「WiMAXのルーターはW05とWX04のどちらを選べばいいの?」

「速度が速くて性能がいいのはどっち?」

「実際に使っている人の評価が知りたい。」

 

あなたはこんな風に思っていませんか?

 

ゆうたゆうた

  • W05とWX04は何が違うの?
  • 通信速度や性能はどっちがいいの?
  • バッテリーが長持ちするのはどっち?

など、WiMAXを契約する時には色々な疑問が出てきますよね?

 

結論を先にお伝えするとWX04よりもW05の方がおすすめです。

僕は両方の端末を使いましたが、W05の方が使い心地が良かったです。

 

 

その理由は下記の5つの点でW05が優れていたからです。

 

  • 通信速度がWX04より速くて安定している。
  • 動画がサクサク観れる。
  • オンラインゲームをするのに適している。
  • バッテリーの持続時間が気にならない。
  • 最低利用期間が2年で利用できる(WX04は3年)。

 

今回はW05とWX04を実際に使って比較した結果を詳しく解説するので参考にしてください。

 




↑今月はW05のキャッシュバックが高くなっているのでお得です↑

 

実際に使って感じたW05とWX04の違い!性能や使い心地を比較!

まず最初にW05とWX04の性能を簡単に比較してみましょう。

それぞれの端末の最大速度や特徴をまとめたのが下記の表です。

 

 機種 W05 WX04
画像  
最大通信速度 708Mbps 440Mbps
実際の速度 WX04より速い(平均35Mbps) 通信速度はW05より遅い(平均18Mbps)
サイズ 意外と横に長い ちょうどい大きさ
重さ どちらも大して変わらない
バッテリー 普通に半日以上使える W05より気持ち長い気がする
電波の感度 W05の方が感度がいい たまに通信が途切れる
その他 通信が安定している 速度が上がるのでクレードルは便利

 

最初にお伝えしたように、使い心地はW05の方が良いです。

 

購入前はW05はバッテリーの持続時間が短いという口コミが気になっていたのですが、「若干、WX04の方が長持ちするかな・・?」という程度。

体感では大きな差は感じませんでした。

 

なので、W05とWX04で迷っているのであればW05方がおすすめです。

 

 

ここからは、W05の方が優れていると思った5つの理由を詳しくみていきましょう。

 

W05のメリット

通信速度がWX04より速くて安定している

W05とWX04を使ってみて1番感じたこと。

それは通信速度や通信の安定性に関してはW05の方が優れているということです。

 

WX04でスピードテストをした結果はこんな感じ。

 

 

時間帯などによっても違いはありますが、20Mbps~30Mbpsくらいの速度が出ていました。

 

一方、W05だとこんな感じ。

 

 

だいたい40Mbps~50Mbpsは出ていました。

なので、速度のばらつきが少なく、安定して高速通信ができるのはW05です。

 

 

通信速度が速いので動画もサクサク観れる。

そしてW05なら通信速度が安定しているので、動画もサクサク観られます。

最近はAbema TVを視聴することが多いのですが、W05でも問題なく視聴できています。

 

なので、U-NEXThuluといった動画サービスを利用する人はW05の方がおすすめです。

もちろんWX04でも動画は問題なく視聴できましたが、通信速度が速いという意味でW05の方が安心感があります。

 

関連記事→WiMAXでhuluは快適に観れる?速度制限の対策と合わせて解説!

 

オンラインゲームをするのに重要なPING値が優秀

そしてW05を使って一番驚いたのがPING値。

PING値というのはオンラインゲームをする時に重要な数値で、ネットの応答速度(ラグ)を表します。

 

つまり、PING値が低いほどラグが少なくなって、オンラインゲームも快適に楽しめるという訳です。

一般的にPS4などのFPSゲームはPING値が50ms以下であれば快適にプレイできると言われています。

 

そこでW05のPING値を測ってみると42ms。

これならオンラインゲームをするのにも充分な数値です。

 

 

一方のWX04はPING値が少しだけ高め。

大きな違いはありませんが、通信はW05の方が安定しています。

 

関連記事→WiMAXでオンラインゲーム(FPS)はできる?PING値と口コミで検証!

 

 

バッテリーの持続時間が気にならない

多くの人がW05とWX04で迷うポイント。

それがバッテリーの持続時間です。

 

カタログ値で比較するとWX04の方がバッテリーの持ちが良く、通信時間で約2時間。

待受時間で12時間の差がついています。

 

W05 WX04
連続通信時間 ハイスピードモード:約540分 ハイスピードモード:約690分
バッテリーの持続時間 約38時間 約50時間

 

正直、僕も「バッテリーがすぐに無くなるのは嫌だなぁ~」と思っていました。

 

ただ、使い比べてみると、バッテリーの持続時間はそこまで気になりません。

僕はカフェでW05を使うことが多いのですが、半日以上は余裕で使えます。

 

 

なので、「バッテリーが長持ちするからWX04の方が良いかな・・・」という心配はしなくても大丈夫です。

カタログの数値ではWX04の方がバッテリーの持続時間が長いですが、体感ではそこまで違いは感じません。

 

 

2年契約ができる(最低利用期間が2年)

そしてW05をおすすめする1番の理由が『契約期間の短さ』

ライバル端末のWX04は3年契約でないと申込みできません。

 

3年以内に解約すると違約金が発生する訳ですが、3年って結構長いですよね?

