戸建てでインターネットを使いたいけど、光回線だと開通するまでに時間がかかる。

工事不要ですぐに使えるインターネットはないの?

 

自宅に初めてインターネットを引く時には、こんな悩みがでてきますよね?

 

光回線は開通までに1ヶ月以上の期間がかかり、工事費なども発生するので、僕も引越しする度にインターネットの手配に困っていました。

ただ、今は工事不要ですぐに使えるホームルーターが誕生し、スムーズに行けば2日もかからずに引越し先でインターネットが利用できるようになります。

 

「高い工事費を払って1ヶ月待ち・・・」

今はこんな思いをしてまで光回線を利用する時代ではありません。

 

今回は引越し先ですぐにインターネットが使えるWiMAXのホームルーター(HOME L01s)を紹介するので、工事不要で自宅にインターネットを引く時の参考にしてみて下さい。



WiMAXのホームルーターは工事不要で超便利

工事不要で自宅にインターネットを引きたい場合はWiMAXのホームルーターを利用するのがベストです。

ホームルーターは自宅に置くだけでインターネットが利用できるという便利なサービス。

 

自宅のコンセントに挿して、簡単な設定をすればすぐにインターネットが使えるようになります。

 

WiMAXのホームルーターはHOME L01sという機器なのですが、500mlのペットボトルを一回り大きくした感じの大きさでデザインもおしゃれです。

 

 

WiMAXの申込みをするとHOME L01sが送られてくるので、箱から出してコンセントに挿すだけでインターネットを使う準備が完了します。

端末が届いたらすぐに利用できるので、開通工事に1ヶ月の時間を要する光回線よりも断然便利。

 

安定した通信ができて光回線にも負けない速度が出るので、今はこういったホームルーターを使う人が増えてきています。

実際に僕の友人もほとんどが光回線ではなく置くだけのホームルーターを使っているので、工事無しで自宅にインターネットを引きたい人にはWiMAXのHOME L01sがおすすめです。

 

HOME L01を3万円のキャッシュバック付きで申し込めるキャンペーンはこちら

 

ホームルーターは光回線より速度が速い?

ホームルーターは光回線と比べて通信速度が遅いんじゃないの?

ちゃんとインターネットが利用できるか心配・・・。

 

今まで光回線を使っていた人は、もしかするとこんな不安を持っているかもしれませんね?

 

ハッキリ言いましょう。

WiMAXのホームルーターは光回線と同等の速度で、場合によっては光回線よりも通信速度が速くなる場合があります。

 

実際にウチは@niftyの光コラボを利用しています。

しかし、マンションの共有部分からは電話回線を使ったVDSL方式という接続がされているため、普段の通信速度が6Mbpsくらいしか出ていません。

 

しかも夕方になると1Mbpsを切ってYoutube動画すらも止まってしまう状況に・・・。

実はこんな感じで光回線を使っていても10Mbpsも出てない人って意外と多いんです。

 

それがWiMAXを使ってインターネットに接続すると速度はこんな感じに。

 

 

今回計測したのはモバイルルーター(WX04)ですが、これがホームルーターのHOME L01sだと電波を送り出すパワーが強いので、さらに速度は速くなるハズです。

 

さらに僕の他にも、光回線よりもWiMAXの方が速度が速くなったという人は沢山います。

 

 

つまり、ホームルーターは光回線にも負けない速度が出るという訳です。

 

簡単にまとめると、

 

  • 高額な工事代金がかからない
  • 開通工事の必要がない
  • 端末が届いたらコンセントに挿して置いておくだけで使える
  • 通信速度は光回線と比べても遜色なし

 

HOME L01sは光回線と比べてこういったメリットがあります。

 

HOME L01を3万円のキャッシュバック付きで申し込めるキャンペーンはこちら

 

引越しの時もそのまま持ち運びが可能!

