これからWiMAXを申込む場合には、どの機種で契約するのがいいのでしょうか?

WiMAXは複数の端末があるので迷ってしまいますよね?

 

ただ、WiMAXの端末選びは、ポイントさえ押さえてしまえばとても簡単です。

今回はあなたの用途に沿った端末を紹介していきます。

 

この記事を読んでもらえば自分にピッタリの端末が分かると思うので参考にしてみてくだい。

 

モバイルルーターとホームルーターの違いとは?

まずWiMAXの機種を大きく分けると、2つのタイプに分けられます。

それは持ち運びのできる「モバイルルーター」と自宅用の「ホームルーター」の2種類。

 

名前からも分かるように自宅での利用を考えて作られているのがホームルーター。

 

 

持ち運びを前提として作られているのがモバイルルーターです。

 

 

「モバイルルーター」と「ホームルーター」の大きな違いは、スマホやパソコンまで電波を送り出すパワー。

ホームルーターはコンセントに差して使うタイプなので、離れた部屋にあるパソコンやスマホまで電波を飛ばしてくれます。

 

一方のモバイルルーターはバッテリーの消費を抑えるために、パワーはホームルーターに劣ります。

こういった理由から、2階建ての戸建てに住んでいたり、家族が別々の部屋でネットに接続したいという場合はホームルーターの方が使いやすいです。

 

簡単に言うと、ホームルーターをリビングに置いたまま2階の仕事部屋でネット接続はできるけど、モバイルルーターだと2階まで電波が届かないといった感じです(あくまでもイメージです)。

 

僕の感覚としては、

 

  • ワンルーム~2LDK:モバイルルーターでもOK。
  • 3LDK~戸建て:ホームルーターの方がベスト。

 

といった感じです。

 

戸建てに住んでいる場合でも、ネットを使うのが自分1人ならルーターを持って移動すればいいだけなのですが、家族全員で使うとなるとそういう訳にはいきません。

 

例えば、キッチンでお母さんがタブレットをみながら料理したり、子供がリビングで動画を観たり、お父さんが仕事部屋でネットサーフィンをしたりと使う場所がバラバラなはずです。

そんな時には電波を送り出すパワーの強いホームルーターを使ったほうが快適にネットが利用できます。

 

そんな訳で、まずはホームルーターから解説していきましょう。

 

ホームルーターは固定回線の代わりになる?

ホームルーターを検討している人が1番気になるのは、WiMAXのホームルーターは固定回線(光回線)の代わりになるのかということ。

これは結論を先に言うと、WiMAXのホームルーターは固定回線の代わりになります。

 

僕の友達も光回線を引かずにホームルーターを利用していますが、最近のホームルーターは性能がとても良くなっているので、光回線の代りとして十分使えるそうです。

友達は動画もガンガン観ているし、ネットサーフィンもバリバリしまっくているけど全く問題はありません。

 

一昔前は自宅には光回線という選択が一般的でしたが、おそらくこれからは工事費がかからず即日開通するホームルーターを利用するのが一般的になってくると思います。

 

ホームルーターのメリットデメリット

ホームルーターのメリットとデメリットを簡単にまとめてみましょう。

まずホームルーターのメリットは遠く離れた部屋まで電波が届くこと、そしてコンセントからの電源供給なのでバッテリー切れの心配がないことです。

 

とてもパワフルで使いやすいというのがホームルーターのメリットですね。

 

逆にデメリットといえば、外出先で使えないこと。

持ち運びに不向きでコンセントがないと使用できないので、電車やバスでの移動中、学校や職場でのネットはできません。

 

なので、外出先はスマホでネットを見るので、自宅でのネット環境を整えたいという人にはホームルーターが向いています。

 

WiMAXで選ぶべきホームルーターの機種は?

では、WiMAXでホームルーターを申込む場合にはどの機種を選べばいいのでしょうか?

2017年の時点でのおすすめは間違いなく「HOME L01」という機種です。

 

 

円筒形でデザインもメチャクチャおしゃれじゃないですか?