WiMAXの端末が1年に1台発売されると仮定すると、最後の方には3世代前のルーターを使っていることになってしまいます。

 

それに比べてW05は、GMOとくとくBBというプロバイダのWEBキャンペーンを使えば2年契約で申込むことが出来ます。

 

最低利用期間が1年も短いというのは大きなメリットです。

 

1台のスマホを長く使っている人は分かると思いますが、2年を過ぎたあたりから、バッテリーが消耗して充電がなくなりやすくなることに気づくはずです。

なので、バッテリーの寿命的にも2年契約ができるW05の方がおすすめ。

 

『W05の方が端末の評判が良く契約期間も2年で済む!』

これがWX04よりもW05をおすすめする1番大きな理由です。

 

トータルの料金を比較しても、2年契約と3年契約ではこれだけの差ができます。

 

GMO GMO UQ @nifty
契約年数 2年契約 3年契約 3年契約 3年契約
月額料金 4,263円 4,263円 4,380円 4,350円
月額合計 102,312円 153,468円 157,680円 156,600円
キャッシュバック 32,400円 42,100円 10,000円 30,000円
トータル金額 69,912円 110,160円 146,312円 126,640円

※2018年10月のキャンペーンを参考にギガ放題で計算した目安。

 

3年契約だとトータル金額が10万円を超えるのですが、2年契約だと約7万円で済みます。

コレなら負担も少ないですよね?

 

WiMAXが気に入ればそのまま使い続けることもできるので、最低利用期間が短く、トータル金額の負担も少ない2年契約が絶対におすすめです。

 

【W05が2年契約で申込める】→公式ページよりもお得なWEBキャンペーンはこちら

 

W05とWX04の評判や口コミを比較

では、他の利用者の評判はどうなのでしょうか?

WX04も悪い端末ではないのですが、実際の利用者の口コミを見ると、意外と悪い評判が目立ちます。

 

 

こういった口コミを見ても分かるように、実はWX04は端末に『当たりハズレ』があります(僕のWX04は問題なく使えました)。

 

 

正直、この部分は実際に使ってみないと分かりませんが、WiMAXを契約した後にネットが使えなくてストレスを溜めるのは嫌ですよね?

サポートとのやり取りは意外と面倒くさいです。

 

逆にW05の評判はこんな感じ。

 

WX04と比較して高評価の口コミが目立ちますよね?

なので、あとあと面倒な思いをしないで済むという意味でもW05がおすすめです。

 

【W05がキャッシュバック付きで申込める】→公式ページよりもお得なWEBキャンペーンはこちら

 

クレードルの違いを比較

では、次にクレードル(充電台)についても比較してみましょう。

クレードルというのはWiMAXを充電するときに使う台座のこと。

 

UQショップなどでオプション品として購入することができます。

 

このクレードルに関してはWX04の方が優秀。

写真のように、W05のクレードルは普通の充電台としての機能しかありませんが、

 

W05のクレードル

 

WX04のクレードルには電波を強化する拡張アンテナがついています。

 

WX04のクレードル

 

このアンテナがあることで室内の電波を拾いやすくなるので、離れた場所に居ても通信が可能になります。

 

WX04をクレードルに接続した時の通信範囲

 

実際に試してみたのですが、クレードルに接続するだけで通信速度はかなり上がります。

 

WX04をクレードルに接続した状態

 

クレードル接続前の速度

WX04のスピードテストの結果

 

クレードル接続後の速度

WX04をクレードルに接続した時のスペードテストの結果

 

では、W05にクレードルは必要なのでしょうか?

結論を先にお伝えすると、W05のクレードルはあった方が便利です。

 

クレードルを使って有線接続をすれば通信速度が安定して、オンラインゲームなども快適にできるようになります。

 

 

さらに、レードルがあるのとないのではデスクの散らかり具合が全然違います。

 

クレードルがあればデスクの上がスッキリ。

 

W05をクレードルに差して充電

 

クレードルがないと直置きになるので、配線が邪魔で充電忘れも多くなります。

 

W05をそのまま充電ケーブル差して充電

 

W05のクレードルは別途購入しなくても、WEBキャンペーンを利用すれば無料でもらえます。

なので、下記のキャンペーンを利用して無料で手に入れるのがおすすめです。

 

 

関連記事→W05にクレードルは必要?使って分かった驚きの効果を解説

 

公式ページからの申込は損をするので注意

最後に、WiMAXはどうやって申込むのが一番いいのでしょうか?

実は公式ページから申込みをすると1番損をしてしまいます。

 

なので、公式ページからの申込みは絶対にやめましょう。

 

公式ページからだと2,800円を支払って端末を購入しないといけません。

しかし、GMOとくとくBBのキャンペーンを利用すれば端末は無料プレゼント

さらに3万円を超えるキャッシュバックが付きます。

 

もう分かりましたよね?

何度もご紹介していますが、WiMAXをお得に申込むには、キャッシュバック付きのWEBキャンペーンを利用するのが1番です。

そして、キャッシュバックキャンペーンを行っているのが下記のGMOとくとくBBというプロバイダ。

 

GMOとくとくBBの公式ページへ

 

このキャンペーンを利用すれば、公式ページから申込みをした人よりも2万円以上お得になります。

キャンペーンのメリットは下記の記事でまとめているので、参考にしてください。

 

関連記事→GMOとくとくBBのWiMAXキャンペーンを選ぶべき5つの理由!メリットを詳しく解説!

 

まとめ

僕が実際にW05とWX04を使い比べた結果、おすすめなのはW05です。

通信速度が安定していて、利用者の評判もいいです。

 

さらにWX04が3年契約のみなのに対して、W05であれば2年契約が可能。

最低利用期間が短いということはトータルでかかる費用も安くなります。

 

なので、少しでもお得にWiMAXを利用したいのであればW05がおすすめです。

下記のキャンペーンでW05の2年契約やキャシュバック、クレードル無料の特典が適用になるのでチェックしてみて下さい。