そしてHOME L01sの1番大きなメリットは、引越し先にもそのまま持ち運んで利用できるということ。

光回線の場合は引越しする時には、引越し先でも新たに開通工事が必要になります。

 

もちろん、この工事期間も1ヶ月程度かかります。

それに比べてHOME L01sであれば、引越し先に持っていてコンセントに差し込むだけですぐにインターネットが利用できます。

 

引越ししたばかりの時って、光熱費の手続きや役所への届け出などでインターネットで調べ物をすることが多いですよね?

この1番利用頻度が大きい時にインターネットが使えるかどうかはとても重要な問題。

 

引越し先ですぐにネット接続ができるというのは大きなメリットです。

 

HOME L01sの性能

では、HOME L01sはどんな性能でどんな特徴があるのでしょうか?

一度、簡単に確認しておきましょう。

 

 機種 HOME L01s
画像
メーカー HAUWEI(ファーウェイ)
サイズ 約W93×H180×D93
最大通信速度 440Mbps
使える電波 WiMAX2+

au 4G LTE

電源 バッテリー使用不可・ACアダプタを使った使用
最大同時接続数 42台

 

HOME L01sは持ち運びを前提としたモバイルルーターではなく、自宅のコンセントに挿して使う据え置きタイプのホームルーター。

そのため、バッテリーは搭載されていません。

 

これがモバイルルーターとの大きな違いで、電力がコンセントからの供給なのでパソコンやスマホまで電波を送り出すパワーが強力です。

つまり、リビングに端末を置いたまま離れた部屋でパソコンを使うことが可能なので、2LDK以上の広いマンションや2階建ての戸建てでも利用できます。

 

また、同時にインターネットに接続できる台数が42台というのもポイント。

モバイルルーターは同時接続台数が10台前後なので、この点でもホームルーターが圧倒的に便利です。

 

ちなみにインターネットに接続して使う家電には下記のようなものがあります。

 

  • お父さんの仕事用のパソコン
  • お母さんが用のタブレット
  • 子供のゲーム機
  • 家族分のスマホ
  • 無線で接続できるプリンター
  • 玄関の防犯カメラ
  • HDDレコーダー
  • 録画予約用のテレビ
  • ワイヤレススピーカー

 

これからはWi-Fiに接続して利用する電化製品は増えてくるので、同時接続台数は大いに越したことはありません。

 

HOME L01sを公式ページよりも安く購入する裏技

では、HOME L01を申込む場合にはどこで申込めばいいのか?

多くの人が公式ページからの申込みをイメージすると思いますが、公式ページからの申込はおすすめしません。

 

というよりも、公式ページからHOME L01sを申込むと損をしてしまいます。

実はWiMAXには10種類以上の申込み窓口(プロバイダ)があるのですが、公式ページが行っているキャンペーンは1番お得度が低いです。

 

他のサイトから申込んだら3万円のキャッシュバックが付くのに、公式ページから申込んだら3千円のキャッシュバックしかつかないということがザラにあります。

WiMAXはどの窓口から申込んでもエリアや通信速度は変わらないので、一番お得なキャンペーンを行なっている窓口から申込むのがベストです。

 

そして、様々なプロバイダ(申込み窓口)の中で最高値のキャッシュバックを行なっているのがGMOとくとくBBというプロバイダ。

僕の周りにはWiMAXを使っている友達が4人いますが、全員がGMOとくとくBBから申込みをしているほどの人気ぶりです。

 

その理由は何と言っても3万円を超えるキャッシュバックの高さ

 

仮に3万円のキャッシュバックがつく場合。

WiMAXを2年使うと仮定すると3万円÷24ヶ月=1250円。

毎月1250円分が割引されることになります。

 

GMOとくとくBBはギガ放題という使い放題のプランが月額4263円なのでここから1250円を引くと3013円。

つまり、このキャンペーンを利用すれば、2年間は実質3013円の月額料金でWiMAXが使えることになります。

 

しかも公式ページからWiMAXを申込む場合はHOME L01sの端末を実費で購入する必要があるのですが、GMOとくとくBBだと端末は無料プレゼント。

このような理由からWiMAXを購入する際は公式ページから申込むのではなく、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを利用するのがおすすめです。

 

HOME L01を3万円のキャッシュバック付きで申し込めるキャンペーンはこちら

 

キャンペーン情報