最近はドコモ、ソフトバンク、auという三大キャリアから格安SIMに乗り換える人が増えてきました。

私も格安SIMでスマホを使っているのですが、その事を話すと『格安SIMに変えたいんだけど良く分からないから教えて~』と質問攻めにあいます(笑)。

 

まあ、スマホ料金が4千円~5千円も安くなるわけなので、みんなの関心が高いのも分かります。

 

さて、その質問の中でも一番多いのが通話料について。

 

『かけ放題プランはあるの?』

『通話料定額の契約はできる?』

 

ということが気になっている人が多いようなので、今回は通話定額プランを用意している格安SIM(MVNO業者)をしらべてみました。

 

格安SIMの通話料

通常、音声通話付きの格安SIMを契約する場合は、データー通信容量の上限を設定して基本料金を決めます。

 

自分は月に1GBのデータ通信しかしていないのか?

もしくは10GB使っているのか?

 

まずはここを確認することが大切です。

 

スマホでネットを見ることがほとんどないという場合は、1GBあれば十分。

それを基に、mineo(マイネオ)という格安SIMの料金表を参考にしてみると、こんな感じの料金体系になります。

 

mineodplan

※mineo ドコモプラン参照

 

1GBだと、通話料を抜いた基本料のみで月額1500円ということになります。

ただ、コレには無料通話分や通話定額といったサービスが含まれていないので、月々の通話代がどのくらいになるか不安になってしまうんですよね。

 

現在私は、通話定額には申込まず、通話代は月に1000円程度なのですが、長電話をしないように結構気を使ってしまいます。

 

なので、できれば無料通話や通話定額のサービスがある格安SIMを利用した方が安心だと思います。

 

という訳で、通話定額や無料通話プランを取り扱っている格安SIM(MVNO)を見ていきましょう。

 

ちなみに、通話時間や回数が無制限になる完全かけ放題のサービスは、Ymobile(ワイモバイル)のスーパー誰とでも定額があります。

 

 

通話定額のある格安SIM一覧

通話定額や無料通話のプランがある格安SIMの一覧が下記になります。

 

格安SIM 月額料金 定額通話の内容
UQモバイル 2980円(1GB) 最大30分の無料通話が込み
Ymobile 2980円(1GB) 10分以内の通話が月に300回まで無料
OCN 1800円(3GB) 月額850円で5分以内の通話が無料
BIGLOBE 1600円(3GB) 月額650円で最大60分の通話定額
楽天モバイル 1600円(3.1GB) 月額850円で5分以内の通話が無料
mineo 1600円(3GB) 月額840円で30分、1680円で60分の通話定額
FREETEL 1600円(3GB) 月額840円で5分以内の通話が無料

 

最初から無料通話分が含まれていたり、一度の通話が一定時間内であれば無料になるなど、定額通話の内容も様々なので、自分に合ったプランを選ぶようにしましょう。

 

UQモバイル

UQモバイルは2年間という期間があるものの、データ容量が2GB、2400円(最大60分)の無料通話が付いたプランが月額1980円(2年目からは2980円)で利用できます。

 

uqplan

 

2年目からはデータ通信量と無料通話が半分(1Gと1200円分)になりますが、プランがシンプルで分かりやすいので、初めて格安SIMを利用するという人にもおすすめです。

 

さらにプラス1000円のたっぷりオプションに申込むと、無料通話が4800円分でデータ量も6GBまでとなるので、スマホでの通話時間が多めに欲しいという人にも向いています。

 

UQ mobileの詳細

Ymobile(ワイモバイル)

ワイモバイルはデータ通信容量による3つの料金プランがあり、10分以内の通話が月に300回まで無料になります。

 

ymobileplan

 

YmobileはUQモバイルの無料通話分とは少し異なり、1回10分までの通話が無料。

そのため、長電話をする場合は9分話したら一度切ってからかけ直す必要があります。

 

1回の通話は短時間で終わるものが多く、10分を超えることはないという場合は、月に300回無料で電話が架けられると思えば便利なプランです。

 