HOME L01はデザイン性の高さと性能の良さで女性にも人気があります。

 

関連記事→HOME L01は戸建てでも使える?WiMAXの電波は2階の部屋に届くのか?

 

最大通信速度は440Mbpsと光回線並みの速さ。

LANケーブルを使った有線接続もできるので、安定してネットを利用することができます。

 

HOME L01は下記のキャンペーンを利用すれば機種が無料でもらえてキャッシュバックも付くので、公式ページから申込むよりもお得です。

 

 

モバイルルーター

では、持ち運びが可能なモバイルルーターを選ぶ場合はどの機種がおすすめなのでしょうか?

2017年現在、下記の機種でWiMAXを契約することができます。

 

 

WX03とW03は古いタイプの機種になるので、選ぶとしたらWX04かW04の2択。

そしてこの2種類を比較すると、間違いなくWX04の方がおすすめです。

 

その理由はバッテリーの持続時間。

下記の表で比較してもらえば分かりやすいですが、バッテリーはWX04の方が12時間も長持ちします。

 

 機種 WX04 W04
画像 w04g
メーカー NEC HAUWEI
サイズ 111×62×13.3mm 53×130×14.2mm
重さ 約128g 約140g
最大通信速度 440Mbps 440Mbps (一部エリア 708Mbps)
連続通信時間 ハイスピードモード

・ハイパフォーマンス:約490分

・ノーマル:約690分

・バッテリーセーブ:約828分

ハイスピードモード

ハイパフォーマンス:約390分

ノーマル:約540分

バッテリーセーブ:約630分

ハイスピードプラスエリア

・ハイパフォーマンス:約480分

・ノーマル:約630分

・バッテリーセーブ:約780分

 ハイスピードプラスエリア

ハイパフォーマンス:約260分

ノーマル:約390分

バッテリーセーブ:約550分

バッテリー容量 3,200mAh(交換可能)  2,750mAh
ウエイティング時間 50時間 38時間
バッテリー交換 可能 不可
テザリング台数 10台 10台
USBタイプ C Type C Type
au LTE 利用可 利用可
bluetooth 利用可 利用可

 

モバイルルーターは持ち運帯びながら使うものなのでバッテリーの持ちは最重要

いくら通信速度が速くても、すぐに充電が切れてしまっては意味がありませんよね?

 

正直な話、通信速度は10Mbpsも出ていれば充分なので、速さはそこまで重要ではありません。

なので、今からWiMAXを契約するのであれば、WX04がおすすめです。

 

 

WX04を公式ページよりお得に申込む方法

WX04を契約する場合、多くの人は公式ページや家電量販店から申込をしてしまうのですが、実はコレ、とても損をしています。

WiMAXを契約する際には、他の人よりもお得に申込む方法があるので、今回はその方法もお伝えします。

 

WiMAXは公式ページや家電量販店での申込が一般的ですが、プロバイダのWEBキャンペーンから申込むこともできます。

 

プロバイダというのは申込窓口のようなもので、どのプロバイダから申込んでも通信エリアや通信速度に違いはありません

それどころか、公式ページから申込むよりも月額料金が安くなる場合があります。

 

プロバイダにはBIGLOBEやSo-netといった様々な会社があるのですが、その中でも一番おすすめなのがGMOとくとくBBという会社。

月額料金が公式ページで申込むより安くなり、高額なキャッシュバックも付きます。

 

キャッシュバック金額は機種によっても異なるのですが、最高で3万円を超える金額なので、WiMAXを契約する際はこのキャンペーンを利用するのがおすすめです。

 

ネットに詳しい友人はほとんどがこのキャンペーンを使って申込をしているのですが、公式ページから申込む人よりも3万円近く得をしています。

それもそのはず、GMOとくとくBBはキャッシュバックが付くだけでなく、WX04本体も無料でプレゼントしてくれます。

公式ページからだとWX04本体は実費購入になるばかりか、キャッシュバック金額も微々たるものなので注意しましょう。

 

キャンペーン情報