モバイルWiFiサービスとして有名なのがWiMAXとワイモバイル。

その中で人気なのがW06(WiMAX)603HW(ワイモバイル)という2種類の端末です。

 

あなたもどちらの端末にしようか悩んでいるのではないでしょうか?

 

そこで今回は、W06と603HWの特徴や料金体系の比較などを行い、どちらがおすすめなのかを解説していきます。

あなたにピッタリの端末が分かるのでぜひ参考にしてみてください。

 

 

ズバリ、603HWとW06でおすすめの端末は?

まず最初に結論からお伝えすると、当サイトではワイモバイルの603HWよりもWiMAXのW06をおすすめしています。

 

その理由は、W06の方が

 

  • 通信速度が速い
  • 月額料金が安い
  • 無制限で使える地域が広い
  • キャッシュバックがもらえる

 

という4つのメリットがあるからです。

 

では、具体的にはどのくらいの違いがあるのでしょうか?

それぞれのサービスの特徴と違いを詳しくみていきましょう。

 

WiMAXの今月のキャンペーンはこちら↓↓

ワイモバイル603HWの特徴

ワイモバイルの603WH は通信速度が下り612Mbps。

連続通信時間も最長で約8.5時間なので、外出先でも安心して利用できます。

 

基本となるプランは一ヶ月7GBまでのPocket WiFiプラン2というプラン。

それに加えてアドバンスオプションに加入することで無制限のデータ通信ができるようになります。

 

月額料金を簡単にまとめると下記の表のような感じです。

 

Pocket WiFiプラン2(7GBプラン) アドバンスオプション(無制限プラン)
3,696円 4,380円

 

603HWを利用する場合の注意点としては、データ容量の制限や通信エリア、契約の縛りなどが挙げられます。

 

アドバンスオプションに加入をすればデータ容量の制限無しで通信ができるのですが、アドバンスオプションに対応しているエリアは主に大都市部のみ。

下記のマップの紫色の部分がアドバンスオプションが利用できる地域なのですが、まだまだ少ないのが現状です。

 

 

また、アドバンスオプションに加入していても直近の3日間で10GBを超える通信を行った場合には一時的に通信速度が制限されます。

さらに契約期間は自動更新付きの3年契約と比較的縛りが長いため、通信品質などに不満を感じた場合でも解約しにくいというのがデメリットです。

 

WiMAX W06の特徴

WiMAXのW06は通信速度が下り最大867Mbpsとワイモバイル603HWよりも高速となっています。

さらに連続通信時間がおよそ9時間と長持ち。

 

重量も603HWよりも軽量なので、携帯しやすい上に外出先でのバッテリー切れのリスクも低いです。

 

 

電波は速度の速い『WiMAX2+』と、通信エリアの広い『au 4G LTE』の2種類の電波を使うことが可能。

2つの電波を使い分ければ動画視聴やオンラインゲームに適していて、建物の中や地下鉄でも繋がりやすい端末になります。

 

単純に端末の性能を比較するとワイモバイルの603HWよりもWiMAX W06の方が優れていることが分かります。

 

気になる月額料金ですが、WiMAXもワイモバイルと同様に1ヶ月あたり7GBまで高速データ通信ができるプランとデータ容量無制限プランの2種類があります。

 

月額基本使用料

ライトプラン(7GBプラン) ギガ放題プラン(無制限プラン)
3,609円 4,263円

 

料金面を比較してみても、僅かではありますがWiMAXの方がお得であることが分かります。

 

ワイモバイル WiMAX
7GBプラン 3,696円 3,609円
無制限プラン 4,380円 4,263円

 

W06はキャンペーン利用で超お得に

先程の比較では、w06と603HWの月額料金に大きな差はありませんでした、

しかし、W06はプロバイダが用意しているキャンペーンを利用すると、メチャクチャお得になります。

 

それがGMOとくとくBBが行っている下記のWEBキャンペーン



このキャンペーンを利用すれば

 

  • 3万円を超えるキャッシュバックが付く。
  • クレードルの無料プレゼントが選べる。
  • 20日間は違約金なしで解約できる。

 

という、好条件でW06を契約することができます。

 

キャンペーンを適用した状態で603HWと比較してみると下記の通り。

 

603HW W06
最低利用期間 3年 3年
月額料金 4,380円 3,381円※
最大通信速度 612Mbps 758Mbps
最大通信時間 8.5時間 10.5時間
通信制限の目安 3日で10GB 3日で10GB
キャッシュバック なし 約3万円

※キャッシュバックが3万円と仮定して34ヶ月で割った金額を月額料金から引いています。

 

はとんどの部分でW06の方が優れているのが分かりますよね?

3年間のトータル料金で比較すると、その差に大きな違いが出てきます。

 

ワイモバイル WiMAX
7GBプラン 133,056円 89,928円
無制限プラン 157,680円 113,472円

 

これだと圧倒的にW06の方がお得です。

この結果からも分かるように、603HWとW06で迷っているのであれば、GMOとくとくBBのキャンペーンを利用してW06を契約するのがおすすめです。

 

 

関連記事→GMOとくとくBBのWiMAXキャンペーンの5つのメリット!