WiMAXのW05はSIMフリーなのか?

格安SIMで利用することはできるのか?

 

あなたはこんな疑問を持っていませんか?

 

結論を先にお伝えすると、W05はSIMロックがかかっていないSIMフリー端末です。

ただ、W04やW03と違って『au VoLTE対応SIM』を利用しないと使えません

 

そのため、W05を格安SIMで利用する場合は、mineo(マイネオ)のSIMを使うのがおすすめ。

僕は実際にmineoの格安SIMを申込んだのですが、何の問題もなく利用できています。

 

今回はW05をmineoの格安SIMで利用する方法を解説するので参考にしてください。

 

ポイント

WiMAXのW05はmineo(マイネオ)の『au VoLTE対応SIM』で利用することができます。流れとしては下記の公式ページからauプランの『VoLTE対応SIM』を申込めばOKです。

 

 

 

WiMAXのW05をmineoのSIMで使う手順

冒頭にもお伝えしたように、WiMAXのW05はmineo(マイネオ)の『VoLTE対応SIM』利用することができます。

『VoLTE対応SIM』というのはLTE回線を使って音声通話もできるようにしたもの。

 

今まで音声通話は3Gという通信方法を使っていたのですが、それが進化したバージョンだと思ってください。

 

W04やW03は『VoLTE非対応』のSIMでも利用できていましたが、W05は『VoLTE対応SIM』でないと利用できません。

なので、必ず『VoLTE対応SIM』を申込むようにしてください。

 

ちなみに、SIMのサイズは一番小さい『nano SIM』です。

 

ここまでの内容を簡単にまとめると、手元にW05があるのであれば、mineoの公式ページから『VoLTE対応SIM』を申込んで設定をすれば格安SIMでW05が使えるようになります。

 

 

mineo(マイネオ)の月額料金を確認

次にマイネオの料金体系を確認しておきましょう。

まず、マイネオを契約する際には3,000円の初期費用がかかります。

 

そして、それに加えてデータ通信の月額料金が必要となります。

下記はW05を使うのに必要なauプランの料金です。

 

データ容量 シングルタイプ料金
500M 700円
1GB 800円
3GB 900円
6GB 1,580円
10GB 2,520円
20GB 3,980円
30GB 5,900円

 

この中から自分の利用するデーター容量に適したものを選びましょう。

セカンド機として、ちょっとした外出のときに使う程度なら3GBプランが料金的におすすめです。

 

たかしたかし

マイネオのデータプランは最低利用期間がなく、いつ解約しても違約金は発生しないので便利です。

 

マイネオの申込方法を詳しく解説

では、ここからはmineoの申込み方法を詳しく解説します。

まずは下記のリンクから申込画面に進んでください。

 

mineo申込ページ

 

【お申込みはこちら】というボタンをタップ(クリック)します。

 

 

【エントリーコードを持っていない】を選択して次に進みます。

 

mineo1

※エントリーコードとは雑誌などのおまけについている優待コードのことです。エントリーコード付きの雑誌の発売は不定期なのでエントリーコードなしで登録しても大丈夫です。

 

次にプランとタイプを選びます。

W05で使う場合は【auプラン】と【シングルタイプ】を選択して、SIMカードのみを選びましょう。

 

mineo2

 

次の画面に進んでSIMのサイズを選びます

この時に必ず『au VoLTE対応』のSIMを選んでください。

 

 

SIMサイズは『nano SIM』と『micro SIM』で共通です(自分で対応の大きさに切り取るタイプ)。

 

次の画面でオプションサービスが表示されるので、必要なオプションがれば一緒に申込みをしておきましょう。

僕の場合は無料で申し込めるSMSオプション以外は必要なかったので、申込はしていません。

 

 

次に、名前や住所などの契約者情報を入力します。

 

 

基本情報の入力が終わったら契約内容が表示されます。

事務手数料やプラン名、月額料金を確認しておきましょう。

 

 

申込みが完了すると登録したメールアドレスにメールが届きます。

その中にURLがあるので、それのURLをクリックすれば申込みが完了します。

 

