WiMAXにはハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードという2つの通信方法があります。

この2つのモードの違いを理解していないと、追加料金が発生したり通信制限がかかるなど、WiMAXを快適に使うことができなくなります。

 

では、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードにはどういう違いがあって、どうすれば追加料金が発生するのでしょうか?

今回は2つのモードの違いを詳しく解説していくので参考にしてみて下さい。

 

WiMAXを申込む祭は、下記のGMOとくとくBBのキャンペーンを利用すれば業界最高値のキャシュバックが適用になります。



WiMAXの3つのモード

WiMAXの通信には下記の3つのモードがあります。

 

  • ノーリミットモード
  • ハイスピードモード
  • ハイスピードプラスエリアモード

 

これはWiMAXのルーターで利用できる電波の種類を表していて、簡単に分けると下記のようになります。

 

  • WiMAXという電波を使うのがノーリミットモード
  • WiMAX2+という電波を使うのがハイスピードモード
  • auのLTEという電波を利用するのがハイスピードプラスエリアモード

 

ただ、ノーリミットモードで使用されているWiMAXという電波は、最高速度が約13Mbpsしか出ない一昔前の電波なので、現在発売されているルーターでは利用できません。

2018年には廃止されることが決まっているのので、今はWiMAX2+というパワーアップした電波がメインで使われています

 

なので、これからWiMAXを購入する場合はWiMAX2+という電波を使ったハイスピードモードと、au LTEという電波を使ったハイスピードプラスエリアモードを利用することになります。

 

 

ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードの違い

では次に、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードの違いをみていきましょう。

 

簡単に言うと、ハイスピードモードはWiMAXのベース(基本)となる通信モード。

一方のハイスピードプラスエリアモードは、WiMAX2+よりも広いエリアをカバーするLTEという電波を使えるようにするオプションサービスです。

 

LTEというのはauのスマホで利用されている電波で、人口カバー率は99%

つまり、地下鉄や建物の中だけでなく、山間部の田舎町など、人が住んでいるほとんどの場所で利用できるという訳です。

 

 

簡単に言うと、WiMAXの通常の電波でカバーしきれない田舎や観光地、山間部のキャンプ場などでも電波が入りやすいというのがハイスピードプラスエリアモードのメリットです。

市街地などはほとんどWiMAX2+のエリア内なので利用頻度は少ないと思いますが、ハイスピードモードが圏外で使えない時の保険のような位置づけですね。

 

ハイスピードプラスエリアモードの追加料金

ハイスピードプラスエリアモードは自分で端末の設定を切替えて利用することができ、その際は月額料金にプラスして1005円の追加料金がかかります。

では、追加料金を払ってまでもハイスピードプラスエリアモードを利用する価値はあるのでしょうか?

 

ハイスピードプラスエリアモードのメリットはWiMAXより広いエリアをカバーしていることでしたよね?

なので、WiMAXが圏外の場所でどうしてもネットに接続したい場合は利用する価値があると思います。

 

ただ、それ以外の時にはワザワザ追加料金を払ってまで利用することはないので、普段はこのモードで通信はしないようにしておきましょう。

 

超重要!2つのモードの通信制限

ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードでは通信制限の基準が異なります。

この部分を理解しておかないと通信制限にかかりまくってしまうので、しっかりとチェックしておいて下さい。

 

モード 使う電波 下り最大速度 制限がかかるのは?
ハイスピード WiMAX

WiMAX2+

220Mbps 3日で10GB
ハイスピードプラスエリア WiMAX2+

au 4G LTE

220Mbps 月に7GB

 

では、もう少し詳しくこの2つのモードをみていきましょう。

 

ハイスピードモードの通信制限

ハイスピードモードは現在のWiMAXの基本となる通信モードで、下りは最大220Mbpsという速度が出ます。

 

ギガ放題というプランで契約すると、3日間で10GBのデータ容量を超えた場合に通信制限にかかってしまいます。

ただ、通信制限とはいっても容量を超えた翌日の夜間のみの制限で、ネットの閲覧程度ならスムーズに行える1Mbps程度の緩い制限。

そもそも3日で10GBというのもかなりの容量なので、この制限に関してはあまり気にしなくても大丈夫です。

 

関連記事→WiMAXは速度制限でどのくらい遅くなる?いつから制限が始まるの?

