「hi-ho WiMAXって簡単に解約できるの?」

「解約をするのに違約金がかかったりしない?」

「スムーズに解約ができないようになってたりしない?」

 

万が一、サービスに満足できなかった場合は簡単に解約ができるのか?

この部分はとても気になりますよね?

 

私は過去にインターネットの受付窓口で働いていたことがあるのですが、申込み前に解約方法の確認をしておきたいというお客さんは多かったです。

 

そこで今回は、hi-hoWiMAXの解約のシステムや具体的な解約方法、違約金情報などを詳しく解説していきます。

申込みを迷っているのであれば参考にしてください。

 

解約は簡単にできる?具体的な解約方法は?

まず結論からお伝えすると、hi-ho WiMAX2+の解約は簡単にできます。

解約方法は

 

  • 会員ページからの手続き
  • 電話での手続き

 

の2種類。

 

契約更新月であれば会員ページからの手続き。

最低利用期間中であれば「hi-hoインフォメーションデスク」に電話をかけることで解約できます。

 

後ほど詳しく解説しますが、解約方法や違約金などは他のプロバイダから申込んだ場合と同じ。

多くのインターネットサービスで採用されているパターンです。

 

なので、特別『hi-ho WiMAX』の解約方法や違約金が変わっているということはありません。

「申込んだら解約できないんじゃないか・・・」という不安を抱かなくても大丈夫です(笑)。

 

 

WEBから解約手続きを行う方法

Webから手続きを行う場合、まずはhi-hoのサポートトップページへ進みます。

そこから【会員情報の確認・登録】→【退会手続きについて】→【手続きはこちら】と進み、接続IDとパスワードを入力してログインすることで手続きが行なえます。

 

電話で解約する場合

電話で手続きを行う場合は下記の『hi-hoインフォーメーションデスク』に連絡をします。

 

hi-hoインフォーメーションデスク
固定電話から 0120-858-140
携帯電話から 0570-064-800
営業時間 9:00~18:00 (平日、土日祝日)

 

問い合わせが混雑する時間もきちんと表記してくれているので、電話が繋がりにくい時はこの表を参考にしてみましょう。

 

 

電話をかけると自動音声ガイダンスに接続されるので、【契約全般の問い合わせ】→【WiMAXサービス】→【退会に関するお問い合わせ】と進み、オペレーターに繋いでもらうことで解約手続きが行なえます。

 

解約はいつまでに行えば当月解約になるの?

当月中に解約したい場合は、その月の20日までに手続きを済ませる必要があります。

21日以降に解約手続きを行った場合には翌月末の解約となるので気をつけましょう。

 

例えば、8月中に解約したい場合は8月20日までに解約手続きを済ましていけないということです。

 

他のインターネットサービスの解約方法もこんな感じなので、特に難しいことはありません。

 

たかしたかし

WiMAX2+の前身のサービスであるWiMAXはWebからの解約には対応していなかったのですが、WiMAX2+ではWebからの解約手続きが可能となっています。


 

違約金について

hi-ho WiMAX2+では契約更新月以外の月に解約手続きを行うと、契約しているプランごとに違約金が発生します。

例えば『月額割引+キャッシュバックキャンペーン』で申込んだ場合の違約金は下記の通りです。

 

2年契約の場合(税抜き)

解約のタイミング 違約金の金額
0ヶ月~12ヶ月で解約 19,000円
13ヶ月~24ヶ月で解約 14,000円
26ヶ月以降の契約更新月以外の月に解約 9,500円
契約更新月(25ヶ月目)に解約する場合 0円

 

スマホと同じで25ヶ月目の解約更新月に解約しないと違約金が発生します。

違約金の額に関してもWiMAXを公式ページから申込んだ場合と同じなので、特にhi-ho WiMAXの違約金が高いということはありません。

 

 

知らなきゃ損!WiMAXを違約金なしで解約する方法!

hi-hoに限らず、WiMAXは契約してから2年(3年)以内に解約をすると高額の違約金が発生してしまいます。

そうなると、万が一、自宅で電波が入らなかった時などにリスクが大きいですよね?

 

そんな時に便利なのが『初期契約解除制度』。

実は、WiMAXのようなインターネットサービスには、契約後にサービスに満足ができなかった場合、8日以内に解約手続きを取ることで違約金なしで解約ができるという制度があります。

 

簡単に言うと、Wi-Fi(インターネット版)のクーリングオフですね。

 

初期契約解除制度の使い方は簡単。

WiMAX2+の端末を受け取った日か、契約書面を受け取った日(いずれかの遅い方の日付が起算日となります)から8日間が経過する前に、hi-hoのインフォメーションデスクに解約の申し込みを行うことで違約金なしで解約ができます。

 

そして、解約を申請してから7日以内にWiMAX2+の端末と同梱物をhi-hoに返却しましょう。

たかしたかし

初期契約解除制度を利用して解約をした場合、違約金などや初月利用料などが請求されませんが、新規契約事務手数料や端末の返送にかかる費用などは利用者負担となります。

8日を経過した後には制度の利用ができなくなってしまうため、端末を受領した後は速やかに通信品質の確認をしましょう。

 

この制度を知っておけば、万が一、「電波が入りづらかった・・・。」「思っていたほど速度が出なかった・・。」という場合でも安心です。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

今回はhi-hoWiMAXの解約方法や違約金について解説しました。

hi-hoのWiMAX2+の解約方法はWebと電話の2種類。

 

どちらもインターネットサービスの中では主流の解約方法で、書面などでのやり取りがないので簡単に解約ができます。

また万が一、電波が悪いという場合は『初期契約解除制度』も利用できます。

 

hi-ho WiMAXのキャンペーンはかなりお得な内容なので、公式ページから申込む人よりもお得にWiMAXが使えるようになります。

こういったキャンペーンや制度は知っている人だけが得をするので、しっかりと利用するようにしましょう。