WX04には2年契約と3年契約がありますが、契約期間が長くなると気になってくるのか端末のバッテリー。

WiMAXのバッテリーはスマホと同じで、何回も充電を繰り返していると持続時間が短くなっていきます。

 

なので、「バッテリーの消耗が激しくなってきた時に、自分でバッテリー交換ができるか?」というのはとても重要なポイントです。

 

WiMAXの場合、W04は自分でバッテリー交換をすることはできず、修理扱いで料金も高くなります。

しかし、WX04は自分でバッテリーを購入して簡単に交換することができます

 

今回はWX04のバッテリー(電池パック)の交換方法を詳しく解説していくので参考にしてみてください。

 

WX04とW04のバッテリー交換事情

WiMAXはスマホと同じく充電して持ち歩く端末。

なので、充電の持続時間というのは本当に重要なポイントです。

 

WX04はW04と比較してバッテリーの持続時間が長いので、この部分に魅力を感じる人が多いです。

 

 機種 WX04 W04
画像 w04g
連続通信時間 ハイスピードモード

・ハイパフォーマンス:約490分

・ノーマル:約690分

・バッテリーセーブ:約828分

ハイスピードモード

ハイパフォーマンス:約390分

ノーマル:約540分

バッテリーセーブ:約630分

ハイスピードプラスエリア

・ハイパフォーマンス:約480分

・ノーマル:約630分

・バッテリーセーブ:約780分

 ハイスピードプラスエリア

ハイパフォーマンス:約260分

ノーマル:約390分

バッテリーセーブ:約550分

バッテリー容量 3,200mAh(交換可能)  2,750mAh
ウエイティング時間 50時間 38時間
バッテリー交換 可能 不可

 

さらにW04と違って、自分でバッテリー交換が可能。

 

なので、万が一、バッテリーが弱ったりトラブルが発生した場合でも、修理に出すことなく、自分でバッテリーを交換することができます。

 

  • バッテリーが異常に熱を持って熱くなる
  • バッテリーがパンパンに膨張する
  • コンセントに差してもフル充電できなくなる
  • フル充電してもすぐにバッテリーが減る

 

これはWiMAXに限らず、スマホなどでもよく見られるバッテリーの症状です。

おそらくあなたも1度くらいは経験があるのではないでしょうか?

 

これはバッテリーが原因だと思われる症状なのですが、自分でバッテリー交換ができない端末は、本体をサポートセンターに送っての修理となります。

ただ、WX04であれば自分でバッテリーを購入して交換することができます。

 

WX04の電池パックの購入はこちら→UQオンラインショップ

 

なので、

 

「1つの端末を長く使いたい。」

「WX04とW04のどちらにするかで悩んでいる。」

 

という人は、バッテリーが消耗しても自分で交換して長く使える、WX04がおすすめです。

 

 

WX04のバッテリーの交換方法

では、WX04のバッテリーを交換するにはどのようにしたらいいのでしょうか?

 

方法はとっても簡単。

まずは下記のWX04用のバッテリー(電池パック)を購入します。

 

WX04の電池パックの購入はこちら→UQオンラインショップ

 

バッテリーが手元に届いたらWX04の電源をOFFにして、裏のカバーを外します。

 

 

すると、バッテリーが装着されているので、そのまま取り外して新しいものと取り換えましょう。

 

引用:WX04取扱説明書

 

これでカバーを取り付けて電源を入れれば完了です。

 

どうですか?

簡単ですよね?

 

こんな感じでWX04のバッテリー交換は簡単に出来ます。

 

 

W04を公式ページよりも安く購入する方法

では、WX04はどうやって申込みをすればお得に契約できるのでしょうか?

実はWiMAXは申込み窓口(プロバイダ)によってキャッシュバックの金額が大きく異なります。

 

なので、WiMAXを安く利用するには一番お得なキャンペーンを行なっている窓口から申込みをするのが絶対条件です。

(どの窓口から申込んでもエリアや通信速度は変わりません。)

 

そして、様々なプロバイダ(申込み窓口)の中で最高値のキャッシュバックを行なっているのがGMOとくとくBBというプロバイダ。

僕の周りにはWiMAXを使っている友達が4人いますが、全員がGMOとくとくBBから申込んでいるほどの人気ぶりです。

 

その理由は何と言っても約3万円というキャッシュバック金額の高さにあります。

仮に3万円のキャッシュバックがつく場合。

 

WiMAXを2年使うと仮定すると、単純計算で3万円÷24ヶ月=1250円。

毎月1250円分が割引されることになります。

 

GMOとくとくBBはギガ放題という使い放題のプランが月額4263円なのでここから1250円を引くと3013円。

つまり、このキャンペーンを利用すれば、2年間は実質3013円の月額料金でWiMAXが使えることになります。

 

しかも、WiMAXの公式ページから申込む場合はWX04端末を実費で購入する必要があるのですが、GMOとくとくBBだと端末は無料プレゼント。

WiMAXを購入する際は公式ページからだと損をするので、GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンを利用するのがおすすめです。

 

 

まとめ

WX04はW04と違って、自分でバッテリー交換ができる端末。

なので、バッテリーが消耗して持続時間が短くなった場合でも、自分でバッテリー交換をして使用することができます。

 

なので、WiMAXには2年契約と3年契約があるのですが、3年契約をする場合はWX04を選んでおいた方が間違いがありません。

WX04は下記のキャンペーンを利用すれば、キャシュバック付で申込むことができてお得です。

 

 

キャンペーン情報