WiMAXを申込む場合には、モバイルルーターとホームルーターはどちらを選べばいいのか?

自分にはどっちのルーターが合っているのか悩みますよね?

 

結論を先にお伝えすると、モバイルルーターが向いている人とホームルーターが向いている人は、利用目的によって下記のように分けることができます。

 

モバイルルーターがおすすめの人 ホームルーターがおすすめの人
学校や会社での利用がメイン 外出先ではネットを利用しない
スマホ代を節約したい スマホよりも自宅でのパソコン利用がメイン
普段はネットサーフィンをする程度 よくパソコンやスマホで動画を観る
ワンルーム~1LDKに住んでいる 2LDK~戸建てに住んでいる
Free Wi-Fiを使うことがよくある PS4などのオンラインゲームをよくする
WiMAXでネットを使うのは自分だけ 家族みんなでWiMAXを利用する
スタバやコワーキングスペースなどを利用する huluやAmazonプライムといったサービスを利用する
ルンバやなどの家電製品Wi-Fi接続で利用する

 

基本的には

 

  • 外出先でネットを使うか使わないか?
  • 動画を観たりオンラインゲームをするか?
  • 家庭の家電製品をWi-Fi接続するか?

 

というのがポイントになります。

 

今回はこの辺りのことを詳しく解説していくので参考にしてみてくだい。

 

キャンペーン情報
WiMAXを申込むなら下記のWEBキャンペーンがお得。キャッシュバック額は業界最高値で即日発送にも対応しています。

↑WiMAXのキャッシュバック付きキャンペーン↑

 

モバイルルーターとホームルーターの違いとは?

WiMAXの機種を大きく分けると、2つのタイプに分けられます。

それは持ち運びのできる「モバイルルーター」と自宅用の「ホームルーター」の2種類。

 

名前からも分かるように自宅での利用を考えて作られているのがホームルーター。

 

 

持ち運びを前提として作られているのがモバイルルーターです。

 

 

「モバイルルーター」と「ホームルーター」の大きな違いは、スマホやパソコンまで電波を送り出すパワー。

ホームルーターはコンセントに差して使うタイプなので、離れた部屋にあるパソコンやスマホまで電波を飛ばしてくれます。

 

一方のモバイルルーターはバッテリーの消費を抑えるために、常にフルパワーで通信している訳ではありません(手動で切り替えることは可能です)。

なので、パワーはホームルーターに劣ります。

 

こういった理由から、2階建ての戸建てに住んでいたり、家族が別々の部屋でネットに接続したいという場合はホームルーターの方が使いやすいです。

 

簡単に言うと、ホームルーターをリビングに置いたまま2階の仕事部屋でネット接続はできるけど、モバイルルーターだと2階まで電波が届かないというイメージです。

 

感覚としては、

 

  • ワンルーム~2LDK:モバイルルーターでもOK。
  • 3LDK~戸建て:ホームルーターの方がベスト。

 

といった感じですね。

 

戸建てに住んでいる場合でも、ネットを使うのが自分1人ならルーターを持って移動すればいいだけなのですが、家族全員で使うとなるとそういう訳にはいきません。

 

例えば、キッチンでお母さんがタブレットをみながら料理したり、子供がリビングで動画を観たり、お父さんが仕事部屋でネットサーフィンをしたりと使う場所がバラバラなはずです。

そんな時には電波を送り出すパワーの強いホームルーターを使ったほうが快適にネットが利用できます。

 

そんな訳で、まずはホームルーターから解説していきましょう。

 

WiMAXがお得に申込める→GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンはこちら

 

ホームルーターは固定回線の代わりになる?

ホームルーターを検討している人が1番気になるのは、WiMAXのホームルーターは固定回線(光回線)の代わりになるのかということ。

これは結論を先に言うと、WiMAXのホームルーターは固定回線の代わりになります。

 

 

僕の友達も光回線を引かずにホームルーターを利用していますが、最近のホームルーターは性能がとても良くなっているので、光回線の代りとして十分使えます。

友達は動画もガンガン観ているし、ネットサーフィンもバリバリしまっくているけど全く問題はありません。

 

一昔前は自宅には光回線という選択が一般的でしたが、おそらくこれからは工事費がかからず即日開通するホームルーターを利用するのが一般的になってくると思います。

 

WiMAXがお得に申込める→GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンはこちら

 

ホームルーターのメリットデメリット

ホームルーターのメリットとデメリットを簡単にまとめてみましょう。

まずホームルーターのメリットは遠く離れた部屋まで電波が届くこと、そしてコンセントからの電源供給なのでバッテリー切れの心配がないことです。

 

とてもパワフルで使いやすいというのがホームルーターのメリットですね。

 

逆にデメリットといえば、外出先で使えないこと。

持ち運びに不向きでコンセントがないと使用できないので、電車やバスでの移動中、学校や職場でのネットはできません。

 

なので、外出先はスマホでネットを見るので、自宅でのネット環境を整えたいという人にはホームルーターが向いています。

 

ホームルーターがお得に申込めるキャンペーン→GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンはこちら

 

WiMAXで選ぶべきホームルーターの機種は?

