ポケットWi-Fiを契約したいけどY!mobile(ワイモバイル)とWiMAXはどっちがいいのか分からない・・・。

通信端末は料金プランが複雑なので、契約する際には本当に迷ってしまいますよね?

 

ただ、良く分からないからといって適当に契約してしまうのは危険。

ポケットWi-Fiには最低利用期間があるので、サービス選びを失敗すると、使えない端末にお金を払い続けることになってしまいます。

 

僕はY!mobile(ワイモバイル)とWiMAXを比較して最終的にWiMAXを選んだのですが、その理由は何だったのか?

今回は2つのサービスの違いを比較しながら解説していきます。

 

当サイトではWiMAXをおすすめ

これからWiMAXとワイモバイルを詳しく比較していきますが、結果だけ先に知りたいという方のために、最初に結論をお伝えしておきます。

当サイトではワイモバイルよりもWiMAXをおすすめしています。

 

その理由は、第三者機関が発表している調査で顧客満足度が高く、WiMAXの方がデータ容量無制限で使えるエリアが広いから。

 

これから詳しく比較していきますが、数字やデータを見せられても良く分からないという方は、顧客満足度が高いWiMAXを選んでおけば間違いありません

 

※J.D.パワーズという第三者機関が行った調査結果。WiMAXはとにかく顧客満足度が高いです。

 

さらに、下記のような高額なキャッシュバックが適用になるキャンペーンもあるので、実質利用料を大幅に節約することが可能。

こういった理由から当サイトではWiMAXをおすすめしています。



 

WiMAXとY!mobile(ワイモバイル)の電波の違い

まず最初にWimaxとワイモバイルの違いを簡単に理解しておきましょう。

WiMAXは「WiMAX2+」という電波と「LTE」という電波の2種類を利用してインターネットに接続し、ワイモバイルはこのうちの「LTE」のみが利用可能です。

 

LTEはスマホの通信に使われている電波でエリアが広く、受信感度がいいという特徴があります。

 

一方のWiMAX2+はデータ通信専用の電波で、ワイモバイルの電波よりも通信速度が速いという特徴があります。

あと、建物の影響で電波が繋がりにくくなるというのも「WiMAX2+」の特徴です。

 

Y!mobileのメリットとデメリット

ワイモバイルはエリアが広く、LTE回線を利用していることで安定したネット接続が可能です。

エリア内を電車で通勤したり車で移動しても感度が鈍るということはなく、地下や壁などの弊害があってもWimaxと比較してパフォーマンスが落ちにくいです。

 

ただ、ワイモバイルは無制限プランで使えるエリアが狭く、通信量を削減するために勝手にデータを省略しているというデメリットがあります。

 

パケット通信時に、コンテンツに表示されない部分のデータなどにつきましては、通常の視聴・閲覧に影響の無い範囲でダウンロードの際に省略する場合があります。なお、省略されたデータは復元できません。

引用:ワイモバイル公式ホームページ

 

つまり、動画や画像をダウンロードしたり長時間の接続を伴うサイトやアプリがあると、画質が悪くなったり、通信速度が制限されてしまう可能性があるということ。

WiMAXではこうした制限はないので、ここがワイモバイルの大きなマイナスポイントになります。

 

あと、音声通話付きプランにはキャッシュバックなどのお得な特典があるのですが、Wi-Fiのデータプランにはキャッシュバックがないのもマイナスポイントです。

 

ワイモバイルの通信制限(速度制限)

ワイモバイルは直近3日間の通信量が10GBを超えると、当日の18時~翌日1時まで通信制限が行われます。

制限時の速度は1MbpsというYoutubeの標準画質の動画が見られる程度の制限。

 

この通信制限の基準や制限される時間などはWiMAXとほぼ同じなので、どちらのサービスを利用しても大きな違いはありません。

 

最低利用期間

ワイモバイルで1番のデメリットになるのが最低利用期間の長さ。

WiMAXが2年であるのに対して、ワイモバイルは3年の契約が必要になります。

 

スマホをイメージすると分かりやすいと思いますが、3年前のスマホを使っているとなるとスペック面だけでなく、バッテリーや端末自体にもガタがきますよね?

それと同じで最低利用期間が3年となると、何世代も前の端末やサービスを使い続けることになるので、ワイモバイルの3年の最低利用期間は大きなデメリットになります。

 

Wimaxのメリットとデメリット

Wimaxは建物の中などでは繋がりにくいというデメリットがありますが、エリアも拡大されて通信速度もどんどん高速化しています。

使う場所や端末によって100Mbps以上の速度が出ている人もいるので、その進化には注目すべきものがあります(ウチの光回線より余裕で速い・・・)。

 

 

さらにプロバイダと呼ばれる代理店から申込むことによって高額なキャッシュバックが受取れるキャンペーンがあるというのも大きなメリット。

 

WEBキャンペーンを利用すれば下記のように高額なキャッシュバックが受け取れるので、実質料金を大幅に安く抑えることができます。



WiMAXの通信制限

WiMAXの通信制限はワイモバイルと同じで、直近3日間の合計通信量が10GBを超えると1Mbpsまで速度が制限されます。

10GBという容量がどのくらいなのか分からないかもしれませんが、10GBは下記の表のように標準画質のYouTube動画が丸2日以上視聴することが可能なくらいに大きな容量です。

 

引用:UQ公式HP

 

最低利用期間

ワイモバイルの最低利用期間が3年だったのに対して、WiMAXは2年の最低利用期間となっています(WX04という端末は3年契約のみのプロバイダあり)。

 

 

結局どっちがいいの?料金を含めた比較

長々とした説明になってしまいましたが、両者の違いを表にまとめて簡単に比較してみましょう。

 

