UQモバイルのWimaxとY!mobile(ワイモバイル)のポケットWi-Fi。

 

「この2つサービスはどちらがおすすめなの?」

「性能やサービスの違いって何?」

 

これからポケットWi-Fiを契約する人は、どちらのサービを選べばいいか迷ってしまいますよね?

 

WiMAXとワイモバイルはどちらを契約すれば良いのか?

そして、性能にはどういった違いがあるのか?

 

今回はWimaxとワイモバイルの違いを詳しく解説するので参考にしてください。

 

WiMAXとワイモバイルの決定的な違いは電波の種類

UQモバイル『Wimax』とワイモバイルのポケットWi-Fiは、使っている電波が違います。

 

Wimaxは『Wimax2+』という電波と『LTE』という電波を切替えて使用できます。

一方、ワイモバイルは『LTE』だけしか利用できません。

 

『WiMAX2+』は通信速度は速いのですが、建物の中や山間部では電波が入りにくいという特徴があります。

逆に、『LTE』は理論上の最大通信速度は『Wimax2+』に比べると劣りますが、建物の中や山間部でも電波が入りやすいという特徴があります。

 

簡単にいうと、『LTE』というのはスマホで使われている電波なので、電波の入り具合はスマホと同じだと思っておけばOKです。

 

一方、WiMAXはスマートフォンで使っている電波とは別物。

スマホとは別の回線を使っているので、スマホ利用者の混雑には影響を受けません。

 

そのため、通信が混み合う年末年始や災害時でも比較的スムーズに通信を行うことができます。

 

『Wimax2+』『LTE』という2種類の電波が使えるWiMAX。

そして、『LTE』しか使えないワイモバイル。

 

おすすめはもちろんWiMAXです。

 

 

Wimaxのメリットとデメリット

先ほどお伝えした通り、Wimaxはスポットインターネットです。

簡単に言うと、通信する場所に大きく左右されるサービスです。

 

電波の状態が良い場所で利用すれば、通常でも30Mbps以上の通信速度が出ます。

そのため、動画視聴やオンラインゲームにも適しています。

 

 

ただ、電波を拾うところではスムーズなパフォーマンスを発揮しますが、何か弊害があるとパフォーマンスが低下します。

 

なので、そんな時は『LTE回線』に切替えて利用するようにしましょう。

地方出張などでWimaxがエリア外になったり、電車や新幹線で移動するときには『LTE』が使えると便利です。

 

そしてWimaxはWEBキャンペーンを使えばキャッシュバックなどの特典を受けることができるので、料金的にもお得です。

 

さらに違約金は1年目19,000円、2年目で14,000円、3年目以降は9,500円と、後述するY!mobileと比較すると安くなるのも特徴です。

 

Y!mobileのメリットとデメリット

ワイモバイルはLTE回線なので、電車や車で移動しても通信感度が鈍るということがありません。

また、地下や壁などの弊害があっても影響を受けにくいという特徴があります。

 

速度制限はWiMAXと同様に直近3日間の合計通信量が10GBを超えると翌日の夜に速度制限となります。

速度制限時は128Kbpsまで下がるので、ほぼ通信は不可能です。

 

たかしたかし

WiMAXは制限時でも1Mbps前後は出るのでネットサーフィンなどはできます。

ちなみに1MbpsというのはYoutubeの普通画質の動画が視聴できる速度です。

また、ワイモバイルは違約金が高額で毎月少しずつ減額していく仕組み。

しかも契約期間は3年間になります。

 

なので途中解約や利用環境の変化に対応しづらい点がデメリットです。

 

結局どちらがおすすめ?

ここまでWiMAXとワイモバイルの特徴を比較してきましたが、最終的にはどちらのサービスがおすすめなのでしょうか?

結論をお伝えすると、当サイトでは圧倒的にWiMAXをおすすめしています。

 

その理由は通信速度の速さと料金の安さ。

僕もWiMAXを使っていますが、動画視聴など何の問題もなく出来ています。

 

WiMAXはLTEに比べて建物内で電波が入りにくいとお伝えしましたが、実際に使ってみるとそこまで不便は感じません。

 

  • 自宅での動画視聴
  • 近所のカフェでのネットサーフィン
  • 出張先のホテルでのネット接続

 

など、普通に利用できています。

 

新幹線の移動中は『LTE通信』に切り替えないと繋がりにくいので、新幹線での移動が多い人は3年契約にして『LTE』を無料で使えるようにしておくのがおすすめです。

 

また、WEBキャンペーンを使って申込をすれば、3万円を超えるキャッシュバックが付くので実質の使用料が安くなります。

その他にも、

 

  • 端末が無料でもらえる。
  • クレードルが無料でもらえる。
  • 20日間は違約金なしで解約できる。
  • 端末の即日発送をしてくれる。

 

といった特典があるので、ワイモバイルのWi-FiよりもWiMAXがおすすめです。

 

 

関連記事→【2018年版】WiMAXとワイモバイルを徹底比較!おすすめはどっち?