 

申込み完了から3日~5日程度でSIMカードが郵送されてきます。

 

 

mineoのSIMが到着してからのW05の設定方法

 

mineoのSIMが届いたら、まずはnano SIMの大きさに抜き取ります。

この時、ハサミなどを使わなくても、後ろから指で押すようにすると簡単に抜き取ることができます。

 

 

次にW05の上部にあるカバーを開けてSIMを挿入します。

この時、W05の電源は切っておいて、SIMの挿入後に電源を入れましょう。

 

 

パソコンでの設定

次にパソコンの無線LAN表示をクリックして、端末のSSIDを選択します。

SSIDは端末を識別する名前のようなもので、W05の本体を操作して、【情報】→【SSID情報】で確認することができます。

 

 

選択したら『ネットワークセキュリティキー』を入力するように求められるので、パスワードを入力してネットに接続しましょう。

パスワードは先程と同じく、SSID情報画面で確認することができます。

 

 

接続が終わったらGoogleなどのアドレスバーに「http://speedwifi-next.home」と入力しましょう。

すると、「Speed Wi-Fi NEXT設定ツール」という、APN設定をするページが表示されます。

 

 

ユーザー名に「admin」、パスワードにはIMEIコードの下5桁を入力します。

 

 

IMEIコードは端末の裏面に小さく記載してあります。

 

 

ログインしたら【設定】→【プロファイル設定】→【新規】へと進みます。

 

 

いくつかの項目を入力する画面が表示されるので、下記のように入力して【保存】をクリックします。

 

プロファイル名 任意の名前(マイネオにしておくと分かりやすい)
APN(接続先情報) mineo.jp
ユーザー名 mineo@k-opti.com
パスワード mineo
認証タイプ CHAP
IPタイプ IPv4

 

3秒待って【続行】をクリックしたらパソコンでの設定は終了です。

 

 

次はW05本体での設定に移ります。

 

W05本体での設定

W05のタッチパネルの中から【設定】という項目を選択。

 

W05の設定画面

 

次に【プロファイル選択】を選びます。

いくつかの候補が表示されるので、この中から先程の【プロファイル名】で入力したものを選びましょう。

 

W05のプロファイル選択

 

僕はプロファイル名に『W05-mineo』と入力したので、画像では『W05-mineo』となっていますが、プロファイル名にマイネオと入力していればマイネオという表示になっています。

選択したら右上のチェックマークをクリックして決定します。

 

元の画面に戻って【通信モード設定】を選択。

ハイスピードプラスエリアを選びます。

 

W05の通信モード切替画面

 

 

追加料金に関する注意事項がでてきますが【OK】を選択し、右上のチェックマークをクリックして変更を決定しましょう。

(WiMAX契約の場合は追加料金が発生しますが、マイネオのSIMで使う場合は追加料金はかかりません。)

 

ここまでの設定が終わればマイネオのSIMでW05が利用できるようになっています。

設定が終わればハイスピードモードに変更してもそのまま利用できます。

 

 

mineo×W05の通信速度はどのくらい?

では、mineoでW05を利用した時の通信速度はどれくらい出るのでしょうか?

スピードテストをした結果が下記の通り。

 

W05をmineoのSIMで使った時の速度41.70Mbps

 

下りで41.70Mbpsも出ました。

優秀すぎるくらい優秀ですよね?

 

速度的にはPS4などのオンラインゲームもAmazonプライムなどの動画視聴も問題ありません。

というか、自宅の光回線よりも速い速度が出ています。

(うちの光回線はVDSLなので10Mbps程度・・・。)

 

なので、W05のmineo利用はおすすめです。

 

 

まとめ

WiMAXのW05はSIMロックのかかっていないSIMフリー端末です。

ただ、今までのW04やW03とは少し異なるので、格安SIMで使う場合はmineoのSIMがおすすめです。

 

そしてその際は、必ず『auVoLTE対応SIM』を選択するようにしてください。

mineoのSIMでも充分な速度が出るのでおすすめです。

 

マイネオの申込みはコチラ