ワイモバイルは購入する機種によって金額が変わるのですが、504HWというモバイルWi-Fiを契約した場合とGMOとくとくBBでWiMAXを契約した場合の基本的なデータを比較してみました。

 

WiMAX ワイモバイル
月額料金(データ無制限) 4263円 4380円
下り最大通信速度 708Mbps 612Mbps
通信制限数値 3日で10GB 3日で10GB
制限速度 1Mbps 1Mbps
制限期間 翌日18時から翌々日の2時 当日18時から翌日1時
契約期間 2年間 3年間
キャッシュバック金額 最大3万円前後 なし

※ワイモバイルはアドバンスモード適用料金で比較しています。

 

比較を見ても分かるように、正直、WiMAXとワイモバイルの性能面に大きな違いはありません。

 

通信速度は20Mbpsも出ていれば動画を観るのにも充分。

通信制限時の期間や速度も同じなので、この部分では大きな差はつきません。

 

では、どこで差がつくかといえば「最低利用期間」と「キャッシュバックキャンペーンの有無」。

短い最低利用期間で3万円前後のキャッシュバック受取れるWiMAXの方がメリットが大きいといえます。

 

ここで利用料金の総額をシンプルに計算してみましょう。

 

ワイモバイルの場合は3年間の利用期間があるので4380円×36ヶ月=157680円が必要。

一方のWiMAXは2年の利用でよく、3万円のキャッシュバックを利用したと仮定したら4263円×24ヶ月-3万円=72312円で済みます。

(アバウトな計算なので目安として考えてください。)

 

2年経ったら他のサービスに乗り換えることも可能ですし、新たな条件でWiMAXを申込むことも可能。

そう考えたらWiMAXで契約しておいたほうが経済的であり、効率的です。

 

結論としては、最低利用期間が短く、キャンペーンを利用して安い料金で利用できるWiMAXが絶対におすすめです。

 

 

 

ワイモバイルをおすすめしない理由

ワイモバイルをおすすめしない理由は最低利用機関の長さの他に、もう1つ大きな理由があります。

それは、データ量無制限で使えるエリアが狭いこと。

 

実はワイモバイルは、データ通容量を無制限で使いたい場合はアドバンスモードというモードで利用する必要があります。

ただ、このアドバンスモードは使えるエリアが通常のエリアに比べてかなり狭いんです。

 

それは下記のマップを見てもらえれば理解してもらえると思います。

 

area

 

青色がデータ量の上限なしで使えるエリアなので、こうして見ると無制限で使えるエリアが結構限られていると思いませんか?

 

お住いのエリアの最新状況は下記で確認してみてください。

ワイモバイル(603HW)のアドバンスモード対応エリア

 

つまり、データ容量無制限プランで使う場合、ワイモバイルではエリアがかなり限定されるということです。

WiMAXにはこういったエリア制限はないので、無制限で使いたい場合はWiMAXの方が絶対におすすめです。

 

WiMAXをおすすめする理由

ここまで簡単にですが、WiMAXとワイモバイルを比較しながらメリットとデメリットをみてきました。

 

改めて、WiMAXのメリットという点でまとめてみると

 

  • 契約期間が短い(というかワイモバイルが3年と長い)
  • データ量の上限なしで使えるエリアが限られていない
  • キャッシュバックキャンペーンがある

 

といったことが挙げられます。

 

この他にも、第三者機関が発表した顧客満足度の高さで、WiMAXが3年連続で1位に輝いているというのも見逃せません。

 

WiMAXは顧客満足度が高い

第三者機関が発表したユーザーの満足度が高さというのは1番信頼できる情報ですよね?

 

自社のアンケートだけだとあまり信頼性がないかもしれませんが、実はWiMAXはJ.Dパワーという会社が行なっている【日本モバイルデータ通信サービス顧客満足度調査】で3年連続1位を獲得しています(2016年は2位で親会社のKDDIが1位)。

参考記事⇒3年連続 J.D. パワー顧客満足度No.1の受賞

 

モバイルWi-Fiはネット上に色々な口コミや評判がありますが、基本的にはサービスに満足している人より、不満を持つ人が口コミを書く傾向が強いので、どんなサービスでも悪い評判の方が目立ってしまいます。

 

あなたも口コミや評判を見ていると悪い評判ばかりで、余計に選択を迷ってしまったという経験はありませんか?

そんな中で、第三者が満足度を調査して3年連続で1位になったという事はとても信頼できる情報です。

 

jd

 

はっきり言えば、WiMAXは内容に満足している人が多いということなので、それだけ使い心地やサービス内容が良いということです。

 

WiMAXをお得に申込む方法

僕がWiMAXをおすすめする理由は分かっていただけたでしょうか?

最後にどうすればWiMAXをお得に申込めるのかをお伝えします。

 

WiMAXを申込む際に1番おすすめなのはGMOとくとくBBというプロバイダのWEB限定キャンペーンを利用することです。

UQコミュニケーションズの公式ページから申込みをすると端末が実費購入となり、特典のキャッシュバックも少額です。

 

一方、GMOとくとくBBのキャンペーンを使えば端末が無料になって3万円近いキャッシュバックも付きます。

こうなるとわざわざお金を出して端末を購入する必要はありませんよね?

 

WiMAXは本家のUQ以外にもBIGLOBEやSo-netというプロバイダが取り扱っていますが、GMOとくとくBBはネットのみの販売にこだわっているので、こういったプロバイダの中でもキャッシュバック金額が一番高額。

実際に僕の周りでWiMAXを使っている友達が4人いるのですが、全員がGMOとくとくBBで申込みをしています。

 

キャッシュバックを活用することで実質的な料金が安くなるので、WiMAXを申込む場合はGMOとくとくBBのWEB限定キャンペーンを利用するのがおすすめです。

 

 

 

キャンペーン情報