W05の申込みを2年契約にするか3年契約にするかで迷っていませんか?

2年契約と3年契約の違いはLTEオプションが無料で使えるかどうかですが、自分にLTEが必要なのかイマイチ分かりませんよね?

 

そこで今回は、LTEオプションが必要なのはどんな人で、逆にどんな人には必要ないかを詳しく解説していきます。

この記事を読んでもらえば、W05を2年契約と3年契約のどちらにするかが理解できるので参考にしてみて下さい。

 

W05は3年契約しかできないというプロバイダもありますが、下記のGMOとくとくBBなら2年契約が可能です。キャッシュバックも付いてお得なので、W05を2年契約で使いたい場合は下記のキャンペーンを利用すればOKです。

 


2年契約と3年契約の違いを簡単に解説

ゆうたゆうた

GMOとくとくBBとUQ WiMAXからはW05が2年契約で申込めるみたいなんですけど、2年契約と3年契約は契約期間以外に何が違うんですか?

プロバイダ 2年契約の有無
GMOとくとくBB
UQ WiMAX
Broad WiMAX ×
3WiMAX ×
BIGLOBE ×
So-net ×
DTI 取扱なし

 

たかしたかし

2つのプランの違いは「LTEオプション」が無料で使えるかどうか。

2年契約だとLTEを使う時に1,005円のプション料金がかかるんだけど、3年契約だと無料でLTEが使えるようになる。

ゆうたゆうた

LTEって何ですか?

たかしたかし

LTEというのは電波の名前。

W05は「WiMAX2+」と「LTE」という2つの電波を使ってインターネットに接続できる用になっているんだ。

ゆうたゆうた

「LTE」を使うのにオプション料金がかかるなら「WiMAX2+」の電波だけでいいような気もするんですが・・・。

たかしたかし

それは全くその通りで、基本的には「WiMAX2+」の電波だけで問題ない。

ただ、LTEはWiMAX2+よりも通信エリアが広く、建物の中でも繋がりやすいという性質がある。

だからいざという時の保険のような電波だな。

ゆうたゆうた

なるほど。万が一WiMAXの電波が通じない時にLTEに切り替えて使えばいいんですね?

たかしたかし

その通り。LTEは人口カバー率が99%を超えているから、日本で人が住んでいるほとんどの地域で利用できる。

だから、通信エリアの心配をしなくていいというのが最大のメリットだ。

 

たかしたかし

だからLTEを無料で使いたい人は3年契約。

LTEはそこまで必要ないから使う時には追加料金を払うという人は2年契約にすればOKだ。

LTEオプションが必要な人と必要ない人

2年契約と3年契約の違いは分かったけど、自分はどちらを選ぶべきか分からない。

そんな時は2年契約を選んでおけば間違いありません

 

僕も実際にWiMAXを使っていましたが、正直、LTEを使う機会はありませんでした。

基本的にはWiMAXの電波だけで十分通信はできます

 

 

多くの人は僕と同じようにLTEを使うことはないと思うので、2年契約にしておいて、どうしても必要な時だけ追加料金を払ってLTEを利用するのがベストです。

 

ただ、下記に当てはまる人は3年契約にしてLTEを無料で使えるようにしておくのがおすすめです。

 

  • 仕事で使う
  • 山間部などの田舎に住んでいる
  • 出張が多く、新幹線の中や出張先のホテルで使う
  • 町中のオフィス街での利用がメイン
  • 鉄筋コンクリートのオフィスで利用する事が多い

 

こういった環境だとWiMAXの電波が入りづらいことがあるので、LTEを使う機会も増えます。

出張や営業などな、色々な場所に移動して使うことが多いのであれば3年契約にしておきましょう。

 

特に仕事で使う場合は、お客さんのところに行って圏外になってしまっては意味が無いので、気兼ねなくLTEが使える3年契約の方が安心です。

 

 

ほとんどの人は2年契約でOK

ゆうたゆうた

ここまでの話をまとめると、先輩は営業先をまわったり出張に行くこともあるから3年契約の方がいい訳ですね。

たかしたかし

その通り。逆にゆうたは自宅と会社ので使うだけだから2年契約でも大丈夫という訳だ。

ゆうたゆうた

確かに僕の行動範囲はどこもWiMAXの電波が入るので、LTEを使う機会はないですね。

たかしたかし

WiMAXのエリアはかなり充実しているから、基本的には2年契約で問題はない。

ただ、田舎への出張が多かったり仕事で使うことがある場合は3年契約の方が安心だ。

 

W05を他の人よりお得に契約する方法

実はW05を契約する際に、他の人よりもお得に申込む方法があります。

それはプロバイダのWEB限定キャンペーンを利用すること。

 

WiMAXを公式ページや家電量販店で申込む人がいますが、WEBキャンペーンを使えばキャッシュバックが公式ページの3倍になります。

 

プロバイダというのはWiMAXの申込窓口のようなもの。

どのプロバイダから申込んでも利用するサービスは同じなので、通信エリアや通信速度に違いはありません

 

プロバイダにはBIGLOBEやSo-netといった様々な会社があるのですが、その中でも一番おすすめなのがGMOとくとくBBというプロバイダ。

 

月額料金が公式ページで申込むより安くなり、高額なキャッシュバックも付きます。

W05は約3万円のキャッシュバックが付くので、W05を申込むならこのキャンペーンを利用しないと損をしてしまいます(公式ページのキャッシュバック額は3千円~1万円)。

 

 

まとめ

W05には2年契約と3年契約があります。

2つの違いはLTEオプションが無料で使えるかどうかですが、LTEは頻繁に使うものではないのでほとんどの人は2年契約で問題ありません。

 

W05は3年契約しかできないプロバイダがありますが、GMOとくとくBBであれば2年契約が可能です。

GMOとくとくBBで申込みをすればキャッシュバックが付いて、クレードルの無料プレゼントという特典もあるので、W05を申込むならGMOとくとくBBのキャンペーンを利用するのがおすすめです。

 

 

キャンペーン情報