WiMAXのWX04はほとんどのプロバイダで3年契約しか受付けていません。

そのため、WX04は3年契約しかできないと思っている人が多いようです(僕もそう思っていました)。

 

ただ、UQコミュニケーションズの公式ページからはWX04を2年契約で申込むことができます

もしあなたがWX04は3年契約しかないと思っていたのであれば、2年契約だとグンとハードルが下がりますよね?

 

ただ、ハッキリ言ってWX04を2年契約で申込んでもメリットは少ないです。

WX04は3年契約の方がお得な部分が多いので、今回はその理由を解説していきます。

 

この記事を読んでもらえば、あなたが2年契約と3年契約のどちらに向いてるかもハッキリ分かると思うので参考にしてみて下さい。

 

WX04を2年契約で申込みたい場合は下記のUQコミュニケーションズの公式サイトから申込むことができます。



WX04には2年契約と3年契約がある

GMOとくとくBBやビッグローブなどのプロバイダでWX04を申込むと、3年契約のプランでしか申込をすることができません。

そのため、WX04は3年契約しかできないと思われがちです。

 

ただ、最初にもお伝えしたように、UQコミュニケーションズからだと2年契約で申込むことができます。

(2年契約  or 3年契約というのは、最低利用期間が2年か3年かということです。)

 

なので、最低利用期間が短い方がいいという場合は、UQからの申込がベストです。

しかし、最低利用期間が短いからという理由だけで2年契約にしてしまうと損をすることになります

 

3年契約には意外とメリットが多いので、その部分を掘り下げてみましょう。

 

そもそも2年契約と3年契約の違いは何?

では、2年契約と3年契約の違いは何なのでしょうか?

これは「LTEオプション」が無料で使えるかどうかという違いのみです。

 

WiMAXは「WiMAX2+」という電波を使って通信しているのですが、グループ会社であるauのスマホで使われている「LTE」という電波も使うことができます。

このLTEは、通常1,005円のオプション料金を払えば使えるのですが、3年契約にするとこのオプション料金が無料になります。

 

つまり、「WX04を3年使ってくれるなら代わりに毎月1,005円かかるLTEオプション代金を無料にしてあげるよ」という訳です。

「電波なんて1つ使えればいいじゃん」と思うかもしれませんが、LTEが凄いのは人口カバー率が99%を誇っていること。

 

 

つまり、LTEはWiMAX2+より広いエリアをカバーしていて、ほとんどの地域でネット通信ができる訳です。

山間部などの田舎町やキャンプ場、地下鉄の駅など、WiMAXの電波が届きづらい場所でも利用できるというのがLTEのメリット。

 

「WiMAX2+」と「LTE」の電波が二刀流で使えるというのはかなり便利です。

 

2年の最低利用期間かLTE無料か?

では、「2年間の最低利用期間」と「LTE無料」のどちらのメリットが大きいのでしょうか?

これは断然「LTE無料」の方がメリットが大きいです。

 

モバイルルーターを持っていても、ネットに接続したい時に接続できなければ何の意味もありません。

例えばキャンプに行って、近くで夜遅くまで営業している温泉を探したいと思っても、圏外でネットに接続できなければ「何のためのモバイルルーターだ・・・・。」ってなりますよね?

仕事で使う場合も、地下街のカフェで電波が入らなければ仕事になりません。

 

 

モバイルルーターはいろいろな場所で使えるからこそ意味があるものなので、いざという時に人口カバー率99%の「LTE」が使えるというのはとても助かります。

 

最低利用期間が3年になると少し長いような気もしますが、正直、1つの端末は3年くらい余裕で使います。

あなたは今のスマホを何年使っていますか?

 

新機種が発売されるたびに買い換えるタイプでなければ、3年という期間は結構すぐに過ぎます。

なので、個人的には3年プランにしてLTEオプションを無料にするのがおすすめです。

 

 

2年契約だと料金で損をする理由

そして、2年契約だと料金の面でも損をすることになります。

2年契約はUQの公式ページからのみの申込ですが、UQは端末を自腹購入しないといけないことに加えて、キャッシュバック金額が少ないことで有名です(キャッシュバックは商品券で3,000円というのが相場)。

 

一方、GMOとくとくBBというプロバイダから申込をすれば3万円近いキャッシュバックが付きます。

これを元に1ヶ月の利用料金を算出してみましょう。

(GMOのキャシュバックは月によって変わるので3万円と仮定しています)。

 

【UQ】月額4,380円×24ヶ月利用-3,000円のキャッシュバック=102,120円(2年間のトータル)

【GMO】月額4,263円×36ヶ月利用-30,000円のキャッシュバック=123,468円(3年間のトータル)

 

それぞれのコースを契約すると、目安としてこれだけの料金がかかります。

一見、GMOとくとくBBの方が高いように思いますが、それぞれの利用月数で割ると、

 

【UQ】102,120円÷24ヶ月=4,255円

【GMO】123,468円÷36ヶ月=3,429円

 

なんと、1ヶ月の利用料ではGMOとくとくBBの方が826円も安いことが分かります。

もちろんLTEオプションが無料で使えてこの金額です。

(LTEオプションの1,005円がかからないことを加味すると、さらに1,005円×36ヶ月=36,180円もお得です。)

 

2年以上使うのであれば、明らかにGMOとくとくBBから申込んだほうがお得なことが分かりますよね?

LTEオプションが無料で使えて1ヶ月あたりの料金も安くなるので、GMOとくとくBBの方がメリットが大きいです。

 

 

WX04はGMOとくとくBBの3年契約がおすすめ

このように、WX04を申込むのであればGMOとくとくBBの3年プランで申込むのがおすすめ。

キャッシュバックとLTEオプションの無料分を合わせると6万円以上もお得になります。

 

WX04は2年契約で申込むことができますが、それだと1ヶ月あたりの料金が高く、LTEを使う場合はオプション料金がかかってしまいます。

 

それでも最低利用金は2年の方がいいというのであればUQの公式ページから申込んだほうがいいでしょう。

そうではなくて、少しでもお得にWX04を契約したいというのであれば、GMOとくとくBBのキャンペーンを利用して3年契約で申込んだほうがお得です。

 

 

キャンペーン情報