「WiMAXのWX05の性能ってどうなの?」

「前作のWX04からどんな部分が進化したの?」

「WX04と比較してWX05を選ぶメリットは何?」

 

あなたはWiMAXの端末をWX05にするかWX04にするかで悩んでいませんか?

だとしたら迷うことなくWX05を選ぶことをおすすめします。

 

WX05とWX04は基本的なスペックは変わっていないのですが、通信速度を強化したり、空いている電波を利用して通信できる機能が追加されています。

また、クレードルの電波を強化するアンテナもパワーアップしています。

 

なので、WX05とWX04で悩んだらWX05を選ぶのがベストです。

今回はWX05とWX04を比較して2つの端末の違いを詳しく解説していくので参考にしてください。

 

たかしたかし

WX05のライバル端末『W06』との比較は下記の記事を参考にしてください。

W06とWX05で悩んでいる方へ!実際に使って比較した結果を紹介!

※WX05は下記のキャンペーンを利用すれば最高値のキャッシュバックが付きます。



\\WX05のキャッシュバックキャンペーンはこちら//

 

WX05は何が進化した?WX04との違いを比較!

最初にもお伝えしたように、WX05とWX04の基本性能に大きな違いはありません。

 

最大通信速やバッテリーの持続時間は同じ。

さらにルーターのサイズや重さまで同じです。

 

なので、WX04の不具合を解消してマイナーチェンジしたものがWX05だと思っておけばOKです。

 

それぞれの基本スペックをザックリと比較するとこんな感じ。

 

WX05 WX04
端末
サイズ 111×62×13.3mm 111×62×13.3mm
重さ 128g 128g
最大通信速度 440Mbps 440Mbps
通信時間(標準モード) 11.5時間 11.5時間
同時接続台数 10台 10台

 

こうして比較してみると重要なスペックは全く同じであることが分かると思います。

 

ただ、基本的な性能は同じでも、WX05だけに新しく搭載された機能があります。

それが、

 

  • クレードルのアンテナの強化
  • WiMAXハイパワー対応
  • Wi-Fiの空きチャネルを選べる機能
  • ワンタイム通信モード

 

の4つです。

 

この4つの機能が追加されている分だけ、WX05の方が使い勝手が良くなっています。

次の項では追加された4つの機能を詳しくみていきましょう。

 

WX05に決める場合はこちら→WX05で最高値のキャッシュバックがもらえるキャンペーン

 

WX05の進化した4つのポイントをチェック

通信速度を上げるWiMAXハイパワーに対応

WX05はWX04と比べて、スマホやパソコンまで電波を送り出すパワーが強化されています。

これは『WiMAXハイパワー』という機能なのですが、この機能が搭載されたことで通信速度が20%も改善されます。

 

この結果、自宅内や建物内で電波が弱い場合でも通信速度が安定するようになりました。

つまり、WX05はWX04に比べて通信の質がアップしている訳です。

 

クレードルアンテナの強化

WiMAXにはクレードルと呼ばれる充電台があります。

そして、WXシリーズのクレードルには電波を繋がりやすくする『強化アンテナ(Wウイングアンテナ)』がついてます。

 

下の写真の飛び出した羽のような部分が『Wウイングアンテナ』です。

 

 

このアンテナがあることでWiMAXが電波を拾いやすくなり、スマホなどに送り出す電波も強化することができるようになっています。

この『Wウイングアンテナ』の効果でWX04では端末の速度が20%アップするようになっていました。

 

 

それがWX05だと、速度が30%もアップするように改良されています。

 

 

10%だとかなりの違いがありますよね?

先程の『WiMAXハイパワー』と合わせて、通信速度がWX04よりもアップする作りになっていることは間違いありません。

 

そのためWX04よりもWX05申込んだ方がメリットが大きいです。

 

ちなみに、通常クレードルはオプション品として購入しなければいけないのですが、下記のキャンペーンを利用すれば無料でもらうことができます。

自宅でWiMAXを使うことが多いのであれば、このキャンペーンを利用してクレードルを一緒にゲットしておきましょう。

 

 

関連記事→WX05にクレードルは必要?アンテナの効果が想像以上に凄い件!

 

混雑時に空いているチャネル(電波)を選べる

個人的に「良いな~」と思ったのが空いているチャネル(電波)を選べる機能。

WiMAXは複数の電波があるのですが、ネットが繋がりにくくなった場合に、空いている他の電波を選んで利用することができます。

 

 

空いている電波を使うことで安定した通信ができるようになるのでコレは便利です。

 

ワンタイム通信モード

WiMAXで気をつけなければいけないのが『ハイスピードプラスエリアモード』を使う時。

『ハイスピードプラスエリアモード=LTE』は月に7GBまでしか使えないので、切り替えたままにしておくとうっかり容量をオーバーしてしまうことがあります。

 

そんな時にワンタイム通信モードを使えば、設定した数値になると強制的に『ハイスピードモード』に戻してくれます。

 

 

地下鉄や新幹線での移動が多く、度々、通信モードの切り替えをする人には便利です。

 

まとめ

WX05とWX04は最大通信速度や接続台数、サイズや重さといった基本的な性能(スペック)に大差はありません。

ただ、

 

  • WiMAXハイパワーに対応(送り出す電波の強化)
  • クレードルのアンテナの強化
  • Wi-Fiの空きチャネルを選べる機能
  • ワンタイム通信モード(ハイパワーモードへの切り替え)

 

といった機能が追加されているので、トータルではWX05の方が使い勝手が良くなっています。

 

簡単にいうと、WX04と比べると、WX05の方が実際の通信速度がアップするように作られています。

なので、2つの端末で悩んだ時はWX05を選ぶのがベストです。

 

さらに、WiMAXはWEBキャンペーンを使って申込めばキャッシュバックが付きます。

クレードルが無料でもらえたり、公式ページで申込むよりも月額料金が安くなるという特典があるので、このキャンペーンから申込むのが絶対にお得です。

 

これからWX05を契約するのであれば、WEBキャンペーンを利用して他の人より安くWiMAXを使うようにしましょう。

 

 

関連記事→WiMAXのW05とWX05はどっちがおすすめ?徹底比較した結果がコレ!