「ネクストモバイルで取り扱っているモバイルルーターのFS030WはSIMフリー端末なの?」

あなたはネクストモバイルの契約が終わった後に、FS030Wを格安SIMで使いたいと思っていませんか?

 

契約前にその端末がSIMフリーなのかどうかを確認しておくのはとても大切。

使わなくなったときにヤフオクやメルカリで売ることもできるので重要視している人も多いです。

 

結論を先にお伝えすると、ネクストモバイルのFS030WはSIMフリー端末です。

なのでドコモ、ソフトバンク、au系のすべての格安SIMで利用することができます。

 

今回はFS030Wを格安SIMで使う方法や、FS030Wを使うのにおすすめの格安SIMを紹介していくので参考にしてください。

 

【FS030Wにおすすめの格安SIM】

マイネオの公式ページはこちら

 

FS030WはSIMフリー端末なので格安SIMで使える

最初にもお伝えしたように、ネクストモバイルのFS030WはSIMフリー端末です。

実はFS030Wはネクストモバイル専用端末ではないので、Amazonなどでも購入することができます。

 

そのためFS030Wを格安SIMで利用している人は沢山います。

 

なのでネクストモバイルでセットで購入して24ヶ月間利用。

そして、その後は契約更新月に格安SIMへ乗り換えをしてFS030Wを流用するということもできます。

 

ネクストモバイルの公式ページはこちら

 

FS030Wはどんな格安SIMが利用できる?

SIMフリーのモバイルルーターでも、周波数の問題からau系の格安SIMは利用できないというケースがあります。

ただ、FS030Wは三大キャリア(ドコモ、ソフトバンク、au)の周波数に対応しているので、ドコモ系格安SIM・au系格安SIM・ソフトバンク系格安SIMのいずれのプランでも利用できます。

 

ざっくり言うと、どの格安SIMを選んでもOKという訳です。

どの格安SIMを利用する場合でも共通して注意しなければいけないのは以下の2点。

 

  • SIMのサイズは標準サイズを選ぶ
  • SIMのタイプはデータ通信専用SIMを選ぶ

 

SIMカードのサイズは標準・micro・nanoと3種類あるのですが、FS030WのSIMカードスロットは標準サイズ。

なので、間違えることなく標準サイズを契約するようにしましょう。

 

またSIMのタイプは

 

  • データ通信専用SIM
  • SMS機能付きデータSIM
  • 音声通話対応SIM

 

と3タイプありますが、FS030WはSMSの送受信や音声通話には対応していないのでデータ通信専用SIMを選びましょう。

この2点さえ抑えておけば、後はどのMVNOを選んでも大丈夫です。

 

FS030Wを利用するのにおすすめの格安SIMは?

FS030WはどのMVNOでも利用できますが、どのMVNOを選んだら良いのか分からない場合にはmineoを選ぶのがおすすめです。

 

マイネオのSIMカードと契約書

 

mineoをおすすめする理由は大きく分けて下記の3つ。

 

  • ドコモ・au・ソフトバンクのすべての回線を取り扱っている
  • サポートが手厚い(実店舗での契約も可能)
  • 通信安定性が業界最高レベル

 

この3つがストロングポイントになります。

 

mineoは選べるプラン数や回線のが多いため、より自由度の高い契約ができます。

さらに実店舗でアフターサポートを受けることができるため、格安SIMを初めて利用する人でも安心して利用できます。

 

マイネオの公式ページはこちら

 

FS030Wをマイネオで使う場合の初期設定方法

FS030Wをマイネオで利用するためにはSIMカードをセットした後、APN設定を行う必要があります。

今回はmineoのドコモ回線を利用したプランを例に、初期設定の方法を解説していきます。

 

まずはFS030Wをパソコンなどと接続し、ブラウザを立ち上げます。

そして検索窓に「http//192.168.100.1」と入力して設定ツールを起動します。

 

マイネオの設定画面

 

パスワード入力を求められたら「admin」と入力してログイン。

「かんたん設定」からプロファイルの設定を行います。

 

マイネオでFS030Wを使う場合のプロファイル設定

上記はmineoのSIMを使ってWiMAX

 

なお、プロファイル設定は下記の通りに入力すればOKです。

 

  • プロファイル名…「任意の名前(mineoなど)」
  • ユーザー名…「mineo@k-opti.com」
  • パスワード…「mineo」
  • APN…「mineo-d.jp」
  • 認証方式…「CHAP」
  • 接続方法…「IPv4」

 

入力内容を確認したら、「完了」を選択して再起動。

 

再び設定ツールにログインし、接続内容の確認をします。

事業者名がNTT DOCOMOと表示されデータ通信量に動きがあれば設定はOKです。

 

マイネオの公式ページはこちら

 

まとめ

FS030WはSIMフリー端末なので格安SIMで利用ができます。

そして、ドコモ、au、ソフトバンク系のどのプランでも基本的に利用が可能です。

 

そのためネクストモバイルでFS030Wを契約し、2年間の契約終わったらmineoで運用するのがおすすめです。

 

ネクストモバイルの公式キャンペーンはこちら

マイネオの公式ページはこちら