込む場合は「UQ WiMAX版」のキャンペーンを利用するとお得です。

auで契約するよりも月額料金が安くなりキャッシュバックももらえるので、実質料金を安く抑えながらスマートポートが使えるようになります。

 

auの置くだけWi-Fiの端末に『home L02』をおすすめする理由

最初にもお伝えしたように、auの置くだけWi-Fiには「home L02」と「home 01」の2種類の端末があります。

 

 

そしてこの2種類を比較した場合におすすめなのがhome L02です。

 

HOME L02をおすすめする理由は、通信速度が速いので動画視聴もオンラインゲームもサクサクできるから。

実際に使っていてストレスを感じることはありません。

 

では、通信速度はどれくらい出ているのでしょうか?

平日のお昼過ぎにHOME 01のスピードテストをすると、下りの速度は29.16Mbps。

 

 

同じ時間帯にHOME L02のスピードテストをすると42.23Mbpsという速度でした。

 

 

何回かスピードテストをしてみてもだいたい同じような数値です。

基本的にはHOME L02の方が速度が速かったので、性能はHOME L02の方が良いといえます。

 

また、もう1つ重要になるのが電波を送受信するパワーです。

置くだけWi-Fiには家の中でもしっかりと電波を受信して、遠くの部屋にもしっかりと電波を送り出すパワーが必要とされます。

 

なので、これもどちらの方が電波が届きやすいか、2つの端末を自宅(戸建)で試してみました。

 

まずは端末(HOME 01)を自宅の1階に設置。

 

 

2階の奥まった場所にある部屋に移動して速度を測ると20Mbpsくらいの速度が出ていました。

 

 

これはHOME L02で測っても同じくらいの速度だったので、電波を送り出すパワーはどちらも大差はないと考えて良さそうです。

 

という訳で、「home L02」と「home 01」を比較した結果。

 

通信速度 HOME L02の方が速い
電波のパワー どちらも大差なし

 

ということで、トータル的には「home L02」の方がおすすめです。

 

他に比較した人の口コミを見てもこの通りです。

 

 

HOME  L02は2019年で一番売れる置くだけWi-Fiになるのではないかと思うくらい性能が良いので、auの置くだけWi-Fiの端末選びに迷っている方には「home L02」をおすすめします。

 

HOME L02キャッシュバックキャンペーンはこちら

 

【関連記事】

WiMAXのHOME L02を使った感想をレビュー!使い心地を評価!

 

性能を分かりやすく比較してみた

では、HOME 01とHOME L02ではどれくらい性能が違うのでしょうか?

分かりやすく一覧にして比較してみましょう。

 

端末名 HOME L01s HOME 01
画像
メーカー ファーウェイ NEC
発売日 2019年1月 2018年12月
最大通信速度(下り) 1.0Gbps 440Mbps
最大通信速度(上り) 75Mbps 30Mbps
 最大接続台数 40台 22台
大きさ 93×178×93 70×155×100
重さ 約436g 約338g

 

こうして比較してみても、基本的な性能ではL02の方が上回っていることがよく分かります。

端末はHOME 01の方が少しだけコンパクトで重さも軽いですが、基本的には持ち運ぶ端末ではないので、サイズの大きさは気にする必要がありません。

 

auの置くだけWi-Fiをキャッシュバック付きで契約する方法

実はauの置くだけWi-Fiは、キャッシュバック付きで申込みをする方法があります。

それはGMOとくとくBBというプロバイダ(申込み窓口)が行なっているWEBキャンペーンを使って「UQ版」の申込みをすることです。

 

「???」となったかもしれませんが、少しややこしいので分かりやすく解説しますね。

 

auの置くだけWi-Fiは、元々「UQモバイル」が提供しているWiMAXというサービスです。

「au」と「UQモバイル」はグループ会社なので、同じ端末に「UQモバイル版」と「au版」を作って2種類で展開している訳です。

もちろん、同じ商品に違う名前をつけてを販売していだけなので通信エリアや通信速度に違いはありません。

ただ1つ違うのは、au版には月額料金の割引やキャンペーンがありませんが、UQ版には月額割引とキャッシュバックがあることです。

 

実は「UQモバイル版」はGMOとくとくBBというプロバイダ(申込み窓口)から申込むと月額料金が安くなり、3万円を超えるキャッシュバックがつきます。

なので、少しでもお得な条件でauスマートポートを使いたいのであれば、auではなくUQ版をキャッシュバックキャンペーンを使って申込むのがベストなんです。

 

置くだけWi-Fiのキャッシュバックキャンペーンはこちら

 

auとUQのWiMAXは何が違うの?

では「au」と「GMOとくとくBB」で申込んだ場合、実際の利用料金にどれくらいの違いがあるのでしょうか?

auとGMOとくとくBBで申込んだ場合の月額料金は下記のようになります。

 

au GMO
ギガ放題 4,380円 4,263円
7GBプラン 3,696円 3,609円

※auのギガ放題は2年間だけ4,380円でそれ以降は4,880円になります。

 

通常の月額料金を比較しただけでもGMOとくとくBBの方が安いことがわかりますよね?

月々はわずかな違いですが、2年間使用した場合で比較するとギガ放題で2,808円、7GBプランで2,088円もGMOとくとくBBの方が安くなります。

 

さらにGMOとくとくBBは3万円を超えるキャッシュバックがつくので、実質の利用料金はさらに安くなります。

仮に3万円のキャッシュバックがついた場合、3年(36ヶ月)で割ると1ヶ月あたり833円。

 

ギガ放題の月額料金の4,263円から833円を引くと3,430円になるので、月々3,500円以下でauスマートポートが使えることになります。

 

しかも、GMOとくとくBBから申込みをしてもauスマホとのセット割りが適用されます。

 

GMOとくとくBBは

 

  • auスマートバリューmine
  • ギガMAX月割り

 

という2つの割引が適用になるので、auスマホの利用者は最大で1,000円。

UQモバイルの利用者は最大で300円のスマホ代が割引されます。

 

 

なので正直に言ってしまうと、auで置くだけWi-Fiを申込むメリットはありません。

置くだけWi-Fiを契約するのであればWEBキャンペーンを使った方が圧倒的にお得なので、申込みを考えている方は下記のキャンペーンを利用するのがおすすめです。

 

↓置くだけWi-Fiを申込むとキャッシュバックがもらえる↓

 

【関連記事】

気をつけて!auの自宅に置くだけWi-Fiをおすすめしないただ1つの理由!2018