「WiMAXのホームルーターHOME  L01sは戸建てでも使えるの?」

「無線だと2階の部屋まで電波が届かいんじゃないの・・・?」

 

こんな心配がありませんか?

 

結論を先にお伝えすると、HOME  L01sは3LDKくらいのマンションや2階建ての戸建てでも問題なく利用できます

もちろん建物や電波の状況にもよりますが、戸建てでも使えるように作られた端末なので、パワー不足ということはありません。

 

むしろ、モバイルルーターよりも電波を飛ばす力が強いので、遠く離れた部屋にも電波が届きやすいというメリットがあります。

HOME  L01sを固定回線(光回線)代わりに使う人も多く、戸建てのインターネット接続にはおすすめの端末なので、ぜひ詳細をチェックしてみてください。

 

キャンペーン情報
HOME  L01sを申込むなら下記のWEBキャンペーンがお得。キャッシュバック額が業界最高値で即日発送にも対応しています。


↑WiMAXのキャッシュバック付きキャンペーン↑

 

HOME  L01sは戸建てでの利用は可能?

「そもそもHOME  L01sは2階建ての建物で使えるの?」

「契約してみたものの、2階の部屋まで電波が届かなかったらどうしよう・・・・。」

 

HOME  L01sを申込む前にはこんな不安がありあすよね?

ただ、最初にもお伝えしたように、これは全く心配ありません。

 

HOME  L01sは「ホームルーター」という名前からも分かるように、戸建てでの利用を前提に作られています。

なので2階建ての戸建てでも利用することは可能です。

 

HOME L01s本体

 

もちろん電波や建物の状況によっては通信が安定しない場所はあるかもしれませんが、基本的には2階建ての建物でも使える設計です。

WiMAXの申込サポートにも電話して確認しましたが、「戸建てであればWX04やW05といったモバイルタイプよりもHOME  L01sの方がおすすめ」とのことでした。

 

WiMAXのHOME  L01sは2階建ての戸建てでも利用できるので心配はありません

 

HOME L01sの詳細とキャンペーンページはこちら

 

モバイルタイプの電波が届く範囲はどのくらい?

僕は以前WiMAXのモバイルルーターを使っていたのですが、モバイルルーターは端末が近くにないとネットの通信速度は目に見えて遅くなります。

感覚的にはリビングに端末を置いて2階の自分の部屋に移動したらほぼNG。

 

W05本体

 

全く通信できない訳ではないですが、速度はかなり遅くなりました。

一般的にモバイルルーターの電波の届く距離は10m〜30mくらいですが、これは屋外の障害物がない状態での話。

 

自宅の場合は壁や階段などの障害物があるので、モバイルルーターで快適に使えるのは隣の部屋くらいに思っておいた方がいいです。

なので、1人で使うのであれば問題ないのですが、家族で利用する場合にはモバイルタイプ(WX04やW05)ではちょっと不便です。

 

WX04+クレードルだとどうなの?

WX04は自宅内での電波を強化する専用のクレードルを購入することができ、さらにビームフォーミングといって、電波を送り出す力を強化する機能がついています。

これだと自宅で使うのにも良さそうですよね?

 

WX04をクレードルに挿した状態

 

ただ、WX04+クレードルは1人で使うのであれば充分なのですが、家族で使うとなるとちょっとパワー不足だと思います。

どうしても電波を送り出す力はHOME  L01sに劣るので、家族全員がWX04の近くにいる状態でネットに接続しなければいけなくなります。

 

  • 母親が台所に端末を置いて動画視聴。
  • 父親が仕事部屋でネットサーフィン。
  • 自分は2階の部屋でオンラインゲーム

 

という使い方はちょっと厳しいと思います。

 

結論→戸建てで使うならHOME  L01sがおすすめ

これがHOME  L01sであれば電波も届きやすいので、家族それぞれが自分の部屋でネットを利用するということが可能になります

なので、2階建ての住まいでWiMAXを利用する場合はホームタイプのHOME  L01sがおすすめです。

 

HOME  L01sは気軽に持ち出して使うということはできませんが、ハイパワーなルーターとして、自宅でのネット通信を快適にしてくれます。

 

HOME L01sのお得なキャンペーンはこちら

 

公式ページから申込むと損!HOME  L01sをお得に申込む方法!

では、HOME L01sはどこから申込めば良いのでしょうか?

多くの人がWiMAXの公式ページを思い浮かべると思いますが、実は公式ページで申込みをすると1番割高でWiMAXを利用することになります。

 

公式ページで申込むデメリットは下記の2つ。

 

  • HOME L01sを有料で購入することになる
  • キャッシュバックが安い

 

逆に、プロバイダのWEBキャンペーンから申込むと端末代金が無料になり、3万円を超えるキャッシュバックも付きます。

さらに、20日間は違約金なしで解約できるので、万が一、電波が悪かった場合にも安心です。

 

プロバイダというのはWiMAXの申込窓口のようなもの。

BIGLOBE(ビッグローブ)やSo-net(ソネット)という会社がありますが、どのプロバイダから申込んでも通信エリアや通信速度に違いはありません。

 

そして、プロバイダの中で『一番高額なキャッシュバック』&『20日間は違約金なしで解約OK』のキャンペーンを行っているのがGMOとくとくBBという会社です。

 

GMOとくとくBBならHOME  L01s本体が無料でもらえてキャッシュバックも業界最高値。

このキャンペーンを利用しない理由はありません。

 

最高値を維持しながらも、キャッシュバック金額は毎月少しづつ変わるので、今月のキャンペーンは下記から確認してみてください。

 

GMOとくとくBBのキャンペーンはこちら