では、WiMAXでホームルーターを申込む場合にはどの機種を選べばいいのでしょうか?

2017年の時点でのおすすめは間違いなく「HOME L01s」という機種です。

 

 

円筒形でデザインもメチャクチャおしゃれじゃないですか?

HOME L01はデザイン性の高さと性能の良さで女性にも人気があります。

 

関連記事→自宅に置くだけでインターネットが使える!WiMAXのHOME L01sが超便利!

 

最大通信速度は440Mbpsと光回線並みの速さ。

LANケーブルを使った有線接続もできるので、安定してネットを利用することができます。

 

HOME L01は下記のキャンペーンを利用すれば機種が無料でもらえてキャッシュバックも付くので、公式ページから申込むよりもお得です。

 

 

モバイルルーター

では、持ち運びが可能なモバイルルーターを選ぶ場合はどの機種がおすすめなのでしょうか?

2018年現在、下記の機種でWiMAXを契約することができます。

 

 

WX03とW04は古いタイプの機種になるので、選ぶとしたらWX04かW05の2択

そしてこの2種類を比較すると、間違いなくW05の方がおすすめです。

 

その理由は最大通信速度の速さと最低利用期間の短さ

下の表でも分かるように、W05の方が最大通信速度が速く、WX04が3年契約のみなのに対して、W05は2年契約が可能です。

 

 機種 W05 WX04  L01s
画像
メーカー ファーウェイ NEC ファーウェイ
最大通信速度 708Mbps 440Mbps 440Mbps
タイプ モバイルルーター ホームルーター
メリット 最大通信速度が速い バッテリーの持続時間が長い 端末から離れていても使える
おすすめの広さ ワンルーム~1LDK ワンルーム~1LDK ワンルーム~戸建て
おすすめの用途 1人暮らし・スマホ代の節約 一人暮らし・スマホ代の節約 家族で使う・オンラインゲームをする
有線接続 クレードルを購入すれば可能 クレードルを購入すれば可能 可能
電源 バッテリー使用 バッテリー使用 ACアダプタを使用
契約期間 2年または3年契約 3年契約のみ 2年または3年契約

 

最低利用期間が1年も短いというのは大きなメリットですよね?

2年も経てば新しい端末が発売されているので、ちょうどいいタイミングで乗り換えることができます。

 

WiMAXがお得に申込めるキャンペーン→GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンはこちら

関連記事→W05とWX04はどっちがいい?比較で分かる決定的な違いがコレ!

 

W05を公式ページよりお得に申込む方法

では、W05やHOME L01sを申込む場合は、どうやって申込めば1番お得になるのでしょうか?

多くの人は公式ページや家電量販店から申込をしてしまうのですが、実はコレ、とても損をしています

 

一番お得な方法はプロバイダのWEBキャンペーンから申込むことです。

 

プロバイダというのはWiMAXの申込窓口のようなもので、どのプロバイダから申込んでも通信エリアや通信速度に違いはありません

それどころか、公式ページから申込むよりも月額料金が安くなります。

 

そして、プロバイダの中でも一番おすすめなのがGMOとくとくBBという会社のキャンペーン。

月額料金が公式ページで申込むより安くなり、高額なキャッシュバックも付きます。

 

キャッシュバック金額は機種によっても異なるのですが、最高で3万円を超える金額なので、WiMAXを契約する際はこのキャンペーンを利用するのがおすすめです。

 

ネットに詳しい友人はほとんどがこのキャンペーンを使って申込をしているのですが、公式ページから申込む人よりも3万円近く得をしています。

それもそのはず、GMOとくとくBBはキャッシュバックが付くだけでなく、端末も無料でプレゼントしてくれます。

公式ページからだと端末が実費購入になるばかりか、キャッシュバック金額も微々たるものなので注意しましょう。

 

キャッシュバックのキャンペーンの申込み方法と手順を詳しく解説

では、キャッシュバックキャンペーンの申込み方法と入力項目を詳しく解説していきます。

まず、公式ページに進んで【今すぐお申込み】という部分をタップします。

 

GMOとくとくBBのキャンペーンページ

 

端末を選択する

次に申込みたい端末を選びましょう。

 

端末の選択画面

 

2年プランか3年プランかを選ぶ

端末を選び終わったら2年プランか3年プランを選びます。

 

2年プランと3年プランの選択画面

 

W05は2年プランと3年プランが選べるので、希望のプランを選びましょう。

 

最低利用期間が短いに越したことはないので、おすすめは2年プランです。

詳細記事→W05は2年契約と3年契約のどっちにするべき?LTEオプションが必要な人とは?

