現在、auのiphone6やiphone 6Sを使っている方は、機種をそのまま利用してスマホ代金を節約できる格安SIMに乗り換えることができるのを知っていますか?

 

格安SIMを使えば月々のスマホ代がかなり安くなり、浮いたお金で遊びや買い物が楽しめます。

もちろん格安SIMならではのデメリットもありますが、それを理解した上で利用するのであればとても利用価値の高いものです。

 

今回はauのiphoneを格安SIMで利用する方法について解説していくので参考にしてみてください。

 

auのiphoneを格安SIMで利用する一番簡単な方法

auのiphoneを格安SIMで利用するには、まず格安SIMを契約する必要がります。

 

その際に利用できる格安SIMは『mineo(マイネオ)』と『UQモバイル』の2つ。

ただ、『UQモバイル』では不具合が出る可能性もあるようなので、公式ページでauのiphoneが利用可となっている『mineo(マイネオ)』を利用するようにしましょう。

mineoiphone

 

minoeを契約して届いたSIMを入れ替えて設定すれば、mineoの料金プランでiphoneが使えるようになる訳ですが、この際に選ぶSIMはauプラン(Aプラン)のものを選ぶようにします。

 

ちなみに、SIMとは下記のようなICチップです。

 

mvno

 

ゆうたゆうた

そもそも何でこの2つの格安simしか使えないの?

みさとみさと

それは、この2つのsimがauの回線を使っているものだから。他の格安simはほとんどがドコモ回線を利用しているんです。

 

料金

現在、auのスマホを利用していれば、月額料金は7000円程度になっていると思います。

ただ、こういったプランは通話もパケット通信もあまりしないという人には、オーバースペックのプランです。

 

例えるなら、フェラーリに乗って近所のスーパーへ買い物に行くようなもの。

『それだったら燃費の良い軽自動車でいいんじゃない?』となる訳です。

 

この7000円が格安SIMに変えると、基本料金がだいたい1000円~2000円台(プラス通話料)になるので、通話用を加味しても3000円~4000円は月々の料金が浮くことになります。

 

4000円×12ヶ月(1年)=48000円。

1年間で48000円も安くなれば近場の旅行ができてしまいまよね?(笑)

 

mineoなどの格安SIMは自分が月々使うデータ量に合わせて料金プランを選べるので、データ通信をほとんどしない人には最適です。

 

mineoplan

 

このデータ基本料に加えて電話をかけると通話料が30秒で20円かかりますが、mineoは通話定額プランもあるので自分にあったプランを選びましょう。

 

mineoplan1

 

私も格安SIMでスマホを使っていますが、通話料が1000円程度なので、基本料金と合わせても毎月2500円前後で利用できています。

 

格安SIMのデメリット

格安SIMを使えば月々のスマホ料金が安くなるというのが最大のメリットですが、ちょっと不便になる部分もあります。

実際に私が格安SIMを使ってみてデメリットだと思うことは下記の2つ。

 

  • 通話料が高くなる可能性がある
  • LINE ID検索ができない
  • テザリングができない

 

まあ、どちらもそこまで大きな問題ではありませんが詳しく見ていきましょう。

 

通話料が高くなる可能性がある

格安SIMには通話定額プランというのが用意されていないものが多いので、ちょっと長電話をしてしまうと莫大な通話料がかかってしまう可能性があります。

 

mineoは30分と60分の通話定額プランがありますが、これも無料通話分をオーバーしてしまうと通常の通話料がかかります。

通話し放題のプランが用意されていないので、電話をする機会が多い人は通話時間に注意が必要です。

 

通話料を少しでも安くするポイントは、『楽天でんわ』というアプリをインストールして、そのアプリを経由して発信すること。

そうすることで、30秒10円(通常の半額)で通話することができます。

 

関連記事→mineoの通話定額プランは損?楽天でんわで通話料を節約する方法!

 

LINE ID検索ができない

地味だけど意外と不便なのがLINEのID検索ができないこと。

LINEのID検索を利用するには年齢認証が必要となりますが、格安SIMではこの年齢認証ができません。

 

なので、LINEで連絡先を交換する時はちょっと面倒です。

イザという時に連絡先が交換できないという事がないように、『ふるふる』機能やQRコードの使い方を覚えておくようにしましょう(笑)。

 

テザリングが使えない

パソコンやタブレットを利用しないという人にはあまり関係ありませんが、au回線を使った格安SIMではテザリングを利用することができません。

 

テザリングとはiphoneをWi-fiルーターとして使って、他の機器をネットに接続するというもの。

テザリングを利用したい場合はSIMフリーのスマホを購入してドコモタイプのSIMを利用するようにしましょう。

 

関連記事→Wi-Fiと無線LANは何が違う?WiMAX2+や4GLTEの違いも解説!

 

乗り換え方法

mineoの格安SIMの申込に必要になのはクレジットカードと本人確認書類(免許証など)の2つ。

 

さらに、現在利用している電話番号を引継いで利用する場合には、au shopやユーザーページからMNP予約番号というものを取得していおきましょう。

 

その状態でmineoの申込ページに必要事項を入力していけばOKです。

 

mineoplan2

 

ちなみに、iphone6や6Sは『nano SIM』なので、SIMサイズはnanoSIMを選択します。

mineoの契約が終わりSIMが届いたら、現在のSIMと入れ替えて、設定を終了させると格安SIMでiphoneが利用できるようになります。

 

SIMの取り出しや挿入、設定方法に関しては、mineoのサポートページに掲載されているので参考にしてみてください。

 

 

ちなみに、公式に発表はされていませんが、auのiphone 5Sもmineoの格安SIMで利用することができるようです(非公式情報なので自己責任で試してみてください)。

 

関連記事→結局ソフトバンクのiphoneは格安SIMで使えるの?使えないの?

 

キャンペーン情報