あなたはヤマダ電機でWiMAXを契約しようと思っていませんか?

最初に大切な事をお伝えすると、WiMAXはヤマダ電機で契約してもお得ではありません。

 

店舗販売は人件費や家賃がかかるので、どうしてもキャッシュバックなどの特典が見劣りしてしまいます。

なので、WiMAXを申込むならWEBキャンペーンを使った方が絶対にお得です。

 

今回は実際にヤマダ電機の店員さんから聞いた話や、WiMAXを契約する際のキャッシュバック額が高いキャンペーンについて解説していきます。

WiMAXの購入を迷っている方は参考にしてみてください。

 

今月は下記のGMOとくとくBBのキャンペーンを利用するのがベスト。業界最高値のキャッシュバック特典が適用になります。



ヤマダ電機のWiMAXサービスとは?

ヤマダ電機で取り扱っているのは『YAMADA air mobile WiMAX』というサービス。

これは本家のUQコミュニケーションズの回線を借りて提供しているもので、通信エリアや通信速度に違いはありません。

 

料金に関しても公式ページから申込むのと同じ金額です。

 

 ヤマダ電機 WiMAX 月額料金
ギガ放題(月額) 4380円
7GBプラン(月額) 3696円

 

では、冒頭にお伝えしたように、なぜヤマダ電機での申込みをおすすめしないのか?

その理由を詳しく解説していきます。

 

ヤマダ電機のWiMAXキャンペーン内容

以前ヤマダ電機に行った時に、熱心な店員さんがメチャクチャWiMAXの営業をしてきたことがありました。

 

「WiMAXを契約して店内の商品を購入して頂ければ、1万円分がキャッシュバックされますよ~。」

 

分かりますよね?これがヤマダ電機でWiMAXを契約した時の特典。

つまり、ヤマダ電機のWiMAXキャンペーンは1万円のキャッシュバックというのが相場です。

 

おそらく、あなたがヤマダ電機でWiMAXの話を聞いたのであれば、同じような特典を提示されたのではないでしょうか?

(月によって金額は変わります。)

 

もしかすると「1万円でも充分じゃん!」と思ったかもしれませんが、早まらないでください。

WEBキャンペーンを利用して申込めばキャッシュバック金額は3万円前後まで高額になります。

 

 

どちらが得かは考えるまでもありませんよね?

最初にもお伝えしたようにヤマダ電機の店頭でWiMAXを申込んでもお得度は低いです。

先程の比較で分かると思いますが、キャッシュバック金額は2万円違います。

 

ちなみに、僕がヤマダ電機の店員さんと話した内容はこんな感じでした。

 

店員さん店員さん

今、WiMAXを契約して店内の商品を購入して頂ければ、1万円分がキャッシュバックされますよ~。

僕

これって絶対に何か購入しないといけないんですか?

店員さん店員さん

そうですね。

購入したもの金額が翌々月にキャッシュバックされるのでお得ですよ~。

僕

今は特に必要なものはないんですが・・。

店員さん店員さん

それだったらプリンタのインクやシェーバーの刃などの消耗品を買っておくといいですよ~。

僕

(それだったら、amazonで買った方が安いんだよな・・・・)

正直、これだとあまりお得感はありませんよね?

 

それであれば、あえてヤマダ電機でWiMAXを契約するメリットはありません。

 

家電量販店は家賃や人件費がかかっているので、ネット限定のキャンペーンに比べると、どうしてもキャッシュバック金額が安くなってしまいます。

数千円の違いならまだしも1万円以上となるとその差は大きいので、WiMAXの申込みをする時にはWEB限定のキャンペーンを利用するのがおすすめです。

 

 

次の項ではWEBキャンペーンを行っているGMOとくとくBBというプロバイダについて詳しくみていきましょう。

 

ヤマダ電機とGMOとくとくBBの比較

先程紹介したWEBキャンペーンは『GMOとくとくBB』というプロバイダが行っているもの。

GMOとくとくBBもUQコミュニケーションズの回線を利用したものなので、通信エリアや通信速度といったサービス内容は同じです。

 

月額料金は僅かに違いますが、大きな差はありません。

 

 料金比較 ヤマダ電機 GMOとくとくBB
初期費用 3000円 3000円
ギガ放題(月額) 4380円 4263円
7GBプラン(月額) 3696円 3609円

 

しかし何と言っても魅力的なのが、キャッシュバックされる金額の違いです。

 

3万円分もキャッシュバックされるとなると、実質の利用料も大幅に安くなります。

 

なぜこんなにキャッシュバックが高額かというと、GMOとくとくBBは人件費や家賃がかからないWEB申込み限定にしているから。

人件費や家賃分をキャッシュバックとして還元してくれている訳です。

 

ヤマダ電機も時期によっては多少のキャッシュバック金額の変動はあるようなのですが、高くても1万5000円くらい。

別の店舗に行った時にも『キャッシュバックを1万5000円出せますよ~』というキャンペーンの営業を受けたのですが、ネットの方がキャッシュバック金額が高いと知ってからは、店舗でのキャッシュバック金額にあまり魅力を感じなくなってしまいました(笑)。

 

少しでもお得にWiMAXを申込みたいと思ったら、WEBキャンペーンを利用する。

これが損をしない方法です。

 

 

ヤマダ電機の店舗で申込をするメリット

金額面ではWEB申込みが絶対におすすめですが、では、ヤマダ電機の店舗でWiMAXを申込むメリットは何なのか?

それは、店員さんから直接説明が聞けるということ。そして、申込みをしたらすぐに持ち帰って端末が利用できるという事です。

(とは言っても、GMOとくとくBBも即日発送してますが・・・。)

 

すぐにWiMAXを使いたい。

じっくりと店員さんの話を聞いてから契約したいという人は店舗での契約をおすすめします。

 

この場合のキャッシュバック金額の差額は店員さんへの相談料として割り切れますからね(笑)。

ただ、キャッシュバックの差額、2万円相当の説明や案内を店員さんがしてくれるかといえば微妙なところ・・

 

やっぱりどう考えてもWEB申込み一択です(笑)。

 

 

GMOとくとくBBって何?

繰り返しになりますが、GMOとくとくBBというのはBIGLOBE(ビッグローブ)やSo-net(ソネット)と同じく、WiMAXのプロバイダの名前です。

 

簡単に言うと、WiMAXの申込窓口の違いだと思って下さい。

もちろん申込窓口が違うだけなので、どこで契約してもWiMAXのエリアや通信速度に違いはありません

 

ヤマダ電機もWiMAXのプロバイダだと思ってOKです。

プロバイダは、それぞれにキャンペーンと呼ばれる申込み特典を用意しているので、少しでもいいキャンペーンを行っているところから申込むのが鉄則。

その中でも最高額のキャッシュバックを行っているのがGMOとくとくBBなので、WiMAXを申込む際には、とくとくBBのWEB限定キャンペーンを利用しましょう。

 

 

まとめ

ヤマダ電機などの家電量販店ではすぐにWifiルーターが使用できるようになるというメリットはありますが、キャッシュバックの金額的にはお得ではありません。

金額面を考えると、やはりネット申込みが一番お得なのでWiMAXを申込む際にはネットから申込みを活用しましょう。


 

キャンペーン情報