「auスマートポートを使う場合、自宅の電話はどうすればいいの?」

「スマートポートでも光電話は使えるの?」

 

あなたはauスマートポートを使う場合に、固定電話をどのようにすればいいか迷っていませんか?

 

auスマートポートはコンセントに挿すだけでインターネットが使えるようになるサービスですが、光電話や固定電話とのセットプランはありません。

そのため、電話とネットを別々に契約する必要があります。

 

では、auスマートポートの利用者はどんな電話サービスを使っているのでしょうか?

今回はauスマートポートと光電話、固定電話について解説します。

 

【auスマートポートは下記のキャンペーンを利用すれば3万円を超えるキャッシュバック付きで申込みができます】

 

auスマートポートと電話を組み合わせて使う2つの方法

最初にもお伝えしたように、auスマートポートではひかり電話が利用できません。

そのため、電話が必要な場合は

 

・NTTの固定電話

・携帯電話(ガラケー)

 

と組み合わせて使用することになります。

 

なので、どうしても固定電話が必要な場合は、NTTに連絡をして固定電話を契約するようにしましょう。

逆に、電話が使えればいいという人は携帯電話(ガラケー)を契約するのがおすすめ。

 

ガラケーであれば『話し放題 (通話し放題)』プランが2000円以下で利用できるので、固定電話を契約するよりも圧倒的にお得です。

 

auスマートポートのキャッシュバックキャンペーンはこちら

 

現在、光電話を使っている人はどうなる?

では、現在光回線を使っていて、auスマートポートに乗り換える場合はどうすればいいのでしょうか?

この場合もひかり電話は利用不可となるので、NTTの固定電話を利用するか、スマートフォンや携帯電話を利用することになります。

 

なので、

 

「絶対に固定電話じゃないとダメ!」

「FAXが使いたい」

 

という方はNTTに問い合わせをして加入電話の契約手続きを行いましょう。

初期費用を抑えたい場合には「加入電話・ライトプラン」の利用がおすすめです。

 

一方で、光電話のように維持費用の安さ・通話料の安さに拘りたい場合は「050plus」などのIP電話アプリを機種変更して眠っているスマートフォンやWi-Fiモデルのタブレット等に導入して固定電話代わりに利用することもできます。

 

auスマートポートでもIP電話アプリは全く問題なく動作しますし、導入コストや導入の際の手間もかからないのでおすすめです。

 

auスマートポートのキャッシュバックキャンペーンはこちら

 

auスマートポートのお得な申し込み方法

auスマートポートはauショップでなければ契約できないように考えられがちですが、実はWiMAXでも契約ができます。

WiMAXにHOME L01sというホームルーターがあるのですが、実はauスマートポートはHOME L01sと全く同じサービスです(auとUQ WiMAXはグループ会社)。

 

 

そして、HOME L01sはauショップで申込むよりもWiMAX経由で申込んだ方がお得になります。

理由はWiMAXのプロバイダであるGMOとくとくBBで申込みをすると3万円のキャッシュバックがつくから。

 

auショップで申込んでもキャッシュバックは付かないので、実質料金に大きな差が出ます。

 

ちなみにプロバイダというのはWiMAXの販売代理店のこと。

どのプロバイダで契約しても通信速度や通信エリアは変わりません。

 

なので、お得にauスマートポートを契約したいのであればGMOとくとくBBのキャンペーンを利用するのがベストです。

 

 

まとめ

auスマートポートはモバイル回線を利用するため光電話を利用することはできません。

そのため、NTTの固定電話や携帯電話(ガラケー)と組み合わせて使う必要があります。

 

『通話し放題』で2,000円以下という安さなので、基本的には携帯電話と組み合わせるのがおすすめです。

ただ、どうしても固定電話が必要な場合やFAXが使いたいという人はNTTに連絡をして固定電話を契約するようにしましょう。

 

また、auスマートポートを契約する場合は、auと契約するよりも多額のキャッシュバックキャンペーンなどが実施されているGMOとくとくBBと契約するのが賢いですしお得です。

 

↓HOME L01sのお得なキャンペーンはこちら↓