WiMAXのHOME L01sはどこで申込めば1番高額なキャッシュバックが付くか知っていますか?

もしかして、ビックカメラやヤマダ電機から申込もうとしていませんか?

 

そうだとしたちょっと待ってください。

それでは損をしてしまいます。

 

実はHOME L01sは家電量販店から申込むよりもお得になるキャンペーンがあります。

それが下記のGMOとくとくBBというプロバイダのキャンペーンです。


 

このキャンペーンのキャッシュバック額は業界最高値として有名。

なので、他の申し込み窓口を利用するよりもお得にHOME L01sが利用できます。

 

今回は、このHOME L01sを最安値で使えるキャンペーンを詳しく解説していきます。

 

 

HOME L01sはどこから申込むのが1番お得?3つの方法を解説!

HOME L01sを申込むには、大きく分けて3つの方法があります。

 

  1. ビックカメラ、ヤマダ電機などの家電量販店で申込む
  2. UQ WiMAXの公式ページから申込む
  3. プロバイダ(販売代理店)から申込む

 

そして、この中で一番キャッシュバック額が高くなるのが「3」のプロバイダから申込みをした場合です。

 

ではなぜ、プロバイダから申込むと一番キャッシュバックが高くなるのでしょうか?

 

まず、家電量販店やプロバイダはサービスの提供元であるUQ WiMAXから、契約を1件取るごとに報奨金(契約手数料)をもらっています。

つまりこれが家電量販店やプロバイダの儲けになる訳です。

 

そして、この報奨金を使ってHOME L01sを契約してくれた人に対しての、キャッシュバックなどを行なっています。

 

しかし、家電量販店は店舗の家賃や販売員さんの人件費が必要になりますよね?

そのため、キャッシュバックに使える金額が少なくなってしまうという訳です。

 

逆にプロバイダーはネット上に限定してWiMAXを販売しています。

そのため、店舗の家賃や人件費を大幅にカットすることができます。

 

コストが減るということは会社の利益が増えるということ。

会社の利益が増えればキャッシュバックなどのキャンペーンに使える資金が増えるという訳です。

 

ちなみに公式ページで契約してもプロバイダで契約しても、HOME L01sの通信速度や通信エリアは変わりません

使っているサービスはまったく同じなので心配しなくても大丈夫です。

 

 

公式ページのキャンペーンが一番お得なんじゃないの?

そう考えると、公式ページのキャンペーンが一番お得でもいいような気がしますが、実はお得度で言えば公式ページは一番低くなっています

その理由は、わざわざ販売に力を入れなくても、家電量販店やプロバイダが一生懸命HOME L01sを売ってくれるから・・。

 

 

つまり、販売はプロバイダなどに任せて、UQ WiMAXはサポートや製品開発、宣伝活動に力を入れている訳です。

そのため、プロバイダで申込めば4万円のキャッシュバックが付くというのに、公式ページから申込んだら3000円の商品券しかもらえないということが普通にあります(笑)。

 

なので、公式ページや家電量販店よりも、人件費や店舗代がかからず、特典を強化してでも申込みを獲得したいプロバイダでHOME L01sを申込むのが一番お得になります。

 

では、どういったプロバイダがあって、どのプロバイダが一番お得なキャンペーンを行なっているのか?

次は一番高額なキャッシュバックを行なっているプロバイダを見てみましょう。

 

キャッシュバック額が一番高いプロバイダがここ

まずは結論を最初にお見せします。

2018年10月現在、各プロバイダのHOME L01sのキャッシュバック額はこうなっています。

 

プロバイダ名 w05のキャッシュバック 詳細
GMOとくとくBB 34,600円(2年32,400円)
BIGLOBE 30,000円
UQ(公式) 10,000円
3WiMAX 30,000円(au利用者のみ)
So-net なし
DTI なし

※GMOとくとくBBは2年プランと3年プランがあり、キャッシュバックが異なります。

 

こうして比較してみると、GMOとくとくBBが一番高額なキャッシュバックを行なっていることが分かりますよね?

