WX04ではBluetooth接続ができるのか?

購入前にこの部分が気になっている人が多いようですが、WX04はBluetooth接続が可能です。

 

なので、ヘッドフォンやスピーカーなどをワイヤレスで接続することができます。

 

では、どのようにすればBluetooth接続ができるのか?

今回はBluetoothの接続方法や、「そもそもBluetooth接続ってどんなメリットがあるの?」という事まで詳しく解説していきます。

 

WX04の購入を迷っている人は参考にしてみてください。

 

WX04を申込む際には下記のGMOとくとくBBのキャンペーンを利用すると、「クレードル無料プレゼント+キャッシュバック」というお得な特典が適用されます。



Bluetoothって何?

Bluetoothは簡単にいうと、配線を繋がなくてもインターネット接続できる仕組みのことで、Wi-Fiの仲間のようなものだと思って下さい。

 

こんなマークを見たことがありませんか?

 

このマークがついている製品(スピーカーやヘッドフォン)であれば、Bluetoothを使った接続が可能です。

WX04であればBluetoothを使って、同時に3台まで機器が接続できます。

 

では、Bluetooth接続ができることでどんなメリットがあるのでしょうか?

これは一言で言うと、配線が必要無くなるので机の上がスッキリするという一点に尽きます。

 

  • ヘッドフォン
  • スピーカー
  • キーボード
  • マウス

 

こういった機器の配線って邪魔ですよね?

Bluetooth接続ができればワイヤレスでこれらの機器を接続することができます。

 

 

さらに、最近ではシックスパッドや体組成計といった健康関連の商品も、bluetoothに対応してネット上でデータの管理などができるようになっています。

なので、このような製品を利用したい人はWX04の利用がおすすめです。

 

 

Bluetooth接続のメリット

BluetoothはWi-Fi接続と比べてどんなメリットがあるのでしょうか?

 

Wi-Fiが複数のパソコンやタブレットと高速で通信できるのに対して、Bluetoothは速度が遅く、あまり遠くに離れてしまうと利用できなくなるというデメリットがあります。

 

では逆に優れている部分はどこなのか?

それは消費電力の少なさです。

 

bluetooth接続はWi-Fi接続に比べてとにかく消費電力が少ないです。

そのため、バッテリーの減りが抑えられ、通常のWi-Fi接続よりも約1.3倍も充電が長持ちします。

 

距離が離れてしまうと利用できないとはいっても3m程度までは問題なく接続できるので、よく使う機器はbluetoothを使って接続するのがおすすめです。

速度が出ないので動画を観たり大容量のファイルをダウンロードするといったことには向きませんが、WEBページを閲覧したり、メールの送受信をする程度であれば十分。

 

少しでも充電を長持ちさせたい場合はWi-FiではなくBluetoothで接続しておくようにしましょう。

 

 

bluetoothの接続方法

bluetoothを使ってネットに接続するにはどうしたらいいのでしょうか?

この項ではipadとandroidでの接続方法を解説します。

 

まずは最初にWX04のbluetooth設定でペアリングを選択しておきます。

 

 

そしてipadの場合。

ipadの【設定】をクリックして下記の画面に進み、【設定】→【Bluetooth】に進んで接続をオンに。

すると、接続できる機器がリストアップされるので、WX04を選べばBluetooth接続ができるようになります。

 

ipadBluetooth

 

お次はAndroidの設定画面。

こちらもWX04でペアリング設定をONにした後に、設定画面に進んでBluetoothをタップ。

 

機器が一覧で表示されたらWX04を選びましょう。

 

android

 

これでBluetoothの接続は完了。

どうですか?簡単ですよね?

 

繰り返しになりますが、Bluetoothは通信速度が遅くなるため、大容量のデータを扱うパソコン接続には向きません。

ただ、スマホやタブレットを利用する際にはとても便利なので、WiMAXを購入したらBluetooth接続は積極的に利用しましょう。

 

 

WiMAXをお得に申込む方法

では、WX04を最安値で手に入れるにはどうすればいいのか?

サービス提供元であるUQから申込みをするとキャッシュバック金額が少ないうえに、端末も購入しなければいけなくなります。

 

それが、GMOとくとくBBというプロバイダからの申込みであれば、端末が無料でもらえて、3万円近いキャッシュバックが付きます。

わざわざお金を出して端末を購入する必要はないので、WiMAXを利用する際はGMOとくとくBBから申込みをするのがおすすめです。

 

なぜここまで高額なキャッシュバックがつくのかと疑問に思うかもしれませんが、その理由は、とくとくBBがネットのみの販売にこだわっているから。

実店舗の運営にかかる人件費や広告費を削減して、その分をキャッシュバックとして還元しているという訳です。

 

WiMAXは本家のUQ以外にもBIGLOBEやSo-netというプロバイダが取り扱っていますが、こういったプロバイダの中でもGMOとくとくBBのキャッシュバックは高額。

そのため、実際に僕の周りでWiMAXを使っている人もほとんどがGMOとくとくBBから申込みをしています。

 

プロバイダから契約しても申込み窓口が変わるだけで、通信速度やエリアは変わらないので、その点も安心してOKです。

WiMAXを利用する場合はとくとくBBのWEB限定キャンペーンを使って、賢く申込みをしましょう。

 

 

sanada