さらに、月額料金1000円をプラスすれば、『スーパー誰とでも定額』という、通話時間や回数が無制限のかけ放題サービスがあります。

 

スマホプランSの月額料金が2980円なので、1000円をプラスして約4000円。

通話定額の完全かけ放題は希少なので、通話を重視したい場合はワイモバイル一択ですね。

 

Ymobileの詳細

 

OCN

OCNの格安SIMで利用できるのは『5分かけ放題』というオプション。

 

ocn-kakehoudai

 

月額850円で、1回5分以内の通話が何度でも無料になります。

先程のYmobileの通話時間が10分から5分になった代わりに、無制限でかけ放題になる感じです。

 

5分を超えてしまった場合は30秒10円の通話料がかかるので、あまり長電話をしないという人向けです。

 

OCN モバイルの詳細

BIGLOBE

BIGLOBEの格安SIMで利用できるのはBIGLOBEでんわの『通話パック60』というサービス。

 

biglobetuuwa

 

月額650円で最大1200円(60分)分の通話ができます。

1回の通話の時間制限がある訳ではないので、これが一番話分かりやすい定額通話のオプションと言えます。

 

BIGLOBE 格安SIMの詳細

楽天モバイル

楽天モバイルもOCNと同じく、5分以内の通話が何度でも無料になる『5分かけ放題オプション』があります。

 

rakutenplan

 

BIGLOBEと同じく、5分以内のちょっとした通話が多い場合にはおすすめです。

 

楽天モバイルの詳細

mineo

mineoで利用できるのは『通話定額30』と『通話定額60』。

 

mineoteigaku

 

それぞれ840円で30分、1680円で60分の通話ができます。

mineoは格安SIMの中でも人気があるので、最初は1GB(1500円)と通話定額30で利用してみるのがいいかもしれません。

 

これだと30分の通話がついて2340円なので、3大キャリアの料金プランに比べるとかなりお得になります。

 

mineoの詳細

通話する頻度が毎月バラバラなので、通話定額じゃなくてもいいという場合は、楽天でんわと組み合わせて利用するのがベストです。

 

関連記事→mineoの通話定額プランは損?楽天でんわで通話料を節約する方法!

 

フリーテル

フリーテルは『5分間かけ放題』が月額840円で利用できます。

 

freetelakehoudai

 

この他にも399円で『1分間かけ放題』というのがあるのですが、1分以内の通話が無料というのはあまり意味がありません。

なので、FREETELも5分間かけ放題をメインで考えましょう。

 

FREETELの詳細

 

まとめ

5分以内の通話が多いというのであればOCN、楽天でんわの時間制限のある通話定額プラン。

長電話をすることがあるので合計時間でまとまった無料通話がほしいという場合は、UQモバイル、BIGLOBE、mineoの利用がおすすめです。

 

通話時間や回数が無制限のかけ放題にしたい場合はワイモバイルの『スーパー誰とでも定額』の一択です。

 

格安SIM 月額料金 定額通話の内容
UQ mobile 2980円(1GB) 最大30分の無料通話が込み
Ymobile 2980円(1GB) 10分以内の通話が月に300回まで無料
OCNモバイル 1800円(3GB) 月額850円で5分以内の通話が無料
BIGLOBE 1600円(3GB) 月額650円で最大60分の通話定額
楽天モバイル 1600円(3.1GB) 月額850円で5分以内の通話が無料
mineo 1600円(3GB) 月額840円で30分、1680円で60分の通話定額
FREETEL 1600円(3GB) 月額840円で5分以内の通話が無料

 

格安SIMの料金や通話プランについては変更も多く、少し分かりにくい感じもします。

ただ、賢く使えば数千円のスマホ料金の節約になり、年間で考えるとその金額はとても大きくなります。

 

まずは今回紹介した会社(MVNO)のサイトで料金プランやオプションなどを確認し、自分の通話条件にあった格安SIMを選ぶようにしましょう。

 

どれにすればいいか分からないという場合は、10分以内の通話が月に300回まで無料になるワイモバイルがおすすめです。

 

 

sanada