最近は色々な場所で公衆無線LANや無料Wi-Fiスポットという言葉をよく聞くようになってきましたが、無線LANとWi-Fiは何か違いがあるのかと疑問に思ったことはありませんか?

 

先日、家電量販店にWi-Fiルーターを見に行ったのですが、『無線LAN』や『Wi-Fi』の他にも『wimax2+』や『4G』『LTE』といった様々なものをすすめられて何が何だか分からなくなってきました(笑)。

 

そこで今回は『無線LAN』と『Wi-Fi』、そして『wimax2+』や『LTE』といったものの違いや特徴を解説していきたいと思います。

 

無線LANとは

まずは無線LANから。

 

『LAN』というのは『ローカルエリアネットワーク』の略称で、自宅に引き込んだ光回線とパソコンを繋ぐものです。

自宅に光回線を引いていれば分かると思いますが、光回線を引き込む工事が終わるとハガキよりも一回り大きな機器が設置されますよね?

 

これが光回線終端装置という、光回線の取り込み口です。

 

この光回線終端装置とパソコンをLANケーブルというケーブルを使ってこの接続することを有線LAN接続と言います。

 

network

 

そして、この時に無線LANルーターというものを光回線終端装置とパソコン間に設置して、LANケーブルを使わずに電波で繋げるようにしたものを無線LAN接続と言います。

 

本来ならLANケーブルが必要な部分をワイヤレスでネットに接続できるようにするのが無線LAN接続です。

 

無線LANとWi-Fiの違い

そうなると、『Wi-Fiと無線LANはどう違うの?』という疑問が出てきますよね?

 

ハッキリ言うと『Wi-Fi=無線LAN』と考えてほぼ間違いはありません。

ただ、厳密に言うとWi-Fiは無線LANの中の規格の名前になります。

 

ゆうたゆうた

つまり、ツナ缶とシーチキンのような関係?

みさとみさと

まあ、簡単に言えばね・・・(笑)。

無線LAN(ツナ缶)という大きなカテゴリーの中にWi-Fi(シーチキン)という商品名がある感じかな・・。

Wi-FiはWi-Fi Alliance(ワイファイ・アライアンス)という団体の審査を通過したものだけが名乗れる称号のようなもの。

無線LANの中で、Wi-Fi Allianceという団体の審査を通過した製品が『Wi-Fi』という訳です。

 

musenlan

 

こうしてWi-Fiという1つの規格(ブランド)を作る事で、利用する方はWi-Fiという文字があれば互換性があるという事で、製品を購入しやすくなりますよね?

 

簡単に言うと、無線LANとWi-Fiはワイヤレスでネットに接続するという意味では同じもの。

下記の図のようにイメージしておけばOKです。

wi-fi

3G、4G/LTEとは?

次にこちらも最近よく聞く、3G、4G、LTEといった通信方式。

3G、4G、LTEというのは携帯やスマホで移動しながらネットを利用するのに適したモバイル通信の技術です。

 

1か所に留まって利用するパソコンは、自宅に引きこんだネットをWi-Fiを使ってワイヤレス利用しますが、移動しながら利用する携帯電話やスマホでは3G、4G/LTEの電波で直接モバイル通信をしています。

wifi2

3Gと4G/LTEの違い

先程もお伝えしたように、3Gや4G/LTEは元々は携帯やスマホで通話をするための電波でした。

そのため、スマホが登場するまでのガラケー(FOMA)などは3Gの電波を使って通話やデータ通信を行っていた訳です。

 

しかし、スマホが登場して動画を見たり、大容量のファイルをやり取りする機会が増えたため、3Gではデータの通信が困難になります。

 

そこで、3Gが高速化されてパワーアップしたものが4G/LTEです。

4G/LTEは3Gのスーパーサイヤ人版みたいなものですね。

 

WiMAXとは?

そして次に登場するのがWiMAX

WiMAXはデーター通信に特化した通信サービスで、技術は違いますが基本的にはLTEと同じようなものです。

 

3Gや4G/LTEは音声通話をすることを目的とした電波ですが、WiMAXはデータ通信のみのサービス。

現在はWiMAXがパワーアップして高速化されたWiMAX2+というものが使えるので、下りの速度も最速で220Mbpsとなっています

 

さらに、よく比較されるワイモバイルなどでは3日で3GBまでというような容量制限が設けられていますが、WiMAXではデータ容量が無制限で使えるギガ放題というプランがあるのが特徴です。

(WiMAXの場合も3日で3GBという制限がありますが、制限がかかってもそこそこの速度が出ます。)

 

関連記事⇒WiMAXは速度制限でどのくらい遅くなる?いつから制限が始まるの?

 

ちょっと、頭がこんがらがってきたかもしれないので整理すると、下記の図のようになます。

wifi1

 

WiMAXはJ.Dパワーという会社が行なっている【日本モバイルデータ通信サービス顧客満足度調査】でも3年連続1位を獲得していて評判が良く、キャンペーンなどのキャッシュバックを利用すると、とてもお得に使えます。

 

なので、個人的には外出先でネットを使うためのモバイルサービスを検討している人にはWiMAXをおすすめしています。

 

まとめ

今回解説した『無線LAN』や『Wi-Fi』、『wimax2+』や『4G/LTE』といったものを再度整理してみるとこんな感じです。

wifi3

無線LANとWi-Fiはワイヤレスで端末をネットに接続することで、wimax2+や4G/LTEはモバイル通信用の電波の事でしたね。

 

外出先でのネットの利用を考えている場合はwimaxか4G/LTEを利用しているワイモバイルなどのポケットWi-Fiを契約することになりますが、その際は顧客満足度が高く、キャッシュバックなども充実してるWiMAXがおすすめです。

 

関連記事⇒【比較で分かる】ワイモバイルよりWiMAXをおすすめする理由!!