単身赴任で一人暮らしをすることになった・・・。

長期出張で他県に行くことになった・・・。

 

こんな時は引越し先でインターネット環境をどうすればいいか迷いますよね?

 

単身赴任となると、多くの人は引越し先のマンションやアパートに導入されている光回線を契約すると思います。

ただ、解約金や開通までの期間を考えると、光回線はあまりおすすめできません。

 

それよりも、すぐに開通して使う場所も選ばないモバイルルーター(ポケットWiFi)がおすすめです。

今回は単身赴任に最適なモバイルルーターについて解説するので参考にしてみて下さい。

 

単身赴任にベストなインターネット環境

僕も引越しの経験が多いほうなのですが、引越し先のインターネット環境は、毎回マンションに導入されている光回線を利用していました。

特に光回線にこだわりがある訳でなく、何となくマンションに導入されているインターネットを使えばいいと思っていたからです。

 

ただ、光回線は開通工事までに1ヶ月も時間を要します。

光回線対応マンションとなっていても、多くの場合はマンションの共有部分まで光回線が設置されているだけで、そこから部屋に引き込むためにどうしても工事が必要となるからです。

 

そして、この工事が行われるまでの期間は、だいたい1ヶ月程度です。

 

さらに最低利用期間もあるので、急に引越しをする時には違約金がかかってしまうので、単身赴任の人に使い勝手のいいサービスだとは言えません。

 

そこでおすすめなのがモバイルルーター(ポケットWiFi)。

モバイルルーターは持ち運び可能なインターネット端末で、早ければ申込の翌日から利用でき、仮に引っ越しをすることになってもエリア内であれば引越し先でもそのまま利用できるので便利です。

 

「モバイルルーターって通信や速度が安定しないイメージがあるんだけど・・・」

 

と思うかもしれませんが、最近のモバイルルーターの性能はかなり高いです。

もちろん光回線と比べると安定性は劣りますが、オンラインゲームをしたり動画を観たりするのも問題なくできるレベルです。

 

なので、単身赴任先のインターネットは、モバイルルーターを使ってWiFi利用(無線LAN通信)するのがベストです。

 

どの会社のモバイルルーターが安い?

モバイルルーターには

 

  • docomo
  • ソフトバンク
  • au
  • Yモバイル
  • UQ コミュニケーションズ(WiMAX)

 

が提供してるサービスがあります。

 

では、この中で度のサービスを選べばいいのでしょうか?

 

ズバリおすすめはUQコミュニケーションズが提供している『UQ WiMAX』です。

その理由は無制限で使えるプランがあることと、キャッシュバックなどの特典が適用されるので、実質の利用料金を安く抑えることができるからです。

 

正直な話、モバイルル-ターはどのサービスを使っても性能に大差はありません。

大差がないと言うと語弊があるかもしれませんが、どのサービスを使っても普通にインターネットは利用できます。

 

なので一番重要なのは、少しでも安くインターネットが利用できるサービスを選ぶということです。

 

WiMAXを選ぶメリット

WiMAXには色々な申込み窓口(プロバイダ)があるのですが、どこから申込むかによって特典が異なります。

そして、その中でも一番おすすめなのが『GMOとくとくBB』という、高額キャッシュバックで知られるプロバイダです。

 

GMOとくとくBBのキャッシュバック額は3万円以上

もうお分かりだと思いますが、このキャッシュバックを利用することで実質の利用料を安く抑えることができます。

 

WiMAXには無制限プランと月間7GBまでの2通りのプランがあり、料金は下記の通り。

 

プラン名 月額料金 24ヶ月(2年間)
7GBプラン 3,609円 86,616円
ギガ放題 4,263円 102,312円

 

仮に3万円のキャッシュバックがつく場合。

WiMAXを2年使うと仮定すると3万円÷24ヶ月=1,250円で、毎月1,250円分が割引されることになります。

 

GMOとくとくBBはギガ放題という使い放題のプランが月額4,263円なのでここから1,250円を引くと3,013円。

つまり、このキャンペーンを利用すれば、単純計算で2年間は実質3,013円の月額料金でWiMAXが使えるということになります。

 

2年間のトータル金額に換算すると下記の通り。

 

プラン名 24ヶ月(2年間) キャッシュバック 2年間のトータル
7GBプラン 86,616円  30,000円  56,616円
ギガ放題 102,312円 30,000円 72,312円

 

 

かなり安い料金で利用できることが分かると思います。

さらに、WiMAXなら引越し先でもエリア内であればそのまま利用できるので、解約に関する違約金についても心配する必要がありません。

 

 

WiMAXのおすすめの端末は?

では、WiMAXを契約する際はどの端末を選べばいいのでしょうか?

 

WiMAXには大きく分けて2種類の端末があるのですが、自宅のみで利用する場合はホームルーター。

 

 

自宅だけでなく外出先でも使いたい場合はモバイルタイプのルーターを選びましょう。

 

 

単身赴任で戸建てのような大きな家に住むことはないと思うので、個人的には持ち運びのできるモバイルルーターが便利だと思います。

そして、2018年4月時点での最新端末がW05とWX04のつのルーター。

 

↑奥がW05で手前がWX04。

 

この2台のルーターであればW05がおすすめです。

どちらも性能はそこまで大きく違わないのですが、WX04は最低利用期間が3年なのに対してW05は2年契約ができます。

 

 

最低利用期間が短いというのは大きなメリットになるので、単身赴任でインターネット環境を整えるなら、2年契約のできるW05を選ぶのがベストです。

 

 

まとめ

単身赴任先のインターネットを決める場合、光回線よりもモバイルルーターの方がおすすめです。

その理由は開通までの期間が早く、引越しによる解約の違約金リスクが少ないからです。

 

そしてモバイルルーターの中だと、高額なキャッシュバックが貰えるWiMAXを選ぶのがベスト。

GMOとくとくBBというプロバイダ(申込窓口)のWEBキャンペーンを利用すれば、3万円を超えるキャッシュバックが付くので、実質の利用料金を安くすることができます。

 

 

キャンペーン情報