WiMAXを契約する前に必ず利用したいのがTry WiMAXという無料お試しサービス。

 

Try WiMAXを申込めばWifiルーターが無料でレンタルでき、自分がネットを繋ぐ場所がエリア内かどうかや、どれくらいの速度が出るのかという事を事前に試すことができます。

 

以前、Try WiMAXを使うメリットや申込み方法に関する記事を書いたのですが、今回はレンタルしたルーターの返却期限や違約金について書いていきます。

関連記事⇒Try WiMAXの申込方法は?実際に試してみた!

 

Try WiMAX利用後は、下記のGMOとくとくBBのキャンペーンから申込みをすると「端末無料プレゼント+キャッシュバック付き」でWiMAXが利用できます。


 

Try WiMAXのレンタル期間と返却期限

Try WiMAXは15日間無料でモバイルルーターを貸し出してくれるサービス。

下記の条件を満たせば利用することができます(一部抜粋)。

 

  • 20歳以上で日本国内在住
  • 申込者名義のクレジットカードを持っている
  • 過去90日以内にTry WiMAXを利用していない
  • 貸出されたモバイルルーターの未返却がない

 

モバイルルーターのレンタル期間は15日で、この15日はルーターの発送から返却までの期間を含めます。

つまり、ルーターが手元に到着するまでと、ルーターを返送して着荷するまでに2~3日かかるとすると、実質は1週間から10日程度のお試し期間がある事になります。

 

まあ、1週間あれば自宅や学校、職場やよく出かける場所など、一通りの場所でWiMAXの接続状況を試すことができますよね?

 

返却方法

レンタル期間が終わってWifiルーターを返却するには、ルーターに同梱されている『着払いゆうパック伝票』を利用します。

TryWiMAXの端末が届くと、こんな感じで返却方法の説明もついてくるので、これに従って手続きをすれば難しいことはありません。

 

trywimaxの返却方法の説明

 

Wifiルーターやマニュアル、クレドール(希望すれば)を送られてきたダンボールに詰め、TSUTAYAのレンタル袋のようなものに入れて、先程のゆうパック着払い伝票を貼って発送しましょう。

 

返却が完了するとWiMAXからメールが届くので、このメールを確認したら全ての手続きが終了です。

 

返却が遅れたら違約金はかかる?

Try WiMAXを申込むには必ずクレジットカードが必要になります。

何故クレジットカードが必要かというと、Wifiルーターが返却されない場合や破棄、紛失があった時のために、クレジットカードの利用枠を確保しておくためです。

 

もしかするとこの記事を読んでいるという事は、Wifiルーターの返却が遅れて、レンタル期限を過ぎて返送したので違約金がかかるのではないかと不安になってるからかもしれませんね?

1日、2日返却が遅くなって2万円(クレドールありの場合は22750円)の違約金が発生したらどうしよう・・・と心配しているかもしれません?

 

実際に規約を見ても、下記のように記載されています。

 

返却期限を過ぎても貸出機器をご返却いただけない場合、または貸出機器を破損・紛失された場合は、本サービスの利用規約に基づき違約金をご登録のクレジットカードにてお支払いいただきます。

 

もちろん貸し出しの際にも、期限内に返却がなければ違約金が発生するという注意書きもありますが、実際は破損や紛失でWifiルーターが使用できなくなったり、ずっと返却されなかった時のために設定してあるのだと思います。

 

これに関しては聞いた話になりますが、1日、2日返却が遅れたからといってすぐに違約金がかかるということはないようです。

ただ、これが1週間経っても返却しないとかいう悪質なものになってくると、いつクレジットカードから違約金として2万円が引き落とされても文句は言えません。

 

なので、実際のレンタル期間は1週間程度だと思って、Wifiルーターやクレドールなどのレンタル品は早めに返却するようにしましょう。

 

Try WIMAXで損しないために

Try WIMAXを利用する際に注意しなければいけないこと。

それは、Try WiMAXを試してみて通信速度やエリアに何も問題がなく、WiMAXを申込もうと思っても、そのままUQコミュニケーションズなどの申込用紙や窓口から申込みをしないことです。

 

UQコミュニケーションズ(WiMAXの本元)から申込みをしてしまうと、特典のキャッシュバック金額が安いので損をしてしまうことになります。

 

僕がTry WiMAXを利用した時に同封されていたチラシはコレ。

 

trywimax

 

3000円のキャッシュバックが受け取れるというものでした。

ただ、BIGLOBEやSo-net、DTIといった数あるプロバイダの中でも最高額を誇るGMOとくとくBBのキャッシュバック金額はコレ。

 

 

完全にとくとくBBの圧勝

 

『GMOとくとくBB>>>>絶対に越えられない壁>>>>>UQモバイル』です。

 

という訳で、Try WiMAXを申込む際には必ずとくとくBBのWEB限定キャンペーンから申込みをするようにしましょう。

(申込み窓口が違うだけでエリアや通信速度といったサービス内容は一緒です。)

 

詳細は下記のキャンペーンページから確認してみてください。