「ベトナム(ホーチミン)で電話やネットを使うにはどうすればいいの?」

 

はじめての海外旅行だと、電話やネットの通信手段をどうやって確保すればいいか気になりますよね?

 

現在、ホーチミンでも快適にモバイルデータ通信が行えるようになっています。

では、ホーチミンで電話やネットが使えるようにするには具体的に何をすれば良いのでしょうか?

 

今回はホーチミンで電話やネットを使うための方法を解説していきます。

 

ドコモ、au、SoftBankであればそのまま海外で利用可能

現在、ドコモやau、ソフトバンクなどの大手携帯キャリアと契約している場合、基本的には現在使っているスマホをそのまま海外で使うことができます。

 

インターネットに接続したい場合は下記のサービスに申込むことで、定額料金でホーチミンでネットができるようになります。

 

ドコモ WORLD Wingとパケットパック海外オプション
au 世界データ定額
ソフトバンク 海外パケットし放題サービス(申し込み不要)

 

いずれのキャリアも渡航前にサービスの申し込みを行い、ホーチミンに到着したらデータローミングをオンにすることですぐに利用できます。

たかしたかし

キャリアやサービスによってはデータローミングをオンにした後「利用開始」のボタンをタップする必要があります

簡単にいうと、SoftBank以外はショップで手続きをするだけでOKということ。

SIMの差し替えなど、面倒な手続きがいるのかと思ったかもしれませんが、3大キャリアであれば手続きだけで海外利用が可能になります。

 

海外パケット定額の料金は?

各キャリアの海外パケット定額サービスの利用料金は次のようになっています。

 

【ドコモのパケットパック海外オプション】

24時間で980円+税(日本で使っているパケット通信量をシェアします)。

 

【auの世界データ定額】

24時間で980円+税(日本で使っているパケット通信量をシェアします)。

 

【ソフトバンクの海外パケットし放題】

1日あたり0円~2,980円+税(日本で使っているパケット通信量は消費しません)。

 

電話をかける時にはどうすればいいの?

電話を掛ける場合についても日本で利用している携帯電話番号をそのまま利用できます。

 

各キャリアごとに国際電話を発信する際のルールが定められているので、キャリアごとのルールに従ってダイヤルをしたり電話を受けたりすることが可能です。

 

なお国際電話サービスを利用する場合には通話定額プランに加入をしていてもサービスの対象外となります。

通話料も日本の国内通話と比較してベトナムと日本で通話をする場合には倍以上の通話料がかかるので注意してください。

 

SIMフリーのスマホと現地の格安SIMを使う方法

よりお得にホーチミンでネットをしたい場合におすすめなのが、現地の通信事業者のプリペイドSIMを購入し、SIMフリーのスマホに挿して利用することです。

 

SIMフリーのスマホは家電量販店やAmazonなどで安価に購入できますし、大手携帯キャリアから購入したスマホであっても一定の条件を満たしていれば無料でSIMロックを解除してSIMフリーにできます。

 

SIMロックが解除されたスマホがあれば、現地のプリペイドSIMを挿して利用するのが便利です。

 

現地のプリペイドSIMはホーチミンの最寄りの国際空港であるタンソンニャット国際空港で購入が可能。

初期設定などは店員さんがやってくれるのでAPN設定などがわからない人でも問題なくできます。

 

料金はプランごとに異なりますが、概ね10GB~15GBまで高速通信ができ10日から2週間程度利用できるプランが日本円で1,000円程度で販売されています。

大手携帯キャリアのサービスと比較すると非常に安いことがよく分かります。

 

またベトナム全土で利用できるプリペイドSIMはAmazonやYahooショッピングなどでも販売されています。

事前に初期設定を済ませてから渡航したい場合には、この方法が便利です。

 

ちなみにAmazonやYahooショッピングなどでは通話付きで6GB・30日間利用できるSIMが880円程度で販売されています。

 

 

※スマホの種類?によっては使えないこともあるようなので注意してください。

 

ホーチミンでの通話料を安くする方法

ホーチミンでできるだけ安く通話をしたい場合にはLINEの利用がおすすめです。

ホーチミンでもネット環境さえあればLINEは問題なく利用できますし、もちろん友だちに登録してある人であれば無料通話ができます。

 

また固定電話などの電話番号に電話をする場合にはLINE OUTというLINEが提供するIP電話サービスを利用することで日本とベトナム間の国際通話が1分あたり約8円で利用可能となるので通話料を大幅に節約するのに役立ちます。

 

まとめ

今回はホーチミンを訪れた際のネットの接続方法や音声通話などについて解説しました。

 

大手携帯キャリアと契約してスマホを利用しているのであれば、簡単な手続きでそのまま現地でネットが利用できます。

しかも、かつてのようにパケット通信料が有頂天になってしまい帰国後に高額請求がされる恐れもなくなったので、安心してホーチミンでネットができます。

 

さらに通信費を節約したい場合は現地の通信事業者のプリペイドSIMを購入するのがおすすめです。