キャッシュバックが多いということは実質の利用料が安くなるということ。

 

つまり、GMOとくとくBBから申込めば、HOME L01sが最安値で使えるということになります。

 

ザックリ言うと、iphoneXを売っているA店、B店、C店というショップがあって、それぞれが

 

  • 【A店】:iphoneX購入のお客様に33,000円のキャッシュバック
  • 【B店】:iphoneX購入のお客様に30,000円のキャッシュバック
  • 【C店】:iphoneX購入のお客様に10,000円のキャッシュバック

 

というキャンペーンを行っているのと同じ話です。

 

この3つのショップだとみんなA店でiphoneXを買いますよね?

僕でも絶対にA店で購入します(笑)

 

そしてこのA店にあたるのがGMOとくとくBBになる訳です。

 

家電量販店のキャッシュバックは5,000円~15,000円程度。

中には『4万5000円のキャッシュバック!!』と謳いながら、月額料金が割増しで請求されるという意味の分からないキャンペーンを行なっているところもあります。

 

 

WEBキャンペーンの方がキャッシュバックが高くなることは間違いないので、HOME L01sを申込むならこういった情報に惑わされないようにしましょう。

 

 

キャッシュバックキャンペーンを利用する時の注意点

キャッシュバックキャンペーンを利用する時には1つだけ注意点があります。

 

それはキャッシュバックされるのが約1年後になるということ。

これはGMOとくとくBBやWiMAXに限らず、インターネットサービスでは普通の流れです。

 

なので、キャッシュバックを受け取るまでの流れと、確実にキャッシュバックを受け取るための方法をしっかりと確認しておきましょう。

 

キャッシュバックまでの流れ

キャッシュバックまでの流れを簡単に解説するとこんな感じ。

 

  1. 端末の到着月から11か月後に振込先口座の指定メールが届く。
  2. メールに振込口座を指定して返信する。
  3. 返信があった翌月末にキャッシュバック代金が振り込まれる。

 

HOME L01sを申込む際に、GMOとくとくBBのメールアドレスを作成する事になるのですが、そのアドレスにキャッシュバックのお知らせメールが届きます。

 

なので、このメールを見逃さないようにしないといけません。

 

ゆうたゆうた

1年も先のことだから不安だな・・・。

という場合は次に紹介する方法を実践してください。

 

僕はこの方法で同じようなキャッシュバックを3回受け取っているので(受け取れなかったことなし)、参考になると思います。

 

キャッシュバックを確実に受取る方法

キャッシュバックを受取るために必ずしておくこと。

 

それは、口座指定メールが送られてくる月(端末受取り月から11か月後)のカレンダー or スケジュール帳にチェックしておくことです。

 

  • パソコンのスケジュールソフト
  • スマホアプリ
  • Googleカレンダー
  • Yahooカレンダー
  • 愛用の手帳

 

何でも構いません。

 

notebook

 

とにかく、口座指定メールが送られてくる11か月後に目にする場所にGMOとくとくBBのメールボックスをチェックするように印をしておきましょう(余裕を持って10ヶ月目くらいから確認するようにしましょう)。

たったこれだけの事でOKです。

 

これは、僕がインターネット申込窓口で仕事をしていた時に実際にお客さんに伝えていた方法で、僕もこの方法で過去3度のキャッシュバックをもらい忘れたことがありません

 

補足するとしたら、GMOとくとくBBの会員サイトへのログインIDやパスワードも一緒に記載しておくと間違いはありません。

とにかく、GMOとくとくBBのメールボックすがすぐに確認できる状況にしておけばOKです。

 

当月になったら小まめにメールをチェックして、口座指定メールに返信するだけなので簡単ですよね?

これができればキャッシュバックをもらい忘れるという事はありません。

 

なので、安心してGMOとくとくBBでHOME L01sを申込んで大丈夫です。

 

 

まとめ

HOME L01sは公式ページや家電量販店から申込むと損をしてしまいます。

キャッシュバックはWEBキャンペーンから申込むのが一番高額なので、必ずGMOとくとくBBのキャンペーンを利用するようにしましょう。

 

それがHOME L01sを最安値で利用できる方法です。

キャッシュバックは約一年後と少し先ですが、ボーナスがもらえると思ってワクワクしながら待ちましょう(笑)。

 

その際はGoogleカレンダーなどのアラート機能を使って、メールをチェックすることを忘れないようにしてください。