「WX05とW05はどっちが性能がいいの?」

「2つの端末の違いは何?」

 

あなたはWX05とW05のどちらの端末を選べばいいか迷っていませんか?

 

筆者も経験がありますが、WiMAXの端末選びは本当に悩みますよね?

 

そこで今回、WX05とW05を実際に使って性能を比較してみました。

その結果、結論としてはWX05の方が優れている部分が多かったです。

 

WX05 W05
メーカーの安心度 ×
通信速度
通信の安定性
バッテリーの持ち
クレードルの性能
操作性
サイズ

 

なので、WX05とW05で迷ったらWX05の方がおすすめです。

今回はWX05とW05の性能を比較して、WX05をおすすめする理由を詳しく解説するので参考にしてください。



業界最高値のキャッシュバックキャンペーンはこちら

 

当サイトの結論はが安定して使えるWX05がおすすめ

 

ゆうたゆうた

W05とWX05はどっちがおすすめ?

性能が良くて快適に使えるのはどっち?

この質問にお答えすると、WiMAXを契約するならW05よりもWX05の方がおすすめです。

その理由はWX05の方が『バッテリーが長持ちして、日本のメーカーということで安心して使えるから』からです。

 

 機種 W05 WX05
画像  
メーカー ファーウェイ(中国) NEC(日本)
最大通信速度 708Mbps 440Mbps
サイズ 130×55×12.6mm 111×62×13.3mm
重さ 131g 128g
バッテリー 9時間 11.5時間

 

後で詳しく解説しますが、実際にスピードテストをしてみると、W05の方が通信速度は速かったです。

ただ、WX05でも動画を観たりネットサーフィンをするのには充分な速度が出ます。

 

しかも、バッテリーの持続時間はWX05の方がかなり長いので、圧倒的にWX05の方が使いやすいです。

なので、おすすめは断然WX05。

 

WX05は通信速度とバッテリーの持続時間のバランスが取れている万能タイプのモバイルルータです。

 

しかも、WX05は日本のメーカーである『NEC』が販売している端末です。

一方のW05は、今問題となっている中国のHUAWEI(ファーウェイ)が製造しています。

 

最近、端末の部品から「余計なもの」が見つかったとして日本政府が中国製のスマホを排除する発表をしましたよね?

それに付随する形で、ドコモ、au、ソフトバンクもファーウェイ製品の排除を決めています。

 

関連記事→【netgeek】ソフトバンク、docomo、auがファーウェイの排除を決定

 

「余計なもの」というのが何かは発表されていませんが、これだけ大きな動きになるということは、よほど悪意のあるパーツが発見されたということです。

なので、安心してネットを利用するためにもWiMAXを契約する場合は『NEC製』のWX05を選ぶのがおすすめです。

 

↓4万円のキャッシュバックが付く↓

 

【検証結果①】通信速度を比較するとW05の方が速い

では、WiMAXで一番重要な通信速度の比較からみていきましょう。

W05でスピードテストをした結果が下記です。

 

Speed Wi-Fi NEXT W05のスピードテストの結果

 

夜の10時過ぎにスピードテストをしてみると、下り(ダウンロード速度)は約40Mbpsを少し超えるくらいでした。

 

下り速度 上り速度 PING値
1回目 46.25Mbps 4.02Mbps 58ms
2回目 43.50Mbps 5.81Mbps 56ms
3回目 43.61Mbps 6.48Mbps 47ms

 

↓W05のスピードテストの結果の画像↓

W05のスピードテスト3回分の結果

 

高画質動画を視聴するのにも余裕の速度なので、使っていてストレスを感じることはありません。

 

そして同じ時間帯でWX05のスピードテストもしてみました。

 

Speed Wi-Fi NEXTWX05のスピードテストの結果

 

その結果は下記の通り。

 

下り速度 上り速度 PING値
1回目 36.47Mbps 3.98Mbps 60ms
2回目 34.79Mbps 3.55Mbps 62ms
3回目 24.76Mbps 7.93Mbps 63ms

 

↓WX05のスピードテストの結果↓

WX05のスピードテストの結果(3回分)

 

W05とWX05の通信速度を比較すると、通信速度に関してはW05の方が速いことが分かります。

 

W05 WX05
1回目 46.25Mbps 36.47Mbps
2回目 43.50Mbps 34.79Mbps
3回目 43.61Mbps 24.76Mbps

 

WX05をクレードルに装着して速度を計測

では、WX05をクレードルに装着して速度を測るとどうなるのでしょうか?

