コンセントに挿すだけですぐに自宅でWi-Fiができるようになるauスマートポート。

開通工事の必要がないので、気軽にインターネットが使えるサービスとして人気です。

 

ただ、光回線とは異なり、電波を使ったモバイル回線で通信を行うため、住んでいる場所や部屋の間取りによっては思ったような通信速度が出ないこともあります。

 

なので、

 

「できれば本契約前にお試しで利用してみたい」

「端末の無料レンタルとかやってないのかなぁ?」

 

って思いますよね?

 

では、auスマートポートは『お試し体験』のようなものを行なっているのでしょうか?

今回はauスマートポートを上手にお試しする方法を解説していきます。

 

【20日間は違約金なしで解約ができる】

auスマートポート(HOME L02)のキャンペーンはこちら

 

auスマートポートは無料お試し体験とかやってるの?

auスマートポートはauショップ等で契約できるのですが、残念ながら、auショップでは無料お試し体験や無料レンタルなどは実施していません。

 

なので、auショップに足を運ぶといきなり本契約へと話が進みます。

これはauのオンラインショップでも同じ、基本的にauに問い合わせを行ってもお試しでauスマートポートを利用することはできません。

 

ただ、ある方法を使えばauスマートポートを上手にお試しすることができます。

次の項ではこの方法を詳しく見ていきましょう。

 

auスマートポートを上手にお試しする裏技

auショップではauスマートポートの無料お試しなどは実施していませんが、実はauスマートポートをお試しできる裏技が2つあります。

 

1つ目は『Try WiMAX』というサービスを利用することです。

『Try WiMAX』はWiMAXの無料お試しサービスで、15日間無料でWiMAX端末をレンタルしてもらえます。

 

「何でauスマートポートなのにWiMAXが出てくるの?」

 

と思うかもしれませんが、『au』と『UQ WiMAX』はグループ会社。

なので、同じ商品を取り扱っています。

 

auスマートポートの端末名はHOME L02というのですが、全く同じ端末がWiMAXからも販売されています。

 

 

もちろん、元々のサービスは同じなので、通信エリアや通信速度に違いはありません。

つまり『Try WiMAX』を利用すれば、auスマートポートを無料でお試しするのと同じ状況になります。

 

auスマートポートを契約する前に、まずは無料でお試ししてみたいという方は、このTry WiMAXを利用すると便利です。

 

Try WiMAXの詳細はこちら

 

ただ、『Try WiMAX』は返送期間を含めて15日しか端末をレンタルできません。

さらに、お試しと本契約の手続きを2回しないといけないため、契約手続きに手間がかかってしまいます。

 

そこで、もっと効率的にauスマートポートをお試しする方法を解説します。

こちらの方が時間や手間が少なく、お得な条件でauスマートポートを契約できるので、ぜひ試してみてください。

 

通信速度が遅かった時に違約金なしで解約できるキャンペーンがおすすめ

auスマートポートをお試し期間つきでお得に申込めるのがGMOとくとくBBというプロバイダのキャンペーン。

GMOとくとくBBは、auスマートポート(HOME L02)を実際に使って満足できない場合、申込みから20日以内であれば違約金なしで解約が可能です。

 

つまり、GMOとくとくBBでHOME L02を申込めば、20日間は実質的なお試し利用ができる訳です。

 

 

問題がなければそのまま継続して利用。

万が一、快適にインターネットが使えなかった場合は20日以内にキャンセル。

 

こんな感じで、通信状態が悪かった時のリスクに対応しながら、auスマートポートの利用が可能となります。

 

さらに、20日間のお試しができるだけでなく、3万円を超えるキャッシュバックがついて、月額料金もauショップで申込むより安くなります。

 

なので、「auスマートポートを契約することは決めているけど、万が一、電波が悪かった時のために保険をかけておきたい」という人は、このキャンペーンを利用するのがおすすめです。

 

【20日間は違約金なしで解約ができる】

auスマートポート(HOME L02)のキャンペーンはこちら

 

違約金無料キャンペーンの注意点を解説

GMOとくとくBBの違約金無料キャンペーンは低リスクでauスマートポートを使ってみたい人におすすめのサービスですが、利用の際には幾つかの注意点があります。

 

このキャンペーンは解約時の違約金は無料になりますが、契約事務手数料と初月の利用料金、端末の返送料金は自己負担となるので注意してください。

あと、WiMAXのピンポイントエリア判定で利用するエリアが『○』になっているの場合でないと対象になりません。

 

この点さえ理解しておけば、auショップでいきなり縛りのある本契約を結んで利用するより遥かに低リスクでauスマートポート(HOME L02)を利用できます。

 

WiMAXの電波は鉄筋コンクリート構造の建物の中などでは電波が届きにくい傾向があるので特に鉄筋コンクリート構造のマンションなどでの利用を考えている場合にはGMOとくとくBBに申込むのがおすすめです。

 

【20日間は違約金なしで解約ができる】

auスマートポート(HOME L02)のキャンペーンはこちら

 

まとめ

auではauスマートポートのお試し利用サービスなどは実施していませんが、GMOとくとくBBの違約金無料キャンペーンを利用すれば実質的にauスマートポートを20日間お試し利用できます。

 

GMOとくとくBBでは低リスクでauスマートポート(HOME L02)を使い始められるだけでなく、月々のランニングコストも業界最安水準なので、お試し利用したい人はもちろんお得に利用したい人にもおすすめです。

 

 

関連記事→GMOとくとくBBのWiMAXキャンペーンを選ぶべき5つの理由!メリットを詳しく解説!