「台湾で安心して使えるレンタルWi-Fiを知りたい。」

あなたはこんな悩みを持っていませんか?

 

ビジネスやプライベートで台湾を訪れる人は非常に多く、その殆どの人が現地で安全かつ快適にネットを利用するためにレンタルWi-Fiを利用します。

 

レンタルWi-FiサービスはフリーWi-Fiよりも安全度が高いですし、通信品質も高いため台湾を訪れる際には強く利用をおすすめします。

ただ、初めて利用する時はどの事業者のサービスを利用したら良いの分からないですよね?

 

私も海外に行く時にはレンタルWi-Fiをどこで借りればいいか迷ってしまいます。

 

そこで今回は、台湾で快適に利用できるおすすめのレンタルWi-Fiを紹介します。

具体的なレンタル方法もお伝えするので参考にしてください。

 

レンタル手続きは超簡単→台湾で使えるレンタルWi-Fiサービスはこちら

 

台湾で使えるおすすめのレンタルWi-Fi

台湾で利用できるレンタルWi-Fiサービスといっても様々なものがありますが、その中でもおすすめなのがFUN WiFiというサービスです。

 

FUN WiFiは台湾の桃園空港カウンターがある現地のレンタル業者であり、日本のレンタル業者よりもコストパフォーマンスに優れたレンタルサービスを展開しています。

 

オフィスは台北と東京にあり、日本語でのサポートも充実。

そのため、初めて現地でレンタルWi-Fiを使う人でも安心して利用できます。

 

もちろん事前登録して日本で受け取ることもできますし、現地の空港でレンタルすることもできます。

 

FUN WiFiの利用料金や利用方法

FUN WiFiのモバイルルーターは1日あたり680円。

これでデータ通信量は無制限となっています。

 

回線は現地の大手通信事業者である「中華電信」の回線。

LTE通信がデータ容量の制限無しで利用できるので、ビジネスやプライベートなどで頻繁にネットを利用する人でも使いやすいサービスです。

 

利用方法を分りやすく解説

FUN WiFiを利用するには公式サイトで予約を行い、現地の空港や日本の空港で端末の受け取りを行うというのが基本的な流れとなります。

 

  1. スマホンやパソコンで公式ページへ
  2. 申込みフォームに必要事項を入力
  3. クレジットカードor代金引換で決済
  4. 指定の場所で端末の受取(郵送or日本の空港or台湾の空港)

 

また桃園空港では当日申し込みも受け付けているので、予約を忘れてしまった場合は現地のカウンターでスタッフの案内に従って申し込みを行いましょう。

 

台湾桃園空港の第1ターミナルの受取カウンター

↑↑台湾桃園空港の第1ターミナルの受取カウンター

 

たかしたかし

桃園空港は日本の成田空港のような立ち位置で、第一、第二ターミナルの両方にFUNWi-Fiのカウンターがあります。

具体的な予約の流れですが、まず公式サイトにアクセスして「予約する」を選びましょう。

 

 

利用開始期間・利用終了期間を入力した後、受け取り方法を選択します。

 

 

受け取り方法は台湾の桃園空港・日本国内の主要な空港の郵便局・指定の住所への郵送の3パターンから選択できるので都合の良い方法を選びましょう。

 

なお国内空港の郵便局や指定の住所へ郵送・宅配をしてもらって受け取る場合には利用開始の2日前までに申し込みを行う必要があるため、余裕を持って申し込みを行うことをおすすめします。

 

その後は画面の案内に従って必要な情報や決済情報などを入力。

支払いはクレジットカード支払いのほか、代引での支払いにも対応しているのでカードを持っていない場合やカードでの支払いに抵抗がある人でも問題なく利用できます。

 

申込み完了後はFUN WiFiからメールが届くのでこのメールは大切に保管しておき、当日までにモバイルルーターを受け取ることでサービスの利用ができます。

 

どうですか?

手続きはこれだけなのでとても簡単ですよね?

 

受け取り方法を詳しく解説

端末の受け取り方法や返却方法についてより詳しく解説をしていきます。

 

郵送・宅配受取り

利用開始の前日までに郵送、もしくは宅配で端末が届きます。

郵送の場合は受取のサインは不要ですが、宅配の場合はサインが必要となります。

 

国内空港の郵便局での受け取り

受け取りの際にはFUN WiFiから届くメールに記載された追跡番号と申し込み者の本人確認書類が必要となります。

なお利用可能な空港は以下の通りとなっています。

 

  • 成田空港
  • 羽田空港
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港
  • 新千歳空港

 

桃園空港での受け取り

桃園空港の第1ターミナルあるいは第2ターミナルになるカウンターで受け取りができます。

受け取りの際にはFUN WiFiから届くメールに記載された予約番号とパスポート等の本人確認書類の提示が必要となります。

 

台湾桃園空港の第2ターミナルのFUN WiFi受取カウンター

↑↑台湾桃園空港の第2ターミナルのFUN WiFi受取カウンター

 

なおカウンターの営業時間は年中無休で6時から24時までとなっています。

 

端末を返す時はどうすればいい?返却方法を解説!

返却は受取った方法によって異なります。

 

日本国内で受け取りをした場合、受領物一式の中にFUN WiFiの返送窓口が記載されたレターパックが同梱されているので端末一式をレターパックに入れてポストに投函することで返却が完了します。

期限は到着日翌日の消印有効となっているので速やかに手続きを行いましょう。

 

桃園空港で受け取りをした場合には現地のカウンターでスタッフに手渡しで返却します。

カウンターが閉まっている場合には専用のボックスに投函すればOKです。

 

イメージ的にはレンタルのDVDを返すような感覚ですね。

 

返却を忘れた場合、違約金はどれくらいかかる?

返却期限を過ぎても連絡無しで返却をしなかった場合、延滞料金として延滞日数×1日あたりの利用料金の2倍の違約金がかかります。

 

これは連絡をしなかった場合なので、くれぐれも無断延滞には気をつけましょう。

なお、台風などの影響で直前にサービスの利用をキャンセする事となった場合には全額返金してもらえます。

 

まとめ

いかがでしたか?

今回は台湾で快適にネットをするのにおすすめのレンタルWi-Fiサービスを紹介しました。

 

何よりも手続きや申込み方法が簡単。

そして、定額料金でデータ容量の制限無しでLTE通信がし放題になるサービスなので、台湾でストレスフリーでネットをしたい人にはおすすめです。