WX05にのクレードルには『Wウイングアンテナ』というアンテナが装備されています。

 

そのため、電波が強化されて通信速度が速くなる効果があると言われています。

また、バッテリーではなくコンセントから電源を供給することで、『WiMAXハイパワー』という通信速度をアップする機能も使えるようになります。

 

たかしたかし

『WiMAXハイパワーはドラゴンボールの界王拳のようなものだと思ってください。』

という訳で、さっそく『WiMAXハイパワー』をオンに。

 

WX05のWiMAXハイパワーを常時オンにした状態

 

そして、クレードルに挿して速度を計測してみました。

 

WX05をクレードルに装着してスピードテストをした結果

 

クレードルに装着した時の速度は下記の通り。

 

下り速度 上り速度 PING値
1回目 24.49Mbps 8.65Mbps 61ms
2回目 27.17Mbps 10.64Mbps 59ms
3回目 12.42Mbps 3.67Mbps 54ms

 

Wx05をクレードルに装着して測定した速度(3回分)

↑WX05をクレードルに挿してスピードテストをした結果↑

 

上りの速度が大幅にアップ。

下りの速度が遅くなったのは利用者が増える時間帯だからだと思うのですが、クレードル+WiMAXハイパワーを使えば、確かに通信速度は改善されます。

 

たかしたかし

この時は下りの通信速度が下がりましたが、電波の悪いところで使用すると下りの通信速度の改善が見られました。

速度で言えばW05の方が10Mbpsくらい速いですが、体感では違いは感じません。

 

どちらの端末でも普通に動画を観たり、オンラインゲームをすることができるので、速度に関してはそこまで使い心地に差はないと思ってOKです。

 

↓4万円のキャッシュバックが付く↓

 

【検証結果②】クレードルの性能の比較

WiMAXにはクレードルと呼ばれる充電台があります。

クレードルはWiMAXのベース基地みたいなものなのですが、WX05のクレードルには電波を強化するアンテナが付いています。

 

WX05とW05のクレードルの比較写真

 

下の写真の透明なプラスチックの部分が強化アンテナ。

 

WX05のクレードルの強化アンテナの写真

 

このアンテナがあることで電波の受信&送信が強化されるので、通信が速度が速くなって安定するというメリットがあります。

なので、クレードルの比較した場合は電波を強化する効果があるということで、WX05に軍配が上がります。

 

また、WX05はクレードルに挿しておけば、時計としても利用できるので便利です。

 

WX05をクレードルに接続して時計表示にした状態

 

WEBキャンペーンを利用すればクレードルは無料でもらえます(通常は有料購入で約4,000円)。

なので、室内でWiMAXを使うことが多い人はこのキャンペーンを使って手に入れておくのがおすすめです。

 

たかしたかし

下記のWEBキャンペーンを利用すればクレードルが無料でもらえます。

 

【検証結果③】バッテリーが長持ちするのはWX05

次にバッテリーの持続時間について比較してみましょう。

カタログ値では連続して利用できる時間は下記のようになっています。

 

WX05 11.5時間
W05 9時間

 

実際に2つの端末をフル充電して使ってみましたが、やはりWX05の方がバッテリーは長持ちします。

カフェなどで作業する際、W05は充電器を忘れるとちょっと不安なので、バッテリー重視で少しでも充電が長持ちする方が良いという人はWX05がおすすめです。

 

↓4万円のキャッシュバックが付く↓

 

【検証結果④】操作のしやすさを比較

では、液晶画面で操作がしやすい端末はどちらなのでしょうか?

次はWX05とW05の操作性を比較してみましょう。

 

まず、W05のトップ画面はこんな感じ。

 

W05の液晶の操作画面

 

よく使う『通信モード設定』や『パフォーマンス設定』に、すぐにアクセスできるようになっています。

また、ボタンは横長ですが、表示が見やすく分かりやすいので、間違ったボタンをタップしてしまうということはありません。

 

W05の液晶画面の表示

 

一方のWX05のトップ画面はこんな感じ。

 

WX05の液晶の操作画面

 

画面には大きく時計が表示されていて、よく使う機能はクイックメニューに集約されています。

項目の選択ボタンはW05よりも大きめ。

 

WX05の操作画面

 

ただ、操作性に関しては、どちらの端末も大きな違いはありません。

そもそも、WiMAXは度々設定を変更するようなものではないので、この辺りは好みで決めていいと思います。

 

たかしたかし

どちらも操作しやすくて使いやすいので、操作性は引き分けです。

↓4万円のキャッシュバックが付く↓

 

【検証結果⑤】WX05とW05のサイズの比較

では、WX05とW05はどれくらいサイズが違うのでしょうか?

