今月はどのプロバイダーがWX04が一番お得になるキャンペーンを行っているか知っていますか?

公式ページや家電量販店などでも色々なキャンペーンが行われていますが、利用するキャンペーンによって実質の利用料金が3万円も変わります。

 

WiMAXはどのプロバイダ(申込み窓口)から申込んでも通信速度やエリアは同じです。

そのため、少しでもお得なキャンペーンを行っているプロバイダから申込むのが賢い選択。

 

しかし、中にはあまりおすすめでないキャンペーンから申込んで損をしてしまっている人がいます。

 

最初に結論をお伝えすると、今月(2018年4月)はGMOとくとくBBのキャンペーンを利用すれば、1番安くWX04を契約できます。

今回は他のプロバイダキャンペーンと比較しながら、その理由を解説していくので参考にしてみて下さい。

 

 

【2018年4月】プロバイダ別のキャンペーン

WX04のキャンペーンには大きく分けて『現金キャッシュバック』と『月額料金割引』の2種類があり、基本的にはキャッシュバックの方が割引額は大きくなります。

 

各プロバイダのキャンペーンを比較するとこんな感じ。

 

プロバイダ名 キャッシュバック 詳細
GMOとくとくBB 40,900円
So-net 30,000円
BIGLOBE 30,000円
UQ 10,000円
3WiMAX 月額割引
Broad WiMAX 月額割引
@nifty 月額割引
DTI 月額割引
ヤマダ電機 5000円~10,000円
エディオン 5000円~10,000円
ビックカメラ 5000円~10,000円

 

表を見てもらっても分かるように、キャッシュバックの最高値を誇るのがGMOとくとくBB。

そして、2番目に高いのがSo-net(ソネット)となっています。

 

GMOとくとくBBは40,900円のキャッシュバックが付くので、単純に3年(36ヶ月)で割ると40,800円÷36ヶ月=1,133円。

1ヶ月の料金が1,133円も割引される計算になります。

 

これを月額料金から差し引いた金額は下記の通り。

 

プラン 月額料金 1ヶ月の実質料金
ギガ放題 4,263円 3,130円
ライトプラン 3,609円 2,476円

 

公式ページから申込んだ場合と比較すると、トータルの料金が大きく変わってきます。

 

 プラン名 公式ページ GNOとくとくBB
 ギガ放題  157,680円 102,680円
 ライトプラン  123,056円 89,136円

 

キャッシュバックの場合はキャッシュバック額がそのまま割引される金額となるので分かりやすいと思います。

とりあえず、一番お得なキャンペーンでWX04を申込みたいという場合は下記のキャンペーンを利用すれば問題はありません。

 

 

一応、月額料金が割引されるキャンペーンとも比較してみたいという場合は次の項も参考にしてみてください。

 

月額割引キャンペーンの割引額はどのくらい?

では月額料金の割引キャンペーンはどれくらいの割引額なのでしょうか?

今回は月額割引キャンペーンで人気のあるBroad WiMAXを例に挙げて比較してみましょう。

 

公式ページで契約した場合の料金とBroad WiMAXで契約した場合の料金を比較してみるとこんな感じ。

 

プラン名 公式月額料金 Broad月額料金 差額
ギガ放題 4,380円 3,411円 969円
ライトプラン 3,696円 3,326円 370円

 

単純計算するとギガ放題の場合は公式ページから契約するよりも、月額料金が969×36ヶ月=34,884円も安くなることが分かります。

 

割引される額はかなり高額ですが、GMOとくとくBBのキャッシュバック額と比較すると5,000円くらい安いです。

そのため、実質料金を一番安くしたい場合は、やはりGMOとくとくBBのキャンペーンからの申込がベストです。

 

 

キャッシュバックはいつ受取れる?

では、GMOとくとくBBで申込みをした場合、キャッシュバックを受取れるのはいつになるのでしょうか?

これは利用開始から約1年後だと思っておきましょう。

 

キャッシュバックの受け取り時期に関して、GMOとくとくBBでは下記のように表記されています。

 

キャッシュバック特典は、端末発送月を含む11ヶ月目に基本メールアドレス宛にキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールを送信し、ご返信があった翌月末日(営業日)にご指定の口座に振り込みます。

引用:GMOとくとくBB

 

簡単に言うと、『端末が到着してから11ヶ月後に銀行口座を入力するメールを送るから、それに入力して返信してね。そうすれば翌月の末日にキャッシュバックを振り込むよ。』ということです。

 

1年後というのはかなり先のような気もしますが、キャッシュバックをもらってすぐ解約されては意味がないので、これはインターネット業界では普通のこと。

口座登録メールが届く月をスケジュール帳やカレンダーなどに忘れないようにメモしておきましょう。

 

 

WX04の性能ってどう?使ってみた感想!

WX04の性能や使い心地はどうなの?

実際にWX04を使ってみた感想はどんな感じ?

 

本当に端末はWX04でいいのか迷っているあなたに、僕が実際にWX04を使ってみた感想をお伝えします。

 

 

一言で言えば、WX04はW05と比較してバッテリーの持続時間が長いので、とても使いやすい端末です。

通信も安定しているので、使っていて不自由を感じることはありません。

 

さらにクレードル(充電台)に電波を強化するアンテナがついているので、自宅で使う時はクレードに接続するとさらい通信が安定します。

 

 

エリアにもよりますが、僕の場合はYoutubeを視聴するのにも問題ない速度が出ているので、WX04は本当に使いやすくておすすめの端末です。

ちなみにキャッシュバック額は少し減ってしまいますが、下記のキャンペーンを利用すればクレードルは無料でもらうことができます。

 

 

WX04のキャンペーンまとめ

WX04のキャンペーンにはキャッシュバックと月額料金割引の2種類があり、この2つのキャンペーンではキャッシュバックの方が割引率が高くなります。

 

そして、そのキャンペーンの中で1番高額なキャッシュバックをおこなっているのがGMOとくとくBBというプロバイダ(申込み窓口)。

2017年4月は40,900円のキャッシュバックが受け取れます。

 

4月は新生活が始まるシーズンでWiMAXのキャッシュバック額が上がっているため、今後は下がっていくことが予想されます。

そのためWX04を申込む場合は今月中の申込がおすすめです。

 

 

 

sanada