 

ただ、ハイスピードプラスエリアを使う場合は制限が厳しくなるので要注意

これを知らなかったら通信制限に悩まされ続けることになります。

 

ハイスピードプラスエリアモードの通信制限

ハイスピードプラスエリアモードを利用する際に注意しなければいけないのが、ギガ放題という無制限のプランの契約していたとしても、月に7GBまでしか利用できないということ。

7GBを超えるとハイスピードモードに戻しても128kbpsという厳しい速度制限を受けます。

 

つまり、ハイスピードエリアプラスモードで7GBを超えるとその月はずっと速度制限がかかってしまう訳です。

ハイスピードモードの通信制限のように時間が限定されたり、規制速度が1Mbpsといった緩和策もありません。

 

なので、ハイスピードプラスエリアモードの利用は最低限度に控えるのがポイントです。

 

モードは勝手に切り替わるの?

ハイスピードプラスエリアモードは1005円の追加料金がかかるオプション機能。

そうなると、WiMAX2+が圏外になったら勝手にハイスピードプラスエリアモードになって追加料金がかかるの?と疑問に思うかもしれませんね?

 

安心してください。

ハイスピードプラスエリアモードは自分で操作しない限りは自動で切り替わることはありません

W03の場合は下記のようにモードを選択する画面があり、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えようとすると確認画面が表示されます。

 

 

勝手にハイスピードプラスエリアモードに切り替わって追加料金が請求されるということはないので大丈夫です。

 

追加料金の計算方法

ハイスピードプラスエリアモードは切り替えるたびに1005円の追加料金がかかる訳ではありません。

中には切り替えるたびに1005円が追加されていくと思っている人もいるようですが、同月内であれば1005円以上の料金がかかることはないので心配はありません。

ハイスピードプラスエリアモードはいざという時のお守り感覚でいいと思います。

 

ハイスピードプラスエリアモードの対応端末

ハイスピードプラスエリアモードが利用できるのは、2017年11月時点で下記の端末です。

 

  • Speed Wi-Fi NEXT W04
  • Speed Wi-Fi NEXT W03
  • Speed Wi-Fi NEXT W02
  • Speed Wi-Fi NEXT WX04

 

これから発売される端末は全てハイスピードプラスエリアモードが利用できるようになるはずなので、最新端末を選んでおけば間違いありません。

この中で言うと、W04とWX04がそうですね。

 

ハイスピードプラスエリアが無料でつかえるLTEオプション

実はハイスピードアリアプラスモードは、追加料金を発生させずに無料で使う方法があります。

それはWiMAXを3年契約にすること。

 

通常、WiMAXは2年契約(最低利用期間24ヶ月)が基本ですが、3年契約にすると毎月1,005円の追加料金なしでハイスピードアリアプラスモードが利用できるようになります。

なので、あなたが1つの端末を長く使い続けるタイプであったり、WiMAXの電波が入りにくい場所に住んでいるというのであれば、WiMAXを3年契約にしてLTEオプションを無料で利用できるようにしておくのが賢い方法です。

 

WiMAXを他の人よりお得に申込む方法

WiMAXのモードの違いが分かったら、次に気になるのは『WiMAXを少しでもお得に申込みたい。』ということですよね?

そんな時におすすめなのが、GMOとくとくBBというプロバイダが行っているWEB限定キャンペーンです。

 

実は、WiMAXの公式ページから申込みをすると、端末を購入しなければいけないのですが、GMOとくとくBBのWEB限定キャンペーンであれば、端末が無料でもらえて、さらに高額のキャッシュバックも付きます。



何でこんなにいい条件のキャンペーンを行っているのかと気になるかもしれませんが、ここまでのキャッシュバックができるのは、とくとくBBがネットのみの販売にこだわっているから。

実店舗の運営にかかる人件費や広告費を削減して、その分をキャッシュバックとして還元しているという訳です。

 

WiMAXは本家のUQ以外にもBIGLOBEやSo-netというプロバイダが取り扱っていますが、こういったプロバイダの中でもGMOとくとくBBのキャッシュバック金額は一番高額です。

実際に僕の周りでWiMAXを使っている人もほとんどがGMOとくとくBBから申込みをしています。

 

なので、WiMAXを利用する場合はとくとくBBのWEB限定キャンペーンを使って、賢く申込みをしましょう。

※もちろん、とくとくBBから申込んでも使っているサービスは同じなので、エリアや通信速度に違いはありません。

 

まとめ

ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードの違いについてみてきましたが、それぞれの特徴と大まかな違いは理解できましたか?

 

まだ良くわからないという場合は、ハイスピードモードは現在のWiMAXの標準的な通信モード。

ハイスピードエリアプラスモードはハイスピードモードが圏外になった時に、より広いエリアをカバーするLTEを使うオプションモードだと理解しておけばOKです。

 

 

キャンペーン情報