持ち運びができるモバイルルーターに重要な、端末のサイズを比較してみましょう。

 

最初に数値で比較するとこんな感じ。

 

WX05 62×111×13.3mm
W05 55×130×12.6mm

 

実際に2つの端末を並べてみると、横幅は人差し指1本分くらいW05の方が長いです。

(白色の端末だと背景と一緒になって分かりにくいので、今回は赤色のWX05で比較しています。)

 

WX05とW05の横幅の比較

 

端末の高さはWX05の方が少しだけ高いですね。

 

WX05とW05の高さの違い

 

厚みはどちらも大差がありません。

 

WX05とW05の厚みの比較

 

WX05の方がコンパクトなので、ちょっとしたポケットにも入ります。

僕はMacbookのケースに入れて持ち歩いているのですが、これがちょうどいい感じ。

 

好みもあるかもしれませんが、コンパクトな分、WX05の方が持ち運びには便利だと思います。

 

↓4万円のキャッシュバックが付く↓

 

WX05とW05の比較まとめ

WX05とW05を実際に使って比較した結果は下記の通り。

 

WX05 W05
メーカーの安心度 ×
通信速度
通信の安定性
バッテリーの持ち
クレードルの性能
操作性
サイズ

 

ザックリと分けると、

 

バッテリーの持続時間が長い『WX05』

通信速度が速い『W05』

 

という感じです。

 

ただ、最初にもお伝えしたようにHUAWEI(ファーウェイ)は日本政府や3大キャリア(docomo、au、ソフトバンク)が排除を決めるなど、使用するにはリスクの多いメーカーです。

自分の個人情報やネットセキュリティを守るためにも、おすすめの端末は『NEC製』のWX05です。

 

WiMAXは下記のWEBキャンペーンを使えば4万円を超えるキャッシュバック付きで申込むことができます。

公式ページで申込むより月額料金も安くなるので、WiMAXを申込むならこのキャンペーンを利用するのがおすすめです。

 

↓4万円のキャッシュバックが付く↓

 

Wimaxを公式ページよりもお得に申込む方法

WiMAXはプロバイダが行っているキャンペーンを利用して申込むことで、実質の利用料金が安くなります。

なので、間違っても公式ページから申込んではいけません。

 

公式ページから申込むと

 

  • 端末の購入費用がかかる
  • 月額料金が高い
  • キャッシュバックが安い

 

というデメリットがあります。

 

どこから申込んでも通信速度や通信エリアは同じなので、必ずプロバイダのWEBキャンペーンを利用して申込むようにしましょう。

 

では、数あるプロバイダの中からどのプロバイダを選べば良いのでしょうか?

それはGMOとくとくBBというプロバイダを選ぶのがベストです。

 

その理由は、

 

  1. 月額料金が安い
  2. キャッシュバックが高い
  3. 端末が無料でもらえる
  4. 20日間は違約金なしで解約できる
  5. 端末の即日発送に対応している
  6. クレードルが無料でもらえる

 

という6つのメリットがあるからです。

 

キャッシュバックが高いので、公式ページから申込んだ場合と比較して3年間のトータル料金が大幅に安くなります。

 

公式ページ GMO
月額料金 4,380円 4,263円
3年の合計金額 157,680円 153,468円
キャッシュバック 10,000円 42,000円
総額費用 147,680円 110,260円
※今月のキャッシュバック額は公式ページで確認してください。

【公式】→今月のUQ WiMAXのキャッシュバック額

【こっちがお得】→今月のGMOとくとくBBのキャッシュバック額

 

GMOとくとくBBなら公式ページから申込むよりも3万円以上安く使えることが分かりますよね?

 

これはWiMAXやネットに詳しい人が使っている方法なので、あなたもWiMAXで損をしないようにこのキャンペーンを利用してみてください。

 

 

関連記事→GMOとくとくBBのWiMAXキャンペーンを選ぶべき5つのメリット!