 

WX04は3年プランのみの契約となります。

 

クレードルの有無選択

次にクレードル(充電台)を希望するかを選びましょう。

 

クレードルの有無の選択画面

 

クレードルというのはWiMAXの充電台のこと。

希望すればキャッシュバックが減るかわりに無料でもらうことができます。

 

あった方が便利なので、個人的には一緒に手に入れておくことをおすすめしますが、なくても問題はないので「キャッシュバックが減るのは嫌だ~」という場合は、【希望しない】にチェックを入れておきましょう。

 

クレードルの有無を選んだら【ご利用のサービスの選択】というボタンをタップして進みます。

 

料金プランの選択

次に行うのが料金プランの選択です。

 

料金プランの選択

 

月間の容量や月額料金は下記の通りなので、希望するプランを選びましょう。

 

プラン名 月間の容量 月額料金
ギガ放題 上限なし 4,263円
通常プラン 7GBまで 3,609円

 

端末のカラー(色)を選択

好きな端末の色を選びましょう。

 

端末の色(カラー)の選択

 

オプション加入(安心サポート&公衆無線LAN)

キャンペーンを適用させるためにはオプションサービスへの加入が必須です。

そのオプションが安心サポートと公衆無線LAN。

 

安心サポートの選択画面

公衆無線LANの選択画面

 

チェックは外せないので、必要がなければ端末が届いた後に解約手続きをしておきましょう。

関連記事→GMOとくとくBBの安心サポートは必要?簡単な解約方法を解説!

 

GMOサービスの利用確認は無視してOK

次が関連サービスを利用しているかどうかの確認。

GMOグループが提供している他のサービスを使っていれば、同じIDで利用できるというものですが、ほとんどの人は初めての利用だと思うので、ここは【GMO IDを持っていません】にチェックしておけば大丈夫です。

 

その他に利用しているGMOサービスの確認

お名前.comのID確認

 

名前や住所を入力

名前や住所、電話番号など、申込者の情報を入力していきましょう。

 

名前や住所などの入力画面

 

2つのメールアドレスの登録

希望メールアドレス

希望メールアドレスというのは無料で取得できるGMOとくとくBBのメールアドレスのことです。

自分が作りたいメールアドレスを英数字で入力して、@以降は希望するものを選びます。

 

GMOとくとくBBのメールアドレスの設定

 

キャッシュバックの受取りに必要な通知もこのアドレスに届くので、忘れないようにしっかりとメモしておきましょう。

 

受付確認用のメールアドレス

そして次に入力するのが登録を確認するためのメールアドレス。

これは現在利用しているものを入力しましょう。

 

現在使っているメールアドレスの入力画面

 

できればGmailなど、パソコンで確認できるものがベストです。

 

クレジットカード情報と端末の発送方法

最後にクレジットカード情報を入力して、端末の発送方法を選択すれば終了です。

 

クレジットカード情報の入力画面

 

端末は15時30分(土日祝日は14時)までに申込めば即日発送になります。

これで入力は終了なので【確認画面へ進む】という部分をタップして、申込を完了させましょう。

次の項ではキャッシュバックを受け取る方法などを詳しく解説していきます。

 

キャッシュバックを受け取る方法

インターネットサービスのキャッシュバックは利用開始から1年程度でキャッシュバックされるものがほとんど。

GMOとくとくBBも約1年後にキャッシュバックが行われます。

 

キャッシュバックの受取の流れは下記のような感じ。

  1. 端末を受取ってから11か月後に振込先口座の指定メールが届く。
  2. メールに振込口座を指定して返信する。
  3. 返信があった翌月末にキャッシュバック代金が振り込まれる。

 

キャッシュバック口座登録のメールが送られてくるのが少し先になるので、メールを見逃さないように、口座指定メールが送られてくる月(端末受取りから11か月後)のカレンダー or スケジュール帳にチェックをしておくようにしましょう。

 

この作業をしておけばキャッシュバックをもらい忘れることはありません。

僕は過去に3回ほどインターネットのキャッシュバックキャンペーンを利用していますが、全てこの方法で受取ることができています。

 

  • 自宅のカレンダー
  • スケジュール帳
  • Googleカレンダー
  • パソコンの予定管理ソフト
  • スマホのスケジュールアプリ

 

こういったものにしっかりとキャッシュバック月をメモしておけば、口座指定メールを見逃すことはありません。

 

WiMAXがお得に申込めるキャンペーン→GMOとくとくBBのキャッシュバックキャンペーンはこちら

 

関連記事→GMOとくとくBBのキャッシュバックを確実に受取る方法!!